「時かけ」から「未来のミライ」まで 横浜赤レンガ倉庫で細田守監督作品を5夜連続野外上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月8日 > 「時かけ」から「未来のミライ」まで 横浜赤レンガ倉庫で細田守監督作品を5夜連続野外上映
メニュー

「時かけ」から「未来のミライ」まで 横浜赤レンガ倉庫で細田守監督作品を5夜連続野外上映

2019年4月8日 04:00

「未来のミライ」の舞台でもある横浜で野外上映「未来のミライ」

「未来のミライ」の舞台でもある横浜で野外上映
(C) 2018 スタジオ地図
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 神奈川・横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAで開催される野外シアター「SEASIDE CINEMA 2019」内で5月1~5日に、アニメーション監督・細田守が手がけた劇場アニメ5作品が「米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督特集」として、5夜連続で野外上映される。会場は赤レンガパーク、入場無料で各日午後7時上映開始。

5月1日には筒井康隆氏の小説を再構築した青春ストーリー「時をかける少女」(2006)、2日には電脳世界OZを舞台に大家族が力を合わせるアクション作品「サマーウォーズ」(09)、3日には“おおかみおとこ”との間に子を授かった女性と2人の“おおかみこども”の母子の絆を描く「おおかみこどもの雨と雪」(12)、4日には強さを求める少年が、師匠である“バケモノ”との間に父子のような関係を育んでいく「バケモノの子」(15)、5日には甘えん坊な男の子と未来からやってきた妹による“きょうだい”の物語「未来のミライ」(18)が、約450インチの特設スクリーンで上映される。細田監督が設立したスタジオ地図の全面協力のもと、同監督の劇場用アニメ5作品が連続で野外上映されるのは、今回が初の試みとなる。

スタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサーは、「このたび、歴史ある横浜赤レンガ倉庫で、また『未来のミライ』の舞台でもある横浜の地で、『米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督特集』と題して細田守監督5作品を上映させていただけることを、とても光栄に思っています。そして、今年は『サマーウォーズ』公開から10年目の年でもあります。ぜひ、横浜の美しい夜空の下で、子どもたちも、そして大人たちも一緒になって『よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!』と叫んでくださると、とてもうれしいです」と開催を喜んでいる。

(映画.com速報)
時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版[Blu-ray/ブルーレイ] 時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,169 これまで何度もテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説を初アニメ化。
未来のミライ スタンダード・エディション Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 未来のミライ スタンダード・エディション Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,011 甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、未来からやってきた成長した妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険を通して、さまざまな家族の愛のかたちを描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報