三度目の殺人のレビュー・感想・評価

メニュー

三度目の殺人

劇場公開日 2017年9月9日
399件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「空っぽの器」という言葉が、役所広司主演作『CURE』を想起させる

謎めいた事件の真相を追う者が、対峙する犯人の闇にいつしか取り込まれてしまうという筋は、映画にもたびたび登場する。接見室のガラス越しの対話シーンという点では、近年の傑作『凶悪』(白石和彌監督)と共通するが、役所広司が演じる三隅を指して語られる「空っぽの器」という言葉で、黒沢清監督作『CURE』を思い出した。そこでは刑事の役所と、催眠暗示の使い手の萩原聖人、それぞれの状態を示唆するように同様の表現が使われる。

『CURE』では役所が犯人を追う側、『三度目の殺人』では犯人という立場の違いはあるが、犯人のブラックホールのように空虚な闇に取り込まれてしまう構図や、一種の超能力のような特殊能力を犯人が備えることの示唆を合わせると、黒沢監督の『CURE』に対する是枝監督からのアンサーソングのようにも思える。そう考えると、三隅が残す「十字」は、『CURE』の「X字」の切り傷との符号のように見えてくる。

AuVis
AuVisさん / 2017年9月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

考えさせられる

セリフの一つ一つに意味があり、全く目が離せなかった。
見終わった後、いろんな疑問があって、自分なりに考え、
こちらのいろんな方のレビューを読んで、
すっと、腑に落ちました。

まーわん
まーわんさん / 2018年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

じっくり魅せて貰いました

登場する全ての方が見せる間が、絶妙で素晴らしかった!

おちとしひろ
おちとしひろさん / 2018年11月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真実なんてどこにもない

最初に言ってしまうとこの映画は、この手の映画にあるあるのスカッとじゃなくモヤッとする終わり方。オダギリジョー主演の『ゆれる』と主題は同じ感じがする。
.
映画中何度も「ホントのこと」ってセリフがあるけど、結局「ホントのこと」なんて見る人によって違うし、皆自分が見たい、都合のいい「ホントのこと」しか見ようとしない。
.
そして事件の関係者が泣く。これ私はみんな結局嘘ついてたんかなって思ったんだけど、最初らへんに福山雅治の娘が嘘泣きをしたくだりからずっと気になってた。広瀬すずに関しては娘の嘘泣きと泣き方が同じに見えた(笑).
.
あと、役所広司と福山雅治の面会室でのシーンで徐々に映し方が変わって、最初は福山雅治が左にいたけどそれが角度が変わって右に来て、最後にはほとんど同化するように映っててそこの変化が面白かったかなぁ。

せつこん
せつこんさん / 2018年11月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つまらん

まぁストリーが面白くない。これに尽きる。何の掴みどころも無い映画。

マッチ
マッチさん / 2018年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

是枝監督にしては

是枝監督って家族ものが得意なのか、他の作品と比べるといまひとつかな。
広瀬すずさんもダークな役柄にハマっていないような。

光陽
光陽さん / 2018年11月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう一度見ないと、本当に理解できてないのかも。

もう一度見ないと、本当に理解できてないのかも。

tomo
tomoさん / 2018年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

二転三転…そして???

役所広司の供述が二転三転。
そんで、みんな嘘ばっかり。
なんなんだ!?

加害者、遺族、弁護士、検察、裁判官…
みんな自分に都合の良い事だけを言って、都合の悪い事は隠したり、嘘ついたり…

途中までは面白く見てたんだけど、結局、何がホントで、何が嘘だかわからずにエンドロール…
個人的には完結しませんでした…
ちょっと俺には難しい作品でした。

それにしても、福山雅治はキレイな顔しとるわなぁ~

n.yamada
n.yamadaさん / 2018年10月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと単純な話だと思ってたら違ってた。 供述をコロコロ変える意図っ...

もっと単純な話だと思ってたら違ってた。
供述をコロコロ変える意図ってなんだったのかとか、翻弄されながら弁護士は何を思い巡らせていたのかという根幹の所がイマイチよくわからなかった自分が悲しいというか情けないというか。

福山雅治を見直した。彼すごいな。

自由の座
自由の座さん / 2018年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん。一言で言うと弁護士が弁護士っぽくない。器という表現が何だか...

