バットマン・フォーエヴァー

劇場公開日

5%
33%
52%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ボブ・ケインが生んだアメコミのダーク・ヒーロー、バットマン(DCコミックス刊)のスタッフ・キャストをリニューアルした映画版シリーズ第3弾。架空の町ゴッサム・シティを舞台にヒーロー、バットマンと邪悪な怪人たちとの闘いをスピーディに描く。監督は前2作のティム・バートンに代わり「依頼人」のジョエル・シューマカーが登板。製作はバートンとピーター・マクレガー・スコット、脚本はリー・バッチラー、ジャネット・スコット・バッチラー、アキヴァ・ゴールドマン、撮影は「ペリカン文書」のスティーブン・ゴールドブラット、美術は「フォーリング・ダウン」のバーバラ・リング、編集は「逃亡者(1993)」のデニス・ヴァークラー、音楽は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のエリオット・ゴールデンサル、特殊視覚効果は「スター・ウォーズ」のジョン・ダイクストラ、特殊メイクは「ウルフ」のリック・ベイカーらがそれぞれ担当。主役のバットマンには前2作のマイケル・キートンに代わって、「トゥームストーン」のヴァル・キルマー、また今回シリーズ初登場のバットマンの相棒ロビン役には「三銃士(1993)」のクリス・オドネルがそれぞれ起用された。対する悪役の怪人はリドラーに「マスク(1994)」のジム・キャリー、トゥー・フェイスに「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のトミー・リー・ジョーンズがそれぞれ扮し怪演をみせるほか、「冷たい月を抱く女」のニコール・キッドマンが妖艶な女性精神科医役で華を添える。

1995年製作/122分/アメリカ
原題:Batman Forever
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

ゴッサム・シティ。敏腕検事だったが法廷で硫酸をかけられて、人格が変容、狂気に陥った怪人トゥー・フェイス(トミー・リー・ジョーンズ)が銀行を襲撃。警察署長ゴードン(パット・ヒングル)と多重人格の権威Dr.チェイス(ニコール・キッドマン)の要請で出動したバットマンは大惨事を未然に防ぐ。バットマンの正体は大企業家ブルース・ウェイン。彼の会社の研究員エドワード・ニグマ(ジム・キャリー)は、ウェインに自分が発明したマインド・コントロール装置を嬉々として見せるが、相手にされない。彼は工場長を自作の実験台にして殺害、怪人リドラーとなってウェインに奇妙ななぞなぞを送り始めた。幼いころ両親を殺害されたウェインは、幻覚に悩まされており、カウンセリングを受けにチェイスのもとへ。二人はサーカス見物にいくが、小屋がトゥー・フェイスに占拠され、爆弾騒ぎとなった。トゥー・フェイスの部下に家族を殺された空中ブランコ乗りのディック・グレイソン(クリス・オドネル)はウェインの屋敷に住むことになった。敵討ちのことしか頭にないディックに、復讐はむなしいものだと説くウェイン。リドラーは、愛人のシュガー(ドリュー・バリモア)とスパイス(デビー・マザール)と戯れているトゥー・フェイスのもとへ行き、例の発明を使ってゴッサム・シティ乗っ取りをもちかけ、2人は結託。バットマンに惹かれていたチェイスは、いつしか自分が本当に愛しているのはウェインであることに気づく。ウェインもチェイスを愛しており自分がバットマンであることを自邸で彼女に打ち明ける。その場をトゥー・フェイスとリドラーが襲撃、チェイスを誘拐した。ディックは執事アルフレッド(マイケル・ガフ)のはからいで、バットマンの助手“ロビン”となった。リドラーの謎かけを解き怪人の正体がニグマであることに気づいた2人は敵の本拠地へ行き、マインド・コントロールの装置を破壊。トゥーフェイスは倒され、リドラーはバットマンが植えつけた恐怖のイメージによって発狂した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 アカデミー賞(1996年)

ノミネート

撮影賞 スティーブン・ゴールドブラット
音響賞  
音響効果編集賞  

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0敵はジム・キャリーとトミー・リージョーンズという豪華キャスト。こう...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

敵はジム・キャリーとトミー・リージョーンズという豪華キャスト。こういうやばそうな役はジム・キャリーに合ってる。
監督の交代。ダーク感は薄れた気がするが、前作よりもバットマンが活躍していて盛り上がりの展開があるので、こちらの方が好み。楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

2.0セクシャルなバットマン

2022年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

興奮

ティム・バートン版「バットマン」でジョーカーを演じたジャック・ニコルソンを意識しているようなトミー・リー・ジョーンズのトゥーフェイス、リドラーはオネェみたいな口調になったりコミカルに演じるのは良いが二人のヴィランがウザったい存在でしかない、特にジム・キャリーのコメディアン振りが鬱陶しい。

バッドスーツは乳首付き、股間はモッコリして謎にお尻のアップ、乳首が無くなったかと思えばロビンのスーツに乳首を移植で、TheDamnedの「SmashItUp」が流れたかと思いきやTheOffspringのカバーかよ!!

ダークな雰囲気よりも配色の良いポップな世界観で明るく楽しい気楽なアメコミ描写、基本的に全バレな詰めの甘いバットマンは恋愛に振り回されて何の為に闘っているかすら疎かに。

最後にバレていない安全策を取る面倒な場面と二人が走るエンディングはダサいの一言。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.5本日、自宅療養最終日。コロナはただのカゼ(笑)バットマン祭りで締め...

2022年3月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

本日、自宅療養最終日。コロナはただのカゼ(笑)バットマン祭りで締めくくりますか。

これぞコミック、悪が分かりやすかった。トミー・リーもジム・キャリーもはまってた。ニコール・キッドマンにはキャットウーマンをやって欲しかった。ドリュー・バリモアの扱いは雑だったな。
バットマンの相棒誕生って話でした。終盤、全然面白くなかった。やっぱりアメコミヒーローは私的に合わない感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0もったいない

JYARIさん
2022年3月17日
iPhoneアプリから投稿

ビジュアルやキャラクターは
ものすごくよかった!

ただ、ラスト、倒すの呆気なさ過ぎて
そこが観たかったのにーとなってしまった、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「バットマン」シリーズ関連作品