三度目の殺人

ALLTIME BEST

劇場公開日

三度目の殺人
13%
48%
30%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。第41回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本、助演男優、助演女優、編集の6部門で最優秀賞を受賞した。

2017年製作/124分/G/日本
配給:東宝、ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 日本アカデミー賞(2018年)

受賞

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 是枝裕和
最優秀脚本賞 是枝裕和
最優秀助演男優賞 役所広司
最優秀助演女優賞 広瀬すず
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

映画レビュー

4.5「空っぽの器」という言葉が、役所広司主演作『CURE』を想起させる

2017年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

謎めいた事件の真相を追う者が、対峙する犯人の闇にいつしか取り込まれてしまうという筋は、映画にもたびたび登場する。接見室のガラス越しの対話シーンという点では、近年の傑作『凶悪』(白石和彌監督)と共通するが、役所広司が演じる三隅を指して語られる「空っぽの器」という言葉で、黒沢清監督作『CURE』を思い出した。そこでは刑事の役所と、催眠暗示の使い手の萩原聖人、それぞれの状態を示唆するように同様の表現が使われる。

『CURE』では役所が犯人を追う側、『三度目の殺人』では犯人という立場の違いはあるが、犯人のブラックホールのように空虚な闇に取り込まれてしまう構図や、一種の超能力のような特殊能力を犯人が備えることの示唆を合わせると、黒沢監督の『CURE』に対する是枝監督からのアンサーソングのようにも思える。そう考えると、三隅が残す「十字」は、『CURE』の「X字」の切り傷との符号のように見えてくる。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 11 件)
高森 郁哉

2.5タイトルから

Kjさん
2021年8月5日
iPhoneアプリから投稿

オチが見えてしまう。冒頭の頬についた血糊とピアノの旋律からどうも安っぽい。法曹界の扱いも極端に振れていて、テレビドラマのようでもある。少し調べると真相がボロボロと見えてくるのもどうかと思う。1番よくわからなかったのは、週刊誌の取材に応じたところ。母を罰する目的なのか、娘もかなりダメージあるはず。
留萌にいた品川徹の語りに惹きつけられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

4.0煮えきらなさはあるが、演技や展開に惹きつけられる

さやかさん
2021年8月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さやか

4.0自分で決める。自分が決める。嘘ばかりで優しくない世の中だから。

talismanさん
2021年7月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

難しい

冒頭で流れたピアノとチェロ。メロディーが「最強のふたり」的だなと頭の片隅で気になってた。エンドロールでEinaudiの名前を見つけて同じ作曲家だとわかった。と、すっきりしたのは音楽だけだった。

内容はすっきりする結末ではなかった。もやもや感で終わった。すごく重かった。あのピアノのメロディーのように繰り返す流れに身を任せるしかない映画だった。ひたすら画面を追って三隅と重盛の会話をただ見たまま聞いたままを受け入れるしかない。でも意外に不快でなくそれが生きることのようにも思った。逆らわない、自分自分と思わない、流れる、サラサラと漂う。悪いことをしながら生きてる人、誰かが生きてるがゆえに苦しまざるを得ない人、見て見ぬ振りをする人、生死に関わることをスケジュールとして消化していく人がいる。理不尽なこの世。

「裁判官はすごいなあ。今、自分でそれができるかも知れない」

役所広司はこの映画でも素晴らしい。「孤狼の血」では楽しそうに演じていたが、この映画は大変だったろう。でもそれを感じさせない。プロの役者だから当たり前か、でも凄い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
talisman
すべての映画レビューを見る(全462件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「三度目の殺人」以外にこんな作品をCheck-inしています。