劇場公開日 2019年7月12日

トイ・ストーリー4のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全258件中、1~20件目を表示

4.0このシリーズも時流に合わせて“成長”したということか

AuVisさん
2019年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

ピクサーアニメは元来個性や多様性の尊重が基本で、ヒロインが活躍する作品も多かった。それでも、ウッディが不変の主人公でバズとの友情が大きな要素を占めてきたシリーズの第4作で、女性キャラのボー・ピープをここまで冒険の実質的なリーダーとして前面に押し出してきたのには、やはりシリーズ生みの親=ジョン・ラセターがセクハラ問題でディズニーを退職した影響があったからではないか。ピクサーとして改めて、女性だからといって不当な扱いを受けることはない、自立して男性以上に活躍できるとアピールし、悪いイメージを払拭したかったはず。

子供の成長を踏まえたおもちゃと子供の関係性という観点で、第3作は完璧なエンディングだった。だがさらに続編を作るため、「おもちゃにとっての幸福」という根本的な約束事の見直しを決断。思い切った挑戦ではあるが、シリーズの精神がポリコレで理論武装した意識高い大人になったようで寂しくもある。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 64 件)
AuVis

4.5大人から子供まで楽しめるいつも通りの面白さ

唐揚げさん
2019年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

興奮

トイストーリーシリーズは大好きで4ができると知った時から楽しみにしていたので、とても期待して見に行きました。

結果は…

まあ、期待通りでした。
子供から大人まで楽しめるストーリーと、CGとは思えないほどの緻密な映像、表現は変わらず、とても楽しめました。
ただ、少し今回はいつもと違っていて(もちろんいい意味です)。
人形の本当の役割とは何か、「本当のトイストーリー」とは何か、人形のファンタジーだからと舐めてかかってはいけない、大人でも考えさせられるラストは素晴らしかったです。
4になってまた個性的なキャラクターがたくさん出てきておもしろく、特にデューク・カブーンはトイストーリーらしい濃いめのキャラでおススメです。
公開からだいぶ経っているのにちびっ子は絶えず、日にちと時間を選ぶべきかと。
私が見た回では両脇でジュースをこぼし、ポップコーンが出口まで広がる、上映中の出入りが多すぎる、とまあ酷い有り様でした^^
いろんな意味でもう一度見に行きたいと思いました。
この感じだと4が最後になりそうですが、まだ続編があるのなら次はどんなことを伝えてくれるのか。今後のディズニー・ピクサーに期待しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

4.0良い

2019年9月20日
Androidアプリから投稿

これまでおもちゃの仲間たちと一緒に困難を乗り越えて行くのが当たり前であったこの作品。もちろん今後もそうなのだと考えていた。突然の別れ…。そうくるか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コヤンセン

4.0高校生の息子と鑑賞感動感激

寅ぷーさん
2019年9月16日
iPhoneアプリから投稿

次男が小学生の頃シリーズ一作目を家族で鑑賞。

月日は流れて、今作では、夏休み中の次男と二人父子鑑賞。

第1作ではCGの凄さに驚いていたが、眼が慣れたのか、CGを意識せず、物語を楽しめた。

続きは、長男の孫(まだ居ない)連れて行けるかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
寅ぷー

3.0おもちゃって何...作品の初期テーマから足がはみ出した展開

2019年9月15日
PCから投稿

おもちゃではなく、別の生き物として生きていくという選択肢はもはや作品のテーマから足が出てしまっているだけに反則的と言ってもいい。

作品としてはよくまとまっているし、コミカルなシーンも観ていて単純に楽しく「わかりやすい」のだが製作サイドの持つ作品の趣旨の全体像としては「わかりにくい」と言えるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バフィー

4.0☆☆☆☆★ ※ 長〜い、長〜い!エンドクレジットの、最後の最後にち...

