鯉のはなシアター

劇場公開日

鯉のはなシアター
鯉のはなシアター
29%
42%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

広島東洋カープと広島にまつわる知られざるエピソードを紹介し、放送作家・桝本壮志によって小説にもなった同名広島のローカルテレビ番組を映画化。6年ぶりに東京から故郷の広島に戻ってきた奥崎愛実。彼女の祖父は映画館を経営しているが、資金難のため閉館を考えているという。万策が尽きて、諦めかけている中、徳澤と名乗る男が不思議な現れる。東京からやって来たという徳澤はかつてのカープの話をしながら「昔のカープはお金がなくても知恵を絞って生き残ってきた」と、映画館復活のためのさまざまなアイデアを提案していく。自身もカープファンで知られる「チュートリアル」の徳井義実、大林宣彦監督の「花筐 HANAGATAMI」でヒロインを務めた矢作穂香のほか広島にゆかりのある出演者が多数出演。全編広島市ロケを敢行し、広島を舞台にした「シネマの天使」「ラジオの恋」を手がけた広島県出身の時川英之がメガホンを取った。「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」(2018年4月19~22日)の「地域発信型映画」上映作品。2018年9月に広島のイオンシネマで劇場公開。12月から東京公開。

2018年製作/94分/G/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2018「鯉のはなシアター 広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ」製作委員会

映画レビュー

4.0カープ県人ボロ泣き。他県の皆様、御免なさい。

2021年1月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

萌える

「広島の調子はいかがですか?」
広島市で「広島」って言えば、そりゃぁ、あなた。カープの事ですもんねw

カープの歴史にホロホロリン、時に号泣。寂れて行く映画館再建のメインストリーは、もはや客観視不可能。41億の年俸を袖に広島へ戻って来てくれた黒田さん!で早くも涙目。北別府だよ、渡辺さん、やっぱり出たよ、木下さんですやん、にニヤニヤ。

諦めの悪さと、ニッチ戦略は広島のDNAで御座います。天下は取ろうなんて大それたことは考えてませんが、世界を変えてやる!と言う意気込みだけで生きてるみたいな県民性は感じます。ちなみに、わたくしは、生まれは長崎ですw

本筋の映画館再建が、ちょっとこさ話が薄く、東京から都落ちして来た俳優志望女子が、自分の生きる道を見つける件も、完全に「カープの泣ける歴史」に埋もれてしまってはいるけれど。

トータルでの満足度は、ものすごく高いです。が。その満足度は、カープ県人であるが故じゃね、ってのは、自信を持って断言しておきます。

以下、Localネタ。
◆サロンシネマさん
舞台となった映画館「ピジョン」は、広島市の鷹野橋商店街にあった「サロンシネマ」さん。未だ、建屋は残ってるんですね。劇中、愛美と高尾六平さん演じる祖父が、屋上で映画館の名前の由来を話すシーンで、ビルの谷間にそびえ立つ高層マンションが見えます。

このマンションが立てられているのは、広島大学の跡地。広島大学は、敷地の不足や学生の生活費高騰などを理由に、東広島市に移転(1982~1995)。学生・職員・関連業者も徐々に引っ越し。おそらく、これが鷹野橋商店街にとってもサロンシネマさんにとっても痛かったのだと思います。その後、サロンシネマさんは八丁堀 の東急ハンズの8階に移転し、今も館名は存続しています。と言うか、個人的には、鷹野橋から引っ越してくれて助かってます。鷹野橋、遠かったからw

◆広島を舞台にした映画と言えば「橋」
ほんとに「橋」が撮影現場になる事が多いです。ほとんどの映画のほぼすべての場面で、その風景から、どこかは判ります。愛美が最初のシーンで渡っている橋と最後に徳田と別れたのは「猿猴橋」。祖父と愛美が夜に散歩してたのは「元安橋」。「明治橋」も登場しましたよね、確か。
一度で良いので、何でも良いので、「撮影現場に出くわしたい!」www

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bloodtrail

4.0徳井と八嶋が良かった

りやのさん
2020年9月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

徳井義実と八嶋智人の自然な演技が良かった。
ミニシアターの存続を題材にカープファンの人たちが出演する作品。
芋芝居の北別府も観れる。
カープファンは必見かな。ファンで無くても楽しめると思う。
矢作穂香も良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りやの

3.5初めは

pulecoさん
2018年12月24日
iPhoneアプリから投稿

カープファンでもないので、カープカープウゼェなあって思うんだけど
次第に凄いぞカープ偉いぞカープって気になってくるから不思議です(笑)
その辺は主役の娘の気持ちとリンクしてるのかなと
でも何度も同じ様なシーンを観せられるのはちょっとクドイかなとも思いました。
主役の娘はちょうど前回優勝後に生まれたという設定なんですね最後の方で気付いてハッとなりました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
puleco

4.0広島が元気である

myaa1969さん
2018年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

悲劇の原爆から73年、広島が元気である。
それを象徴した広島市民を描く物語。全国を飛び回っていると街に降り立った時の光景、札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡と地方の名産品に並び所狭しと並ぶプロ野球球団を応援するポスター。
プロ野球はいまや地場産業であり、街の名産であり人々の精神的支柱と強く感じる。前夜の勝敗に人々が朝のニュースから一喜一憂し、商談の話題もそこから始まる。どこかそういう団結心はないダイバーシティ東京には寂しさも感じる。
元気な広島は平和、お好み焼きそして市民球団カープ、久しぶりに流川の街を懐かしく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
myaa1969
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「地域発信型映画」シリーズ関連作品