勝手にふるえてろ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
勝手にふるえてろ
勝手にふるえてろ
29%
55%
12%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがるが、「ニ」との関係にいまいち乗り切れず、中学時代から同級生の「イチ」への思いもいまだに引きずり続けていた。一方的な脳内の片思いとリアルな恋愛の同時進行に、恋愛ド素人のヨシカは「私には彼氏が2人いる」と彼女なりに頭を悩ませていた。そんな中で「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」という奇妙な動機から、ありえない嘘をついて同窓会を計画。やがてヨシカとイチの再会の日が訪れるが……。監督は「でーれーガールズ」の大九明子。2017年・第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した。

2017年製作/117分/G/日本
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

最優秀主演女優賞 松岡茉優
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

映画レビュー

4.0夢女子の生態をここまで観察した映画はなかった

2018年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

自らの脳内の中の男子を愛するヨシカが、現実の恋愛に踏み出すまでを描くラブコメディ。
いわゆる「夢女子」を松岡茉優が熱演。池袋とかに行けばこういう人、たくさんいるよなあ、とリアルに思わせる松岡茉優の演技が絶妙。

脳内ではものすごく饒舌にしゃべるが、現実には圧倒的に口下手。脳内で肥大化した理想の王子様像と現実とのギャップに勝手に落ち込んだりする滑稽さを嫌味なく演じられるのは流石。ヘタな役者がやったら観ていられないだろう。

敢えて難点を挙げると、松岡茉優がこの役には美人すぎること。しゃべっている時は、いい感じに負のオーラを出すが、黙ったふとした瞬間にものすごい美人で、松岡本人の正のオーラが隠しきれていない。まあホリプロ製作の映画なので、メイクで少し不細工に、というのは許されなかったのかもしれない。

ただ、彼女レベルの演技力がなければこの役が務まらないのも確かで、その意味でこのキャスティングは大正解。芸人出身の監督のセンスもグッド。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 28 件)
杉本穂高

4.0松岡茉優という才能を愛でる映画

2017年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

楽しい

ドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』を観て以来、マニアックな役、あるいはマニアックな方向にこじらせていく役が合う女優という認識があった松岡茉優。またとないハマリ役で映画初主演を果たしたと思う。彼女の達者で軽妙な演技はもちろん、一見凡庸に思える身体から発散される一種独特の滑稽さもキャラクター造形に活かされている。

ずっとコミカルな調子で進むのかと思いきや、暗転後のギャップにまた驚かされる。さすがは綿矢りさの原作、したたかな企みがあるということか。前半の浮かれ調子があるからこそ、松岡の悲痛な泣き声が胸に一層突き刺さる。大九明子監督による、妄想と現実が地続きになった演出も巧み。編集がもっとキビキビしていればなおよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
高森 郁哉

4.0不器用女子の物語。

漣音さん
2020年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

コミカルだけど面白い。
不器用女子の物語。
なんだろ。少女漫画的ストーリーは一緒なのに…
嫌悪感を抱く作品と面白く感じる作品がある。
「ベタだけど、ハマる。」と「クサくて嫌悪感を抱く。」
この差は何なんだ。
キッチリツボにはまってるんだよ。
俺と同じ所で同じ感情が表現されている。
色んな所で細かい表現力がすごい。

イヤー演出とはいえ渡辺大知のかっこ悪さ半端ねー
もし俺が世界最強のブス女だったとしても
あいつには行けないな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
漣音

3.5コミカルな、女子のメンヘラ

2020年7月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

一度も男性と付き合ったことのない女性の奮闘劇。自意識強くて一風変わった女子が、理想の彼氏と現実の彼氏との間で揺れ動く。

ミュージカルも交え、現実と妄想の境目があやふやな演出で、途中までそれに慣れるのに戸惑ったけれど、辛抱して観ていたら、後半から一気に見入った。

一風変わった女子に思えるけれど、誰もが心にしまっていいることを、ストレートに言葉にしているだけで、共感する。

コミカルに描いていて軽やか。大九監督の講演会、バンタンのときに聞いていて、この作品を観ておらず失礼していて、その後、見たけれど途中で挫折して、今回、最後まで見よう!と思って、途中から見入った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯
すべての映画レビューを見る(全285件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る