2019年9月9日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆☆★

※ 長〜い、長〜い!エンドクレジットの、最後の最後にちょっとした小ネタ有り。
別に観なくとも問題ないですが、『トイ・ストーリー』を骨の髄まで楽しみたい人ならは、是非とも客電が点いて客席が明るくなるまでがオススメです。

あの『トイ・ストーリー』が帰って来た。
でもJ・Rはセクハラ問題でもう居ない。
果たしてどうなのだろう?…。

だが、そんな不安は水泡に帰したであろう事など速攻で分かるくらいに、冒頭の場面からすでに胸をグッと鷲掴みにされる。
続けざまに押し寄せるタイトルバックでの秀逸な時の流れ。

かっては一斉を風靡した人気オモチャだったウッディだからこそ、子供に遊ばれる喜びを誰よりも知る。今ではなかなか遊んで貰えない悲しさも知るからこそ、ウッディは(オモチャとして持ち主への)《内なる声》の使命感を人一倍強く心に抱く。
そんな彼にとって、「僕はゴミなんだ」と常に叫ぶフォーキーは、放っては置けない存在。
何故ならば。フォーキーは、ボニーがひとりぼっちの悲しみから生を受けたオモチャなのだから…。

予告編を観た時に心配していた、ギャビー・ギャビーとベンソンが登場する場面。
どう観てもホラー的な雰囲気がプンプン漂っており。『トイ・ストーリー』の世界観から見て果たしてどうなのだろう?…と。
実際。音楽絡みで、『シャイニング』感を完全に出しており。当初は、明らかに悪役として登場するギャビー・ギャビーだったのだが…実は。

映画は、このフォーキーとギャビー・ギャビーとゆう(2人?)キャラクターを巡って。【救出と心の解放】とゆう2つの要素を併せ持つ展開が、数多くの楽しい新キャラを配して描いて行く。
この時に、或るキャラクター(人物?)との再会から。ウッディの持論である、《内なる声》の使命感と。「棚に居るだけでは何も起こらない」…との、2つの相反する考え方による人生訓めいた展開に少しずつなって行く。
この辺りは、悪く言えば【余計】ではあるのだけど。このやり取りが有るからこそ、最後にやって来るつかえるオモチャとして生きる(持ち主に仕える事の)喜びとは?…との思いが効いて来るとも言える。

とにかく、〝そこ。に至るまでが、笑って泣いての繰り返し。
新キャラのダッキー&バニーや、カブーンらが大活躍をする。「◯をよこせ大作戦!」を始めとするキャラクター達の一挙手一投足等に、ゲラゲラ笑わされたかと思えば。それらのキャラクター1人1人が背負って来た背景にしんみりとさせられる。
もう最後は、オイラの眼球黒部ダムが完全崩壊。いや〜泣いたね〜。・゜・(ノД`)・゜・。

もはや1回観ただけじゃあ気が済みませんな〜。
最低でも後2回は観たい…いや観る気持ち満々( ´Д`)
書きたい描写が沢山有ったのだけど、今日はもう泣き疲れちゃってね〜(つД`)ノ

…って事で、最後に一言。

偉大なるイーブル・クニーブルよ永遠にヽ(´▽`)/

2019年 7月13日 TOHOシネマズ日本橋/スクリーン5

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

5.0ネクストレベル

mottiさん
2019年9月5日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

笑える

幸せ

3で完璧に幕を閉じたと思っていた。
その後に描く話なんてあるのかと思っていた。

なめてました
どんな世界でも平等に過ぎていく時間。それに伴い変わっていくものと変わらないもの。そしてその時に選ぶ自分の環境と使命、役割。

ここまでやるかピクサー…
おもちゃとはいえ意思や感情もったキャラクターに対して、とことん通すべき筋を真っ直ぐに通し切ったピクサーを本当に尊敬します。

その反面
とことん地に足のついた現実的な話故に
今作で描かれる話を受け入れられない人が多いのも納得できます。

万人ウケなどしない、大きなリスクを伴う今回の4をやるって本当にすごい事
ピクサーはいつも現実的で力強いメッセージをもった作品を作る印象ですが、今回はそれが更にネクストレベルへ行った感じ。

一言で言うなら"ありがとう"
僕にとっては本当に特別な一本になりました☺️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
motti

4.5賛否両論のようですねぇ

青空さん
2019年9月4日
スマートフォンから投稿

悲しい

楽しい

興奮

私は賛のほうですが、これは年代の差だったり、色々とあるように思いますが特に子供の時からトイ・ストーリーを見てきた人たちは終わりかたに納得があまりいかなく後味が悪いものになったようですね。うちの子供達も、それに漏れずです。私は成人してからトイ・ストーリーが始まり今までのシリーズも子供達とDVDで何十回も見てきて、今回の終わり方は切なくもありましたが、それ以上にウッディーも大人になったなぁ、自分の人生だから自分の道を歩んでいけばいいじゃない、良かったねって思いました。そして、これがシリーズの最後なら中々いい終わり方じゃないかと個人的には思いました。でも、多分まだシリーズは続くんだろうなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空

