ディズニーの特別フッテージが劇場関係者を圧倒 フォックス作品を組み込んだ豪華布陣 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月7日 > ディズニーの特別フッテージが劇場関係者を圧倒 フォックス作品を組み込んだ豪華布陣
メニュー

ディズニーの特別フッテージが劇場関係者を圧倒 フォックス作品を組み込んだ豪華布陣

2019年4月7日 07:00

豪華なフッテージ映像を公開「スター・ウォーズ ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)」

豪華なフッテージ映像を公開
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ラスベガスで開催されていた映画興行主向けのイベント「シネマコン」で、米ウォルト・ディズニーが豪華なフッテージ映像を公開した。

ディズニーは3月20日(現地時間)、713億ドルという巨額買収で21世紀フォックスを獲得したばかり。4月3日(現地時間)に行われたシネマコンでのラインナップ発表会の冒頭で、特別フッテージ映像をお披露目した。「スター・ウォーズ」「ズートピア」「アベンジャーズ」といった人気作に、「X-MEN」「アバター」「ダイ・ハード」といったフォックス作品を織り交ぜたもので、その豊富なライブラリーで会場に詰めかけた劇場関係者を圧倒した。

登壇したウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長も、「これまでのキャリアでプロモーション動画をいくつも作っていますが、これにはぶっとびました。(フォックス作品がディズニーのライブラリーに加わった現実を)いまでも冷静に認識できていません」と発言している。

ラインナップ発表会では、フォックスの「X-MEN: ダーク・フェニックス」や「Stuber(原題)」「フォード vs フェラーリ」に続き、「マレフィセント」の続編「Maleficent: Mistress of Evil(原題)」「アラジン」「ライオン・キング」「アベンジャーズ エンドゲーム」といったディズニー作品のフッテージが公開。さらに、「トイ・ストーリー4」の冒頭17分間が上映された。

2018年の北米興行トップ10のうち6作、世界興収トップ10のうち5作がディズニー/フォックス作品であることからも、未曾有の巨大スタジオが誕生したことになる。なお、シネマコンで「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」と「アナと雪の女王2」といった注目作のフッテージは未公開。また。「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」以降のマーベル作品や、「アバター2」に関する詳細も明かされなかった。

(映画.com速報)
アベンジャーズ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] アベンジャーズ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,059 人気シリーズ「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」「ハルク」から各ヒーローが集合するアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報