ダークナイト : 映画評論・批評

メニュー

ダークナイト

劇場公開日 2008年8月9日
2008年7月29日更新 2008年8月9日より丸の内プラぜールほかにてロードショー

脳髄にからみつく超高速アクション

画像1 TM & (C) DC Comics (C) 2008 Warner Bros. Ent.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

ジョーカーが化けた。「バットマン」第1作でジャック・ニコルソンが扮したジョーカーは「究極のオブジェ」だった。装置や衣裳が印象的だったあの映画のなかでも、ニコルソンの姿は極彩色のオブジェだった。単騎で際立つ彼の言動に、私は笑った。

「ダークナイト」ではヒース・レジャーだ。こちらのジョーカーは、観客を凍りつかせる。裂かれた口も紫の上着もずっと地味だが、その無意識はアナーキーの極致だ。広い背を丸めて邪悪の限りを尽くし、黄色い歯の間から毒に満ちた言葉を吐く。己の異形がバットマンの異形の補完物であることを自覚し、「俺はおまえを殺したくない。おまえは俺を完成させてくれるからだ」とつぶやけば、「ダークナイト」の闇とカオスは一気に深まる。

ジョーカーを通してモラルの境界で揺れる無意識を際立たせたのは、脚本の功績だ。クリストファーとジョナサンのノーラン兄弟は、白騎士デント検事(アーロン・エッカート)と黒騎士バットマン(クリスチャン・ベール)との間にもきわどい軋みを忍び込ませる。そこにジョーカーをからめた三角関係、というよりも三重衝突がこの映画の急所だ。が、哲学の深みは映画の運動感を落とさない。陰と陽と半陰陽は猛スピードで交錯し、バットポッドにまたがったバットマンは、両刃の剣と化しつつゴッサムシティの戦場を駆け抜ける。「ダークナイト」は、濃くて速くて脳髄にからみつく傑作だ。

芝山幹郎

関連コンテンツ

特集

今度のバットマン「ダークナイト」はココが新しい!
特集

全米で歴史的な大ヒットを記録している新「バットマン」シリーズの第2作「ダークナイト」が今週末いよいよ日本上陸。ノーラン流のリアリズム追求指向は前作「バットマン・ビギンズ」と同じだが、今回は初めてバットマンの名前を外した「ダークナイト」...特集

インタビュー

クリスチャン・ベールが語る「ダークナイト」の魅力とは?
インタビュー

前作「バットマン・ビギンズ」に引き続き、リアリティ溢れるバットマン=ブルース・ウェインを好演したクリスチャン・ベール。興行的な成功もさることながら、内容も大絶賛されている本作について、ベール本人に話を聞いた。――とてもリアルで大人なバ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全229件)
  • ババ抜き 画面のアメコミ具合は笑ってしまう程忠実で、絵コンテが目に浮かぶ。 しかし、ハービーの悪堕ちやゴッサム市民の選択など陳腐なドラマは健在で、アニメなら兎も角人間が演じるとむず痒い。 加えてバットマン... ...続きを読む

    たろっぺ たろっぺさん  2018年12月12日 16:12  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 2017年32本目[劇場8 他24] 過去鑑賞 ...続きを読む

    makF makFさん  2018年12月2日 14:30  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ヒースレジャー演じるジョーカーもっと見たかったなぁ 最初から最後まで見応えがあって集中して見れました 何回も観たいからDVD買いたいくらい! 面白かったです。 ジョーカーのキャラクターは最高 ...続きを読む

    ぽこきち ぽこきちさん  2018年11月22日 00:24  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報