2.0作らなくってもよかったんじゃ…

フナオさん
2019年9月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

今回の作品はだいぶ大人向けに作られているなと感じました。明確で分かりやすい敵がいないことや、ストーリー全体の目的がはっきりしていないこと、全体的に暗く、ダークな雰囲気があることが、そう感じさせます。一部分ホラーでゾッとするシーンもあるため、トイストーリーらしくないと感じます。逆に言えば、トイストーリーって子供が観るためのものだよね。とか、分かりやすいストーリーやメッセージ性が無い方が好きという方にはオススメです。CGもかなり進化しており、質感はほぼ実写です。個人的な結論としては、作品自体の完成度は高いが、3で止めておけば良かったのにと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フナオ

3.0思い入れはないですがオチに驚きました

TRINITYさん
2019年9月2日
Androidアプリから投稿

過去作品全部見てます

特に大好きで思い入れがある分けではありませんが、オチにちょっとビックリしました

賛美両論みたいですが、前作と同じオチで映画作れないからしょうがないのかな?
とは思いますが、この終わりだと完全に続編無しのパターンですよね

もう彼らでの続編ないのが残念です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TRINITY

4.5感動します‼️

reo13さん
2019年9月2日
Androidアプリから投稿

今回は持ち主主体ののお話しではなく、おもちゃが冒険する物語になってる!!
ボニーの初登園の時の不安さからフォーキー誕生にかけて(ここは持ち主のお話し)、ボ・ーピープとの再会、ギャビー・ギャビーがハーモニーから選ばれなかった場面、ギャビー・ギャビーが迷子の女の子に拾われてその女の子が少し勇気を持つシーン、などざっと思い付くだけでもこれだけ共感を持てるシーンがたくさんありました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
reo13

3.5最早おもちゃではなく、人間並の知能を持つ別の知的生命体ではないのか?

2019年9月1日
iPhoneアプリから投稿

悪役のおもちゃの処遇に感心した。『2』とは違い懲らしめるのではなく、望みを叶えてあげるって素敵やん

シリーズ初の手作りおもちゃフォーキーについては、ストーリーにどう絡むのか楽しみだったが、自らをゴミだと認識していたのはちょっとだけで、ウッディからのありがたいお話を頂戴した途端におもちゃとしてのアイデンティティが醸成され、中盤からはただの人質になっていて残念

ボー・ピープはすっかりこんな時代のヒロインに、魅力的なキャラに生まれ変わっていた。ただし、あらゆるおもちゃの中で一番物理法則を無視しているのはどうかと思った。はっきり言って動きが人間のそれ

ウッディの最後の選択も賛否を呼ぶだろう。個人的には否。その選択を良しとすると、最早おもちゃとはなんなのか(本作はそこを突き詰めきれてはいないと思う)?それはもうおもちゃではなく、人間並の知能を持つ別の知的生命体ではないのか?『トイ・ストーリー5』は人間対おもちゃの全面戦争だ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヒートこけし

0.5えーなにこれ

ファブさん
2019年9月1日
iPhoneアプリから投稿

つまんないです。以上。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ファブ

3.5オモチャのレゾンデートル

motoさん
2019年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

子供の初映画鑑賞に付き合いました。
一応3は観てて、今回の4がどうなるのかという観点からですが
オモチャにとっての正しさはウッディのそれなんでしょう。
本作においてはその先の世界、可能性をあくまでも意思あるオモチャの行く末ですが
それでもそういう可能性はあってもいいかなと思うラストでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
moto

5.0大満足!

sai.tamaさん
2019年9月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

今までのトイ・ストーリーと違うという意見もありますが私は面白かったです。

◎笑い要素
ピクサーはキャラクターの作り方が本当にうまい!今回新キャラ:フォーキーが出てきますが、アナ雪でいうオラフのような"おとぼけ"で簡単に子供を笑わせてくれます!映画館でも沢山笑い声アリで楽しめます!

