トイ・ストーリー4

劇場公開日:

トイ・ストーリー4

解説

おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。ボー・ピープが「トイ・ストーリー2」以来19年ぶりに再登場を果たすほか、物語の鍵を握るフォーキー、ふわもふコンビのダッキー&バニー、かわいいアンティークのおもちゃギャビー・ギャビーなど新キャラクターたちも続々と登場。数々のピクサー作品でストーリーボードアーティストを担当し、「インサイド・ヘッド」では脚本にも参加したジョシュ・クーリーが長編初監督。第92回アカデミー賞では、前作「トイ・ストーリー3」に続き長編アニメーション賞を受賞した。

2019年製作/100分/G/アメリカ
原題:Toy Story 4
配給:ディズニー
劇場公開日:2019年7月12日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

受賞

長編アニメーション賞  

ノミネート

主題歌賞

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5オモチャに自我を与えた総決算。

2019年7月29日
PCから投稿

泣ける

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 72件)
村山章

4.0このシリーズも時流に合わせて“成長”したということか

2019年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

ピクサーアニメは元来個性や多様性の尊重が基本で、ヒロインが活躍する作品も多かった。それでも、ウッディが不変の主人公でバズとの友情が大きな要素を占めてきたシリーズの第4作で、女性キャラのボー・ピープをここまで冒険の実質的なリーダーとして前面に押し出してきたのには、やはりシリーズ生みの親=ジョン・ラセターがセクハラ問題でディズニーを退職した影響があったからではないか。ピクサーとして改めて、女性だからといって不当な扱いを受けることはない、自立して男性以上に活躍できるとアピールし、悪いイメージを払拭したかったはず。

子供の成長を踏まえたおもちゃと子供の関係性という観点で、第3作は完璧なエンディングだった。だがさらに続編を作るため、「おもちゃにとっての幸福」という根本的な約束事の見直しを決断。思い切った挑戦ではあるが、シリーズの精神がポリコレで理論武装した意識高い大人になったようで寂しくもある。

コメントする 2件)
共感した! 73件)
高森 郁哉

4.0賛否両論の問題作…?

2024年1月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

この映画を見る前からトイストーリー4を否定するような声が多いのはなんとなく知っていたので、こういうときは大体ヒドい内容の映画に仕上がってるだろうと覚悟はしていた。
結果から言うと個人的には意外にも悪くなかったというのが正直なところ。

今までのトイストーリーとは決別するということならアンディと別れた3の時点でそれは起こってるし、そもそも大人になっておもちゃ離れした後の話をわざわざ続編で描く必要あるのか?という意味でも3の存在は良くも悪くもと言った感じ。

ただもう3でああいう展開にしてしまったのだから4で当り障りのない展開を描いたとしても今さら感は拭えない。おもちゃが見てないところで大冒険しましたという内容を描くのであればそれは3でも続けるべきだったのだ。

そんな路線変更を余儀なくされた4は(作るべきだったかどうかは置いといて)今までのトイストーリーとはテーマが違う作品になって然るべきだし、それを冒険あり笑いありで描けたのは良かったのかなと思う。

もちろん不満がないわけではない。2の頃から物事の判断はしっかりしていたバズが今作ではやたら抜けているし、ジェシーを始めとした今までのメンバーがほとんど活躍していない。
ギャビー・ギャビーが可哀想という展開に持っていこうとしたのだろうけど、ウッディにした仕打ちを考えると同情が全くできない。
そして何より本当にあのラストにしなければならなかったのか?とは思う。恐らく多くの批判はあのラストだろうが、私の場合は否定的というよりは必要性をあまり感じていない程度ではある。

その点を考慮しても私はこの作品を見て満足したし、なんならとんでもなくガッカリしたディズニー作品は他にいくつかあるので、それと比べたらこの作品は上出来と言いたい。

最後のルクソーJrのとこのサプライズは遊び心があって良いね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Spi

4.0ウッディの選択

2023年11月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

【吹替】 / 101

驚いた顔がウッディに似てると友達に言われた

コメントする (0件)
共感した! 0件)
あきと
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「トイ・ストーリー」シリーズ関連作品