うーん。一言で言うと弁護士が弁護士っぽくない。器という表現が何だか嘘っぽい。

lemon
lemonさん / 2018年10月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

弁護士って、お金さえもらえれば誰でも弁護するのかしら?

今まで観たことのない裁判映画。

犯人は誰か?
この中で一体誰が嘘をついているのか?
など、たくさんの人の証言から推理して犯人当てをする映画ではありません。

この作品では、事件の真相を探るのではなく、一人一人の証言から導き出される、一人の男の裁判を描いています。

弁護士の質問に対し、コロコロと発言を変える男の供述。
そこには、一人の少女をかばうための悲しい秘密があるのかと思いきや、少女自身も虚言癖がある様子…。

バラバラとしている発言が続き、何がなんなのかよく分からないというのが正直な感想。

でも、この映画は事件の真相を求める為に作られたわけではありません。
1つ1つの言葉の意味を汲み取ることで、些細な会話の中にハッとさせられる部分か沢山詰まっているのでしょう。

しかしながら、彼が突然無罪を主張しても、検察や裁判官の都合で全てうやむやにされてしまう現実…。
えげつない社会の仕組みによって、一人の男の命の明暗が決定づけられてしまうだなんて…。

真実は闇の奥底にあるからこそ、真相は最後まで見えません。
答えを考えるのは視聴者。
そして、監督はその答えわ持っているのか?
最後の最後まで謎に包まれた映画でした。

映画通には受けそうですが、万人ウケは難しそう…。
だからこそ、是枝監督の珠玉の作品だと私は思うのでした。
個人的に、かなり難しかったというのが正直な感想ですが…。

ガーコ
ガーコさん / 2018年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真実の目は見えるだろうか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

地上波で鑑賞前に他でもこの作品を鑑賞済み。ただこの作品を見ていてとても気持ち悪さ、いや気分が悪くなる。この作品はほとんどの人は、モヤモヤ感だけしかないはずだが、自分には気分が悪くなった。残念だが二度と自分には鑑賞出来なくなるだろうと思い目に焼き付けた。誰が悪いわけではない。
答えを探してやっと落ち着いたのでまとめた。

それはこの作品自体がとても「矛盾」が多く存在する。
小さな矛盾と大きな矛盾この二つで成り立っている。

大きな矛盾は
三隅の証言への矛盾。
まず三隅…三隅自体は殺人に動機はない。常に相手から受け取った思いのみで殺人を犯してる。一度目の高利貸し殺しも被害者の影響を受けた事で殺人を犯してる。二度目の殺人も咲江の思いに影響を受けている。よって三隅自体に動機はらしい動機はない。それは証言の中でも出てきている。「自白」→「奥さんからの依頼」→「やっていない」の計3回。これは三隅が影響を誰かから受けるからであって、三隅本人の意思でもない。

重盛の真意の変化。
重盛は、摂津からの依頼で弁護をする事になる。会うたびに意見が変わる三隅に困った為重盛を呼んだ。ただ最初は三隅の謝罪文に対して妻が破いた手紙も「今は遺族が何やっても許されるんだ」と言うことを言っているし「なんで弁護するんですかーってこっちは仕事だっつーの」と突き放した感じで話している。その後三隅と面会室であってガラス越しに手を合わせ、三隅の事を知るうちにだんだん変化していく。摂津が盲目の人が触った象の話を出して、重盛はそれのような事件だと言うシーンがある。そして最後は三隅を知ろうとしてる。一貫性が重盛にはない。

違和感を感じる法廷。
裁判員裁判なのに裁判員は一切出てこない。あるのは法廷での裁判官・検事・弁護士のみ。ある意味淡々とこなす映像。真実を話す場ではないとは言えこれは、違和感がある。

小さな矛盾は
娘の存在。娘がいるにも関わらず一度も娘の出てこない。全く。前の職場の店長から「死んでほしい」って本人の意思は伝えられてるが。そして何故娘も足が悪かったと言うのか。その証言の映像はない。

