時をかける少女

劇場公開日:

  • 予告編を見る
時をかける少女

解説

筒井康隆の原作小説4度目の映画化。主演は2006年の細田守監督によるアニメ版でも主人公の声優を務めた仲里依紗。本作が長編デビューの谷口正晃がメガホンをとる。2010年、18歳の女子高生・芳山あかりは、事故で昏睡状態に陥った母・和子のため、深町一夫という母の初恋の人を探しに70年代へタイムリープ。そこで出会った大学生・涼太に助けられながら深町を探すが……。共演に中尾明慶、安田成美ら。

2010年製作/122分/G/日本
配給:スタイルジャム
劇場公開日:2010年3月13日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)映画「時をかける少女」製作委員会2010

映画レビュー

5.0ノスタルジーに浸れる感動のラブストーリー

2024年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

萌える

原田知世さん主演の同タイトルの映画から27年経過した2010年に劇場公開された。
同タイトルだが新しいストーリー。
アニメ版の主役の声優を担当した仲 里依紗さんが、今作の実写版でも主人公に扮する。
今はおしどり夫婦として知られる夫の中尾明慶さんとの初共演。
中尾明慶さんの魅力的なキャラクターも見どころ。

アニメ版は、芳山和子(筒井康隆原作本の主人公)の姪が時をかけた。
実写版は、芳山和子の娘が母のために時をかける。

劇中(1974年)で制作した映画『光の惑星』という未来(2011年)の全貌(音声付きフルバージョン)は、円盤の特典DISKに収録されている。

芳山あかり(仲 里依紗)が笑えば笑いたくなるし、彼女が泣けば泣きたくなるほど感情移入した。

1970年代の様子が再現されていて、ノスタルジーに浸れる。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
Don-chan(Daisuke.Y)

3.0何だか心地よい作品

2023年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

まず主演。アニメ映画版の主演の仲里依紗で驚きました。
しかも凄い合っているんですね、このキャスティングは本当良かったです。
こちらもアニメ版と同じくオリジナルストーリー。
オープニングから惜しげもなく、オリジナルの主題歌を使ってきましたね。
舞台が昭和で、その再現された部屋や街並みが良い感じです。
その他小物の集め方がハンパなくて、そっちばかりに目がいってました。
あまりタイムリープ感がなく、何だか終始ノスタルジックな落ち着いた作り。
やはりというか、仲里依紗の可愛さだけが印象に残ってしまいました。
それでも何だか心地よい作品ではありました。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
白波

2.0アニメ版とは違う、原作その後

2023年2月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

夢を壊された…

まー、ヒドイです。

コントみたいな演技、コメディ風な作風…

序盤10分ぐらいは特にヒドイ、マジでコントみたいで、早々と観るの、やめようかと思った…

絶句した(苦笑)

なんで、こんなコメディタッチなの?

20~30点ぐらい。

脚本は、概ね良いです。

役者は、石橋杏奈さん、青木崇高さん、石丸幹二さん、は良いです。

それ以外は、

演出、演技、キャスティング、いきものがかり、基本的に全部ダメです。

低評価!!!!!

コメントする (0件)
共感した! 1件)
RAIN DOG

3.5昭和ノスタルジー

2021年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1974年の人に今年何年て聞いたら、ほぼ「昭和49年」と答えますねwww
この作品、とにかく当時のセット、小道具ばかりに目が行ってしまいます。
あぁこんなかなぁとか、これはちょっと後の時代とか、デフォルメされてるなとか、、、
いやいやよく集めてきたなぁとか、ロケ場所を探してきたなぁとか、セット作たなぁとか、
楽しませてもらえました。
昭和49年だとノストラダムスの大予言が出てたので、2010年から来たっていったら、「生き残ってたんですか?」と言われそうwww

コメントする (0件)
共感した! 1件)
流れ星3秒
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「時をかける少女」シリーズ関連作品