桐島、部活やめるってよ インタビュー: 19歳にして本格派、神木隆之介がたどり着いた境地

ホーム > 作品情報 > 映画「桐島、部活やめるってよ」 > インタビュー > 19歳にして本格派、神木隆之介がたどり着いた境地
メニュー

桐島、部活やめるってよ

劇場公開日 2012年8月11日
2012年8月10日更新
画像1

19歳にして本格派、神木隆之介がたどり着いた境地

いつの間に見る者の心をこんなにざわつかせる役者になったのだろう。神木隆之介は“成長期”などという枠に収まりきらない変貌を遂げ続ける。連続ドラマから映画にもなった「SPEC」で、クールを通り越して爽やかさすら感じさせる笑みをたたえながら殺人に手を染めていく青年を演じ、これまでのイメージを大きく塗り替えたが、間もなく公開となる映画「桐島、部活やめるってよ」では等身大のさえない男子高校生の姿を通じて瑞々しく、甘く、そして残酷な刺激を発信する。高校生活最後の冬に撮影された本作で、己と向き合ったという神木がその先に見たものとは何だったのだろうか。(取材・文・写真/黒豆直樹)

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社 (C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社 [拡大画像]

原作は朝井リョウ氏が早稲田大学在学中に発表し、新しい時代の青春群像劇として衝撃をもって受け止められた同名小説。バレー部のキャプテンを務める、学校の“スター”桐島の突然の退部をめぐるウワサに端を発し、同じ学校にいながらも全く異なる立場にいる学生たちの内面が浮かび上がっていく。

誰が決めたわけでもないのに、厳然と校内に存在するヒエラルキー。神木が演じる映画部の学生・前田は、いわばその最も“下”の層にいるが、カメラを通して果敢に世界に戦いを挑む。「演じている最中は一心に前田になりきって、前田として相手の言葉に何を感じ、どう反応するか。ただそれだけを考えていた」と語る神木。だが、改めて完成した作品を見た時に感じたのは「これまでに感じたことがないような激しい痛み」だったという。

「正直、見ていて苦しかったです。僕自身が逃げていたことに対して『こっちを向け』と言われているような気がしました。学生の頃は楽な方に逃げて、自分と向き合うことを避けていたところがあったと思います。特に今回の撮影中はまだ高校生で、完成した作品を見たのはちょうどこの春に卒業して社会人になったタイミングだったこともあり、余計そう思ったのでしょうね。『よし、これから頑張ろう』って気持ちでいながら、どこかで逃げたままの自分を無意識にズルズルとひきずっていて、そんな時にガチっと首をつかまれて正面を向かされたような……。逃げたままでいることもできたろうし、この作品に出合わなければそのままだったかもしれないけど、いまは『いつか向き合わなきゃいけないことだったんだ』と思えます。本当に怖かったですが(苦笑)」

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社 (C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社 [拡大画像]

桐島は、前田にとって対極に位置する存在。何でもソツなくこなす人気者の桐島の方が、どちらかと言えば周囲が抱く神木のイメージに近いと言えるだろう。神木は「多才で万能タイプではあるけれど、彼自身は決して自分がすごいなんてことを意識してなかったんじゃないか」と分析する。周囲の視線をよそに、桐島は友人や恋人に相談せずにバレー部を退部するが、神木自身、長年にわたり天才ともてはやされてきた。そういった現実から、全てを捨てて逃げたいと思うことはなかったのだろうか。そんな問いに、神木は迷いの色を見せずに「それはなかったです」と言い切る。

「というのも、僕には仕事とは別の場所として学校があって、そこに行けばごく普通の一人の生徒だったので。何よりありがたいことに、周囲も学校では俳優の神木隆之介としてではなく、ごく普通に接してくれた。そういう環境でなければ、誰も自分を知らない遠くに行きたいと思ったかもしれません。仕事に関しても小さい頃からとにかく楽しかったんです。撮影現場が楽しいということに始まり、役になりきることが楽しいというところにステップしました。最近は、役を知ることで自分とは違う人物がどんどん自分に近いものになっていくという楽しさを感じるようになりました」

クライマックスの屋上でのシーンでは、これまで交わることのなかった“階層”の生徒たちが交錯し、前田の言葉をきっかけにそれぞれに抱えてきた思いを爆発させる。「原作のこのラストシーンに感動し、ここにたどり着くためにそれまでのシーンを積み上げてきた」とは、メガホンをとった吉田大八監督。神木はこのシーンが語りかけるものをこんな言葉で表現する。

「学校という閉鎖された空間で、この時だからこその葛藤というのを誰もが持っている。16歳、17歳、18歳の高校生活の頃というのは、将来のことや物事についてもう考えている人、まだ何も考えてない人、少しずつ気づき始めている人が混在してバランスが崩れ始める時期。見る人によっていろんな解釈があるけど、いま自分がどこに立っているのか? これから自分がどうするのか? と考えるきっかけを与えてくれると思います。その意味で“希望”を描いているとも言えるかもしれませんね」

神木もまた、希望を胸にこれから出会うであろう新たな自分に思いを馳せる。これから演じてみたい役を尋ねると、屈託のない笑みとともにこんな答えが返ってきた。「サラリーマンをやってみたいですね。同世代に社会人1年目で働いている人もいますが、社会に出て働く男を演じてみたいです。スーツも着たいし、学生とはまた違った制服を着てみたいなとも思います」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

格差社会の縮図としての高校生活を冷酷かつリアルにすくいとった作品
映画評論

一見、穏やかな週末の金曜日、バレーボール部のキャプテンで学内の人気者の桐島が部活をやめたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島とは誰なのか。映画は、その金曜日のエピソードを、キューブリックの「現金に体を張れ」以来、お馴染みとなった、主...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全225件)
  • 原作と違いすぎる 原作を見た後に映画をみたが、内容が意味不明だった 父親にあらすじを聞かれても説明できず、見たほうが早いと見せたら、父親からも「なるほど、確かにあれは説明できないな。意味わからん」と言われた ... ...続きを読む

    SAKURA SAKURAさん  2019年4月11日 17:18  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 良くわからない映画 評判がいいから観たのですが、良くわからない映画でした(笑)。 ...続きを読む

    hide1095 hide1095さん  2019年4月5日 17:46  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 良い 高校時代を思い出した。カースト上位も、下位もお互いを羨ましく思うこともあるし、それぞれ違う悩みを抱えながら高校生活を送ってるのだと思った。 ...続きを読む

    し さん  2019年3月8日 01:13  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー キングダム “ハマり役”を超えた“役への没入” 山崎賢人&吉沢亮&大沢たかお「キングダム」で見た天下統一の夢
  • インタビュー 多十郎殉愛記 高良健吾、30代最初の主演作で体得した収穫と課題 “活動屋”の魂を追い求めて…
  • インタビュー 九月の恋と出会うまで 運命は変えられるのか? 高橋一生&川口春奈が初共演「九月の恋と出会うまで」で問う
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報