二階から飛び降りた咲江。飛び降りた理由はわからないが嘘と断定するには診断書がないからなのか?それすら出てこない。生まれつき足が不自由な二階から飛び降りれないからか?それとも周囲に嘘を伝えていても検事は信憑性を高める為に周囲にも聞くのか?仮にそうだとしても多分大ごとにならずに病院に行ってなければ嘘になると言うのか?可能性では足がより悪くなるかもしれないが…。

三に固執してる状況。三に固執し3の物ばかり目につく所に3がある。地方裁判所の階段や弁護士の人数や家具三隅の部屋など…しかし3に固執しても3の意味が大勢は司法の弁護士・裁判長・検事を見てしまう。これも司法を表す上で十分になるがそこではない気がする。しかも三度目の殺人は誰を言ってるのかそれがわからずじまいで終わる。多くは三隅の死刑を表してると思う。しかし三隅の名前にも三が最初からあるのだ。弁護士も3人裁判官も3人で検事のみ2人理由は?となってしまう。

十字。映る十字。社長の焼死体跡、カナリヤの墓、雪合戦の妄想、十字路。十字の回収はされていない。そのままで終わる。

裁判長への手紙。ありえない。刑に服してる三隅が裁判長に手紙を送れない。いや裁判官に手紙を出しても届かないはず。出所してから書いてるとして何故住所を知っている。報復の可能性を秘めてる以上三隅がその気がなくても知る手立てはないはず。じゃなきゃ裁判長なんか出来ない。

検事側の証拠不十分の起訴。これはどうなのか自白だけで裁判をするのか?日本の司法では、自白も証言として扱い、証言人や証拠を集めてから起訴するはず。証拠不十分で証人もいない、前回殺人を犯したから裁判員裁判でも刑にかけれるとしてもそれをそのままやるには危険だし減刑される可能性がある。それと検事側は求刑を望んでるのかどうかすら情報がない。それ程矛盾がある。

面会室での両者の写り込み。面会室の映像を撮るとき写り込み防止としてライトの位置は気をつけて、カメラワークも注意する。それなのにこの作品では写り込んでる。わざとだろうと推測できる。ただこの手法では犯人像がボケてしまう。それを見込んで撮ってるとも思える。

以下の事を踏まえてこの矛盾の答えが「個の存在」そのものだとは思いもしなかった。正しいとか間違ってるとかは監督は答えてないので分からないが、三の意味は生・存在・死の三つだろう。司法ではなく。生は選別されて生まれてきて、存在は生きてる証生きてる以上見えない存在に支配されて影響を受けながら個の存在する。そして死に向かう。存在そのものを描いた作品は少ないが、三隅の存在がまるでいるようでいない存在。いや例えるなら都市伝説の口裂け女のように存在は誰もが知っていてだが、理由もなく殺す。まさにそんな存在が三隅。それを裏付けように周囲の証言。大家や咲江や娘(出てこない理由)が彼の周囲を取り巻き存在するように見える。三隅は生きてるし人間だがまるでファンタジーの生き物のような存在なのだ。人の心が解るのは1番強い負のエネルギーのみで手を返して伝わるわけではなく、目で見て伝わる。手からは強く感情が読み取れるレベルとなる。それが1番解るのが面会室での三隅と重盛の写り込みだ。写り込んでる二重に重ねる。三隅と重盛。そして少なからず影響を受けさせることも出来る三隅。重盛が三隅と同調し始める姿はその後の重盛の真意の変化でもよくわかる。そして十字は裁く裁かない神でもない、影響の存在への迷いを表すのが十字だろうと思われる。裁きのような十字だが、三隅の空っぽの器で理解した。十字は人生の影響下で存在が向かう先を描いていた。それが答えだろう。執拗に裁きを表すように見える。ただこれは「個の存在」を証明した作品だ。元々監督はこのようなありえそうでありえないものを題材に撮っているが、どの作品も「個の存在」を映してきてる。役者にも焦点を当ててるし、それ以外でも見えない存在を表すことが多くそれが今回の答えにつながる。
ずいぶんとかかった。しかしこれが答えだとすると法廷ミステリーでもなんでもない。答え合わせに見た時もこれだとぴたりと矛盾に合うと感じる。ただ、これでは三度目の殺人の答えを見つけられずに困っている人がいてモヤモヤして終わる。勿体ない。「個の存在」到底撮ってるとは思わないのだから当然だろう。残念でならない。星三つは役者が良い演技の分だ。作品としても完成度は高いが、この答えは頂けない。と自分は思っている。

りんご大福
りんご大福さん / 2018年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真実は…? いったい本当は何が起こっていたんだ?話は二転三転、さま...

