いなべ

劇場公開日

いなべ
いなべ
0%
17%
33%
50%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「淵に立つ」で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞した深田晃司監督が、2013年に製作した短編作品。同年の第5回沖縄国際映画祭「地域発信型プロジェクト」で上映される「地域発信型映画」の一作として、三重県いなべ市の人々とともに作り上げた。14年6月に単独で渋谷シアター・イメージフォーラムでレイトショー公開され、18年1月には、同じ「地域発信型映画」の「サトウくん」「白鳥が笑う」とあわせて新宿K's cinemaで劇場公開。養豚場で働く智広のもとに、姉の直子が赤ちゃんを連れて17年ぶりに帰ってくる。理由をたずねても素っ気ないだけの直子だったが、ある日突然、子どもの頃に2人で埋めた「何か」を掘り起こしに行こうと言いだす。仕方なくついていった智広の胸中には、次第に幼い頃に姉と過ごした日々の思い出がよみがえってくる。主演はお笑いコンビ「ハイキングウォーキング」の松田洋昌と元宝塚の女優・倉田あみ。

2013年製作/38分/日本
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
日本初公開:2014年5月31日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2013「いなべ」製作委員会

映画レビュー

2.0生きていくことをほんわか描く

2020年6月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

これまで深田晃司監督の作品は観たことがなかったが、SAVE the CINEMAの発起人で気になり、オンライン映画祭の「We Are One」に選出されたということで鑑賞。

この映画の持つ雰囲気とは決して似つかわしくない、芸人の起用でちょっと面食らうが、それが深田監督の表現の仕方、遊び方なのだろうか。
ラストにはそういうことかと納得する。

今後の活動も注目で、「淵に立つ」と「よこがお」はしっかり観ておきたいところ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

4.0暗い映画は、少し光る

堂々庵さん
2014年6月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

寝られる

ご当地映画という意識よりも、自分が暮らす地域が、どう映画になるのか、見とどけたくて観た。
短さが良い。
地元を知る人間には背景の地理的つながりがおかしいと感じるところも、視点を変えれば問題ないことにすぐ気づいた。
周りで観ていたおばちゃんらが、「暗い映画やなぁ」と口にしていた。地元を暗く描いたと受け止めたのだろう。その気持ちは理解できた

しかし、薄暗く光っていた。
アンドレイ・タルコフスキーを思い起こすのは、私だけだろうか?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
堂々庵
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る