◎仲間想いのウッディ
おもちゃとしての役割も重要ですが、捕まった仲間を助けるため勇気ある行動を取るウッディがカッコいい!少年ジャンプみたいな努力友情勝利が味わえます!そして、オモチャならではの様々な作戦行動がエンタテインメントとしての盛り上がりを見せてくれます!まさにネタの宝庫でした!

◎ハッピーエンド
敵キャラすら最後はハッピーに終わらせる気の効いたオチが最高でした!幸せな気持ちで見終えました(満足)!次回はキャラクターもガラッと変わりそうなので、続きも楽しみです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
sai.tama

4.0オモチャの人生を描き続けている。

Aoさん
2019年9月1日
iPhoneアプリから投稿

この作品は過去作とはテイストが変わったなとは感じました。
「友達」から「愛」へとテーマが変わったかのように思いました。
オモチャがシリーズを通して成長し、この作品で大人になったかのように感じました。
ウッディとバズのコンビネーションが好きなファンにとっては物足りないものになったかのように思います。
自分も少し感じました。
それでも、ウッディはその場その場で仲間を増やし、協力して、物事に立ち向かって行くところは変わっていませんでした。
オモチャ一人一人の特性を活かして、問題を解決するシーンはこれまでの過去作と比べても引けを取りません。
新旧含めてキャラクター達は、個性豊かで自分も子どもの時に遊びたかったなと思うものばかりでした。
よって、テーマは変わっても、個人的には面白いと感じました。

製作時期に、過去作を手がけていたジョン・ラセターを追放していたのが、テイストが変わった要因の一つだと思います。(セクハラをしたジョンが悪い。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ao

4.0安定の面白さ

2019年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

このシリーズはほんとうに良くできています。今回も楽しめました。ただ4作目はちょっと哲学的というか、テーマが難しくなっています。子供にとってはそんなこと関係なく楽しめていると思いますが、大人の視聴にもしっかり応えているところが凄い。
日本語吹替え版で見たのですが、歳をとったとは言え、いまだにウッディが唐沢寿明そのものに見えてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
むっしゅ

4.0そうきたか!

2019年8月29日
iPhoneアプリから投稿

大団円を迎えたトイ・ストーリー3。
その後の展開なんてある?と思っていたけど、なるほどそうきたか!今までトイ・ストーリーが伝えてきたメッセージを覆すような概念。見ようによっちゃあ結構ホラーだなと思う。
オモチャという物の定義の問いを訴え、ウッディを1人のキャラクター(人格)として捉える。ここまで大きな会社なのに、すごいなピクサー、チャレンジングだ。
あと、ついつい当たり前に見ちゃってるけど、CGの表現がまあ毎回格段に上がっている。ボーの陶器の質感とかメチャメチャすごい。
なんだか続編がありそうな気がするので楽しみ。
日本とかに来てくれたら嬉しいなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ぴゅある

4.0活躍するおもちゃが少ないのが残念

futakoさん
2019年8月29日
Androidアプリから投稿

9年前の3で完結したと思っていましたが、今回はゴミから作られたフォーキーと接することで自分自身の存在意義を見つめ直したウッディが、これまでさまざまな苦難を共に乗り越えてきた仲間と決別し、自分自身で決めた道を歩む決心を下します。本当の彼らしい人生が、ここから始まるのでしょうね。

作品はある意味「いつも通り」なのですが、今回はウッディとボーの物語という意味合いが強いため、いつもの仲間と助け合って目的を達成するという場面が少なく、そこが寂しく残念なところだと思います。

一方で、新キャラクターのフォーキーは最初違和感があったものの、物語が進むにつれてかわいさ100倍。非常に重要な役回りを見事に演じていました。

これが完結となるのか、また10年後に5が制作されるのか、ちょっとだけ気になります。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
futako

5.0笑いあり涙あり

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

母と見に行きました。気づいたら泣いていたし、気づいたらほっこりしていました。
帰りにお店に寄ってバニーのぬいぐるみを買おうとしたのですが、いや…あいつらは一緒じゃないとなぁ、と謎の使命感に煽られダッキーも買っていました…手痛い出費です泣が可愛いので許します泣

是非見に行っていないかたは見に行くべきかな!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こむぎこ
「トイ・ストーリー4」の作品トップへ