真実は…?
いったい本当は何が起こっていたんだ?話は二転三転、さまざまな情報もあり、推理好きは頭をフル回転させることとなります。しかしそれのみに気をとられてしまうと最後にバッサリ切り捨てられモヤモヤさせられることに。
私はこれ、裁判ってこんなんだよ、真実なんて大した意味はないんだよ…と捉えました。恐ろしい!恐ろしすぎます。
鋭い社会風刺を込めた秀逸な作品だと思います。

はむひろみ
はむひろみさん / 2018年10月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

奥が深い

一度見ただけではすべて理解できない気がする。もう一度見てみようかな。役所広司はさすがの演技力。

まりも
まりもさん / 2018年10月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役所の好演 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

役所広司のサイコパスにも義賊にも見える演技が良かった。
ラストの福山と役所の顔が重なりそうで重ならない演出は見事。
人の心を読んで、2回殺人を犯す三隅。
そして3度目は自分を殺す(死刑にする)ように裁判で供述を変えていく。

ホワイダニット系ではあるけど、答えははっきり明示されずに終わる。
それは裁判が真実を明らかにする場所ではないというメッセージの表れなのかなと勝手に思った。

エンタメ要素がほぼないのに飽きずに面白いと思えてしまうのはさすが是枝監督。

カズホソ
カズホソさん / 2018年10月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

視聴者に考えさせるタイプのやつ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こういうのは合わないんだよね。

解決させてほしいと言うか、謎を散らかしすぎて本筋がおざなりになっていると言うか。

ラストの大逆転的なのに期待したけど、“あえて”そういうことをしない狙いのようだけど…だとしたら、もう少しうまく推測させてほしかった。

宮西瀬名
宮西瀬名さん / 2018年10月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見る人の器が反映される映画

現在の司法制度の欠陥を三隅が見事に利用した映画だった。

真実が証言や供述、誰かの人生観や価値観によって、いとも真実かのように決められる理不尽さ。

「あなたはただの器?」
最後に重盛が三隅に問いかけたセリフ。
結局は、三隅という器を通して重盛の価値観や感情が反映されていた。
映画の掴みどころのない意図はそのためだと、真実を伏せることで重盛やあなたの価値観が反映される怖さ。

この現代社会の構想が、映画を見る人の思考が、三隅を通して反映されるように作られた映画だと思います。
三番目の殺人は、真実を見極めなくても簡単に行われるものだと。

真実は色んな見解があるけど、私は咲江の母が依頼殺人をしたのかなと。判決が下されるあの場面での不可解な震え。
自己の罪悪感が妄想ではない、決定付けられた判決の瞬間に耐えきれなくなった。
・・と思いましたが、真実は?

ひよこ
ひよこさん / 2018年10月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役所が出てるからあまり低評価にはしたくないけど〜。 容疑者Xの献身...

役所が出てるからあまり低評価にはしたくないけど〜。
容疑者Xの献身だっけあれに似てるな作風も話も。
おまけに雅治だし。シリアス感も似てるし。
終始観たことある気がする感が抜けなかったなぁ。

ハル
ハルさん / 2018年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

器として生きる人生

生まれてこなければよかった人間、というのはそういう事なんだろうか。
自分の意思とは関係なく思いを受け入れ実行する。その時、己の感情はどこに行ってしまうのだろうか…

後に引きずる良い作品でした。

カタヤマ
カタヤマさん / 2018年10月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんのこっちゃ

何が言いたいのか分からない。たぶん私が馬鹿だからなんだろうと(正解)
観てるのが苦痛だったな。
この作品いいよって言う人はすごいねえ💀

frivolousjp.
frivolousjp.さん / 2018年10月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

399件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi