ダークナイト

ALLTIME BEST

劇場公開日

ダークナイト
59%
34%
5%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

DCコミックスの人気ヒーロー、バットマンの誕生を、クリストファー・ノーラン監督&クリスチャン・ベール主演で描いた「バットマン ビギンズ」の続編。ゴッサム・シティに現れた史上最悪の犯罪者ジョーカー。バットマン=ブルース・ウェインは、協力するゴードン警部補や新任地方検事ハービー・デントらとともにジョーカーに立ち向かうが……。2008年に製作・公開され、全米で当時歴代2位となる5億ドルを超える興行収入を記録し、全世界興収も10億ドルの大ヒットを記録。重厚かつ圧倒的なリアリティで支持を集め、第81回アカデミー賞にも8部門にノミネートされるなどコミック原作映画の歴史を塗り替えた一作。なかでも「悪のカリスマ」と呼ばれるジョーカーを演じたヒース・レジャーは撮影直後に急逝するが、本作が公開されるとその演技が絶賛され、アカデミー助演男優賞を受賞した。2020年7月、クリストファー・ノーラン監督の「TENET テネット」公開を記念してIMAX版と4D版で上映。

2008年製作/152分/G/アメリカ
原題:The Dark Knight
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第81回 アカデミー賞(2009年)

受賞

助演男優賞 ヒース・レジャー
音響編集賞  

ノミネート

撮影賞 ウォーリー・フィスター
編集賞 リー・スミス
美術賞  
視覚効果賞  
音響録音賞  
メイクアップ賞  
詳細情報を表示

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画レビュー

5.0IMAXレーザー/GTで「1.43:1」パートを初めて映画館で見られる喜び

2020年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

IMAXレーザー/GT版の「ダークナイト」は、IMAXカメラで撮影した「1.43:1」パート(画面比率が正方形に近く、これまで見ることができなかった上下部分を見ることができる)を日本で初めて見ることができる貴重な機会です。リリースによると全体のうち約26分がIMAXカメラ撮影パートだそうで、冒頭の銀行強盗、中盤のカーチェイス、その他、各シーン頭の空撮シーンなどが「1.43:1」だったと思います。
109シネマズ大阪エキスポシティで「ダンケルク」を見たときもそうでしたが、冒頭から画面比率が違うとだいぶ印象が違っていて、「ダークナイト」でも画面に吸い込まれそうな、ちょっと不思議な感覚になります。「インターステラー」も「1.43:1」で見ると、宇宙に行ったときの印象がまったく違うそうなので、是非かけてほしいです。地響きのような体にくる音もこみで、映画館ならではの唯一無二の体験ができます。

コメントする
共感した! (共感した人 12 件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

4.5ただのアニコメ映画が

2022年5月14日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

素晴らしい映画になったと思います。
悪役のジョーカーが、いい味出していると思いました。
再度見直しましたが、面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まっくん

3.0悪くはないけど…

まゆうさん
2022年4月24日
スマートフォンから投稿

前半、特につまんなかった。内容のわりに長すぎるし。面白い映画は、大体配役がピッタリなものだ。キャラが立っていて、「この役はこの俳優でなければダメだ」と思わせるような説得力が必ずある。でも、バットマンもレイチェルも検事も、あの中国人実業家?さえ、別に違う俳優でも良さそう…っていう薄い印象。前半、セリフも無駄に感じるものが多かった。
唯一、説得力があったのはモーガンフリーマンやヒースレジャーだが、ジョーカーの舌をペロペロする仕草がちょっとくどいし、演技は確かに悪くないけど、そこまで絶賛するほどかなぁ…と疑問。
作品全体としては、言いたいことは分かる。人間が高潔であることがいかに難しいか。正しいことを貫くのがいかに勇気の要ることか。自分が助かりたい一心で人を簡単に売る弱さ、エゴ。大切な人を失ったり深い悲しみや絶望の縁に悪が宿るのだ。鑑賞者は、自分を含め全ての人間が持つ暗闇の部分と向き合うことを余儀なくされる。人間という生き物が常に抱える普遍的なテーマだと思う。
「善」と「悪」っていうキッパリ二元論な欧米っぽい世界観も楽しめるし、バットマンの、ヒーローでも悪でもないっていう立ち位置だからこそのジレンマも魅力の一つとは思う。でも、人生で心に残る映画か?と聞かれたら、、、
そこまでではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まゆう

4.5ゴッサムシティの暗黒の騎士

bunmei21さん
2022年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

クリスチャン・ベールとクリストファー・ノーラン監督がタッグを組んだ、『ダーク・ナイト』3部作シリーズの第2弾。

バットマンと言えば、様々な武器を駆使しての戦闘シーンや、バットモービルによるカーアクションなどが作品の醍醐味であるが、それ以上に、個性豊かで、傍若無人の悪党が、時にバットマン以上に作品を引き立てる。本作では、前作の最後にその存在をほのめかしていた、バットマンの宿敵とも言える『ジョーカー』が、悪役を務める。

前作からバットマンの味方のジム警部補と正義感に燃えるデント検事が、バットマンと協力し、悪の巣窟となったゴッサム・シティ―から、マフィアや悪党どもを一掃しようとしていた。そこに、ジョーカーが現れ、ゴッサム・シティーは再び犯罪に包まれていく。それを食い止めようと、バットマンがジョーカーの狂気的な犯罪に挑んでいくストーリー。

破壊王と呼ばれるノーラン作品だから、アクションはとにかくド派手。バットモービルのカーアクションから病院の爆破シーン等、CGも駆使した映像は、とにかく圧巻。そこに、本シリーズの特徴でもある、バットマンの正義観と悪への制裁の狭間で揺れる心の葛藤やレイチェルを巡るラブストーリーも交えて、ヒューマンタッチな側面もみせている。

以前、ジョーカーをジャック・ニコルソンが演じ、主役のバットマン以上の存在感をみせた。本作でも、ヒース・レジャーが、殺すことを厭わず、破壊と爆破を愛する狂気的なジョーカーを見事に演じていた。しかし、彼は2008年、『ダーク・ナイト』の完成を待たずに、急性薬物中毒によって突然死し、ある意味、曰く付きの作品ともなった。

また、デント検事を演じたアーロン・エッカートは、見るからにMr.アメリカの様な顔立ち。前半では、バットマンと共に正義に貫いていたが、後半は、常軌を逸した醜い顔で、悪に染まっていく姿が悲哀を誘う。また、バットマンの正体を知っているレイチェルをマギー・ジレンホールが演じた。デントとブルースの間で揺れ動く恋心の中で、あまりに意外で、悲しいな結末も待っていた。

2時間半の超大作だが、ストーリーの中にも、二転三転のサプライズもあり、最高に楽しめる、アクション・エンターテイメント作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 24 件)
bunmei21
すべての映画レビューを見る(全363件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「バットマン」シリーズ関連作品