バットマン・フォーエヴァー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
5%
34%
53%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ボブ・ケインが生んだアメコミのダーク・ヒーロー、バットマン(DCコミックス刊)のスタッフ・キャストをリニューアルした映画版シリーズ第3弾。架空の町ゴッサム・シティを舞台にヒーロー、バットマンと邪悪な怪人たちとの闘いをスピーディに描く。監督は前2作のティム・バートンに代わり「依頼人」のジョエル・シューマカーが登板。製作はバートンとピーター・マクレガー・スコット、脚本はリー・バッチラー、ジャネット・スコット・バッチラー、アキヴァ・ゴールドマン、撮影は「ペリカン文書」のスティーブン・ゴールドブラット、美術は「フォーリング・ダウン」のバーバラ・リング、編集は「逃亡者(1993)」のデニス・ヴァークラー、音楽は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のエリオット・ゴールデンサル、特殊視覚効果は「スター・ウォーズ」のジョン・ダイクストラ、特殊メイクは「ウルフ」のリック・ベイカーらがそれぞれ担当。主役のバットマンには前2作のマイケル・キートンに代わって、「トゥームストーン」のヴァル・キルマー、また今回シリーズ初登場のバットマンの相棒ロビン役には「三銃士(1993)」のクリス・オドネルがそれぞれ起用された。対する悪役の怪人はリドラーに「マスク(1994)」のジム・キャリー、トゥー・フェイスに「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のトミー・リー・ジョーンズがそれぞれ扮し怪演をみせるほか、「冷たい月を抱く女」のニコール・キッドマンが妖艶な女性精神科医役で華を添える。

1995年製作/122分/アメリカ
原題:Batman Forever
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

ゴッサム・シティ。敏腕検事だったが法廷で硫酸をかけられて、人格が変容、狂気に陥った怪人トゥー・フェイス(トミー・リー・ジョーンズ)が銀行を襲撃。警察署長ゴードン(パット・ヒングル)と多重人格の権威Dr.チェイス(ニコール・キッドマン)の要請で出動したバットマンは大惨事を未然に防ぐ。バットマンの正体は大企業家ブルース・ウェイン。彼の会社の研究員エドワード・ニグマ(ジム・キャリー)は、ウェインに自分が発明したマインド・コントロール装置を嬉々として見せるが、相手にされない。彼は工場長を自作の実験台にして殺害、怪人リドラーとなってウェインに奇妙ななぞなぞを送り始めた。幼いころ両親を殺害されたウェインは、幻覚に悩まされており、カウンセリングを受けにチェイスのもとへ。二人はサーカス見物にいくが、小屋がトゥー・フェイスに占拠され、爆弾騒ぎとなった。トゥー・フェイスの部下に家族を殺された空中ブランコ乗りのディック・グレイソン(クリス・オドネル)はウェインの屋敷に住むことになった。敵討ちのことしか頭にないディックに、復讐はむなしいものだと説くウェイン。リドラーは、愛人のシュガー(ドリュー・バリモア)とスパイス(デビー・マザール)と戯れているトゥー・フェイスのもとへ行き、例の発明を使ってゴッサム・シティ乗っ取りをもちかけ、2人は結託。バットマンに惹かれていたチェイスは、いつしか自分が本当に愛しているのはウェインであることに気づく。ウェインもチェイスを愛しており自分がバットマンであることを自邸で彼女に打ち明ける。その場をトゥー・フェイスとリドラーが襲撃、チェイスを誘拐した。ディックは執事アルフレッド(マイケル・ガフ)のはからいで、バットマンの助手“ロビン”となった。リドラーの謎かけを解き怪人の正体がニグマであることに気づいた2人は敵の本拠地へ行き、マインド・コントロールの装置を破壊。トゥーフェイスは倒され、リドラーはバットマンが植えつけた恐怖のイメージによって発狂した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 アカデミー賞(1996年)

ノミネート

撮影賞 スティーブン・ゴールドブラット
音響賞  
音響効果編集賞  

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5隠れた名作

2020年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

バットマンにはあまり知られていない代名詞がある。それは「世界一の探偵」という顔だ。

昨今のイメージだとダークヒーローであり多彩な機能を持つスーツを身にまといどんな数の悪人だろうが一人で対峙しスーパーマンとも戦い異次元の敵と戦うイメージを持つ人は多いだろう。しかし今作では戦闘シーンも楽しませてくれるが探偵としての一面も見れる。

いつか探偵としてのバットマンを見たいなあと思っており、その高い頭脳を駆使してガジェットも豊富に使い謎を解く話が作られたら面白いのではと思っていて、今作ではヴィランとの頭脳対決を盛り込みそれに近い形を見せてくれたという点でこの作品を非常に高く評価したいと思う。

また90年代にしてはかなりギミックの描き方がかなり頑張っている。バットモービルから噴き出る炎、スライドでロケット砲を避けるスピード感、モービルからフックが飛び出て壁を駆け上がる、バットスーツのブーツから噴き出るブーストなど当時としては造形にもこだわりを感じ細部にわたって楽しませてくれる。

今でいうVRを予期させる演出、3D映像をプリントした技術も先進的に思え興味深い。

ロビンの姿に過去の自分を重ね合わせていたのも心理描写として面白い。ロビンを助ける時にサーカスの綱渡りに重なるのもロビンのトラウマをバットマン自身が救ったのだと思うし最後にトゥーフェイスを見殺しにしたのも彼に手を汚させたくないように見えて泣かせる。

そして最後のバットマンとロビンが駆けていくシーンはとても胸が躍り素晴らしい結末だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルホランド

1.5これは……

2018年12月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

公開当時、監督がティムバートンから交代したと聞いて「じゃ、いいや」と観てなかったのを思い出し、レンタルして初鑑賞。

映画館で観なくて正解だった。

ジム・キャリーとトミー・リー・ジョーンズのコントを延々見せられるのが辛い。
バットマンに変身したヴァル・キルマーの尻のアップには笑った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

3.0監督交代

kossyさん
2018年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ブルース・ウェインが会社を作っていた。その会社に就職したジム・キャリーがやはり笑えるキャラだ。その他、ニコール・キッドマン、ドリュー・バリモアと豪華絢爛。

 ダーク、ゴシックなイメージは残しているものの、原色を使ったり、昼間の映像を使ったりと対照的な明るさも効果的だ。ブルースの悲しい過去もトラウマとして表現され、復讐する者の哀愁を醸し出す。欲を言えば、もっと笑わせてもらいたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5三作目だけど、実質的に一作目

2018年7月31日
Androidアプリから投稿

ジョエルシューマッカー監督は明るいバットマンが好きっぽいんですよね
なので、ブルース・ウェインのトラウマを解消しちゃいます
孤独な彼に仲間が出来ます
バットモービルもピカピカ光って自己主張強めです
敵は大事な自分ルールを守りません
それなりに楽しめましたけど、全然別の世界観です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スノークの息子
すべての映画レビューを見る(全10件)

他のユーザーは「バットマン・フォーエヴァー」以外にこんな作品をCheck-inしています。