三度目の殺人

ALLTIME BEST

劇場公開日:

三度目の殺人

解説

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。第41回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本、助演男優、助演女優、編集の6部門で最優秀賞を受賞した。

2017年製作/124分/G/日本
配給:東宝、ギャガ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 日本アカデミー賞(2018年)

受賞

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 是枝裕和
最優秀脚本賞 是枝裕和
最優秀助演男優賞 役所広司
最優秀助演女優賞 広瀬すず
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

映画レビュー

4.0役所広司の表情を凝視するだけで無間地獄に……

2022年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

是枝裕和監督がオリジナル脚本で構築した世界は、法廷心理ドラマ。
勝ちにこだわる弁護士と、殺人の前科を持ちながら再び殺人をおかし火をつけた容疑で起訴され、犯行を自供する男。この2人を福山雅治と役所広司が演じているのだが、観れば見るほど理論武装がまるで役に立たず、本当に目の前の男が人を殺したのか確信が持てなくなっていく弁護士・重盛の苦悶の表情が印象的だ。
撮影に際しては、1年間以上にわたり弁護士や検事への取材を敢行したという是枝監督。
「人殺しが出てくるような映画を撮ったことがなかった」是枝監督は、「神の目線、全てを知る人が登場しない法廷ものが果たして成立するのか」を検証するため、弁護士陣の協力を仰ぎ、作品の設定通りに弁護側、検察側、裁判官、犯人、証人に分かれた模擬裁判を実施。ここで出てきたリアルな反応や行動などを抽出し、脚本に落とし込んでいったという。
その丁寧な準備には頭が下がる思い。と同時に、自供していた犯行を簡単に否認し、周囲を大混乱に陥らせる男を嬉々とした面持ちで体現した役所には、最敬礼だ。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
大塚史貴

4.5「空っぽの器」という言葉が、役所広司主演作『CURE』を想起させる

2017年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

謎めいた事件の真相を追う者が、対峙する犯人の闇にいつしか取り込まれてしまうという筋は、映画にもたびたび登場する。接見室のガラス越しの対話シーンという点では、近年の傑作『凶悪』(白石和彌監督)と共通するが、役所広司が演じる三隅を指して語られる「空っぽの器」という言葉で、黒沢清監督作『CURE』を思い出した。そこでは刑事の役所と、催眠暗示の使い手の萩原聖人、それぞれの状態を示唆するように同様の表現が使われる。

『CURE』では役所が犯人を追う側、『三度目の殺人』では犯人という立場の違いはあるが、犯人のブラックホールのように空虚な闇に取り込まれてしまう構図や、一種の超能力のような特殊能力を犯人が備えることの示唆を合わせると、黒沢監督の『CURE』に対する是枝監督からのアンサーソングのようにも思える。そう考えると、三隅が残す「十字」は、『CURE』の「X字」の切り傷との符号のように見えてくる。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 12 件)
高森 郁哉

3.0ヒーローかクズか

marさん
2022年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

最後まで”本当のところ”を明らかにしない効果。
本作の場合は容疑者・三隅の口から出た
「信じるのか、信じないのか、どっちだって聞いてるんだ!」
がけっきょく言いたかったテーマなのかな?と。
身を捨てて少女を守ろうとしたヒーローか、
それとも自分で言うような、どうしようもないヒトゴロシか。

法廷ものってことも踏まえると
見る人によって真実なんて変わるってとこを期待したんだけど
そのへんはなんだか薄味なまま置いて行かれたような気がした。

是枝作品の中では異色な部類だと思うけど
ちょっと全体的に上滑りした感が否めないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar

3.0豪華だけなフルコース

2022年8月30日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とまちゃん
すべての映画レビューを見る(全476件)