桐島、部活やめるってよ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
桐島、部活やめるってよ
25%
42%
24%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

早稲田大学在学中に小説家デビューし、第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が映画化した青春群像劇。田舎町の県立高校で映画部に所属する前田涼也は、クラスの中では静かで目立たない、最下層に位置する存在。監督作品がコンクールで表彰されても、クラスメイトには相手にしてもらえなかった。そんなある日、バレー部のキャプテンを務める桐島が突然部活を辞めたことをきっかけに、各部やクラスの人間関係に徐々に歪みが広がりはじめ、それまで存在していた校内のヒエラルキーが崩壊していく。主人公・前田役に神木隆之介が扮するほか、前田があこがれるバトミントン部のカスミを「告白」の橋本愛、前田同様に目立たない存在の吹奏楽部員・亜矢を大後寿々花が演じる。第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞の3部門を受賞した。

2012年製作/103分/G/日本
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

受賞

優秀作品賞  
優秀監督賞 吉田大八

ノミネート

優秀脚本賞 喜安浩平 吉田大八
新人俳優賞 橋本愛
新人俳優賞 東出昌大
話題賞 作品部門/俳優部門  
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

映画レビュー

3.0ハードルあげすぎた

marさん
2019年12月2日
PCから投稿

これから見るよって人に知ってほしいのは
「最後まで『桐島』はでてきません」ってこと。

みんなが認めるカリスマっていうか人気者っていうか
まぁ要は学園ヒエラルキーの頂点にいる奴が「桐島」なんだけど
部活やめる=転落するって意味なのか?って疑問が最後まで残っちゃった。
なんで皆そんな必死に「きりしまきりしま」言ってんの?と。
特にラストシーンのくだりあたり、バレー部ごときがイキってんじゃねーぞ、と。

キャストでいうと神木くんの存在感はやっぱり図抜けていて、
ラストシーンがすごく良かった。
良いこと言ってんだけどパッとしない感じっていうか。
そういや野球部の先輩はいい味だしてたな。

ストーリーテリングの手法としては斬新だと思うけど
面白いかどうかっていうのとは別問題。
まぁ全体的に期待しすぎちゃったかなっていう感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mar

0.5だめです

2019年10月30日
PCから投稿

原作がだめなんで自然と映画もだめでした。
演技は身の丈に合ったそれなりのものでしたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0タランティーノならどの作品が好き?

kossyさん
2019年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 前半は編集の勝利!個々の視点から金曜日の出来事を撮っていて、その金曜日が何度も繰り返す。途中からは普通の群像劇。

 桐島本人は登場しないが、彼を取り巻く部員や親友、恋人など、様々な思惑がかけめぐるが、中心となっている菊地(東出)と、イケてるグループとは別の映画部がいい。冴えない中にあっても学園生活を謳歌して映画制作に没頭する姿。ゾンビ映画を撮ることにはなったが、ロメロへの熱い思いや映画全てへの愛が感じられる。「タランティーノならどの作品が好き?」「人がいっぱい死ぬやつ」「どの映画もいっぱい死んでるんだけどな」という会話がいい(笑)。映画館で観ていたら思いっきり笑ったに違いない・・・

 しかし、基本のストーリーは盛り上がらない。学園生活の雰囲気をリアルに描いてはいるものの、事件らしい事件が存在しないのだ。恋人や親友なら“桐島”の存在は大きかったのだろうけど、それが映画部まで伝わらないし、菊地に片思いする大後がちょっと弱い。なぜこんなに評価が高いのか理解できない・・・まだまだ映画を観なければ。と、自分の感性の低さも露呈。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

5.0桐島はどこにいる

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

萌える

この映画は、
登場人物の誰に感情移入できるかに因って、
感想意見が大きく異なる作品だと思うが、
誰もがこの中の高校生活を実体験したわけではなく、
あくまでも典型であるだけで、あるあるではない。
それを踏まえて、自分には感情移入できる人物はいなかった。
強いて言うなら、
イケてる帰宅部3人に対する劣等感をもの凄く感じる、
目立たないクラスメイト、というところか。
高校生だから異性に興味ビンビンで当然なんだけど、
それ以前に学生である本分、
勉強や部活への真面目さを前提に、いや「言い訳」に、
「けっ、女なんて」と嘯く自分に腹立たしくなる。
この「童貞感」を痛烈に思い出させる作品でした。

同じ時間軸を違う視点で何回も描く作りが、
「告白」に似てるかな。
台詞が少ない分、この同じ場面の違う重ね方で
分かる様に作られてるのが上手いなと。
それもこれも、演者陣の演技力、まあ割と等身大の役でもあるが、
脚本の要望に応えた役者陣も貢献大です。

神木くん(前田)は主役だが役が役だけに目立たない。
それがいい。映画部の肩身の狭さが出てる。
宏樹もいい。桐島がいなくなってからの動揺っぷり、
露骨じゃなくてじんわり揺れてる。
そして前田との邂逅で…、何かに気付く。
一番好きなのは、宏樹に執拗に試合を勧めてた、
野球部のキャプテン。
「ドラフト、終わるまではなぁ」この台詞は重い。
かすみ(橋本愛)その他の女子メンバーの割り切れない感じ。
これはリアルなのかも知れないが、これも重い。
女子だけのシーンは気分悪くなる。
吹奏楽部部長のシーンも、分かるけど気分悪い。

基本的にテンション上がるとか、
高揚感あるとか、そういう映画ではないですが、
高校生ばかりなのに甘酸っぱさゼロの、
残酷性剥き出しな、青春群像劇。
「ヒエラルキー」というより「住み分け」。
「国家が違えばルールも違う」的な。
自分たちが‘イケてる’と思ってるヤツ同士も方が
やたらと気使ってるのに対して、
そんなこと考えてもない奴らも方が、
気兼ねなく話してるのとか、まさにそうだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
クリストフ
すべての映画レビューを見る(全230件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「桐島、部活やめるってよ」以外にこんな作品をCheck-inしています。