時をかける少女(2006)

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
時をかける少女(2006)
35%
52%
12%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

これまで何度もテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説を初アニメ化。ひょんなことから過去へ行くことの出来る力を手に入れた真琴が、過去を変えてしまったために巻き起こる騒動を描く。監督は「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」の細田守。キャラクターデザインを「新世紀エヴァンゲリオン」の貞本義行が手がける。真琴の叔母、和子の声を演じるのは、声優初挑戦となる原沙知絵。

2006年製作/98分/日本
配給:角川ヘラルド映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第30回 日本アカデミー賞(2007年)

受賞

アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)「時をかける少女」製作委員会2006

映画レビュー

5.0真琴の感情を実感できる、myベストな青春映画です。

よしさん
2020年6月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

最初、鑑賞するつもりはありませんでした。原作も読み、原田知世主演の実写映画も鑑賞している私にとって、「今更アニメで観る作品でもないだろう」そんな事を考えていました。
ただ、WOWOWでの放映が繰り返されるうちに、根負けのように鑑賞した作品でした。

正直、驚きました。何がって、主人公・真琴を実感できることがです。
真琴が「飛び跳ね」、「走り」、「笑い」、「叫び」、そして「泣いて」。そんな彼女の一挙手一投足が、彼女の感情をダイレクトに伝えてきます。
彼女の「汗」、「筋肉の躍動」、「鼓動」、「喜び」、「嬉しさ」、「不安」、「悲しさ」、そして「涙」。
彼女の多くの感情が、鮮やかな色彩で表現され、目に焼き付けられるような・・・そんな感覚です。
青春が、こんなに多くの色彩を持っていたことに驚き、過ぎ去った時間を思って切なくなりました。

間違いなく、私の中では、全ジャンルの青春映画の中でナンバー1の作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.0面白い

2019年12月14日
iPhoneアプリから投稿

笑える

興奮

幸せ

すき

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ネルカミルカ

4.0夏にみたくなる

Masaさん
2019年9月15日
iPhoneアプリから投稿

青春だなぁと思う。
夏に空を見上げたくなる
入道雲はないかなと。

過ぎていく時間の中で

この時間を過ごしてたいんだ!
もっとこの時間が続いてほしい!

そうきゅっと胸をえぐるような
大切な作品。

主題歌が作品に合いすぎて最高。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Masa

5.0これを観なきゃ夏が終われない。というわけで今年も観ます。

shotamalさん
2019年9月14日
iPhoneアプリから投稿

気がつけば夏になると、毎年欠かさず観ている気がします。
肌で秋を感じるようになった最近は、
もはやこれを観なきゃ夏が終われないだろという、切迫感さえ感じるほどでした。

高校生・青春モノなんてなんか眩しくて、最近観れなくなりつつありますが、
時をかける少女だけは毎年変わらない気持ちで観ることができます。

空の色、雲の形、汗ばむシャツ、バッドがボールを弾く音、木陰、夕方の教室・・・

映像と音と音楽から、懐かしい夏の匂いがしてきます。

夏の日が暮れてきた頃の、胸が締め付けられるようなあの切ない独特の匂い。大好きです。

まことの実家の感じもなんかみょうに落ち着く。
冷蔵庫にお風呂、床の感じとか細かい小物の配置などなどすべてが計算されています。
そしてまことの妹がまた絶妙に妹なんですよね。
世の中の妹を集計して割ったらああなるだろうなってかんじ。実際に妹いる人ならわかってくれるはず。

自分が暮らしてきた家や通った学校そっくりそのままなわけでは決してないのに、
観た人が少なからず自己投影できるように、要所要所のポイントがしっかりと抑えられていると感じます。

個人的には、実家に帰らなくてもまるで帰ったかのような気持ちにさせてくれるありがたき作品です。

場面の空気が映像から伝わるって、本当に凄いことです。
実写ならともかく、アニメでそれを成し得るとは。

五感で夏を全力で感じることのできる、唯一の映画かもしれません。

これからも色褪せることなく、
次の夏が来たら私はまたきっと観たくなるのでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
shotamal
すべての映画レビューを見る(全113件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「時をかける少女」シリーズ関連作品

他のユーザーは「時をかける少女(2006)」以外にこんな作品をCheck-inしています。