桐島、部活やめるってよ : 映画評論・批評

桐島、部活やめるってよ

劇場公開日 2012年8月11日
2012年7月31日更新 2012年8月11日より新宿バルト9ほかにてロードショー

格差社会の縮図としての高校生活を冷酷かつリアルにすくいとった作品

一見、穏やかな週末の金曜日、バレーボール部のキャプテンで学内の人気者の桐島が部活をやめたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島とは誰なのか。映画は、その金曜日のエピソードを、キューブリックの「現金に体を張れ」以来、お馴染みとなった、主要人物の視点を変えて何度も反復するスタイルで描き出す。その巧みな語り口によって、浮かび上がるのは、ありふれた高校生活の中で、帰宅部と運動部、文化部などさまざまに細分化されたグループによってゆるやかに形成された不可視なヒエラルキーの存在である。

たとえば、桐島に象徴される<上位>グループと、ゾンビ映画を製作しているオタクな映画研究部に代表される<下位>グループは、同じクラスメートでもまったくお互いに眼中になかったりする。ただし、さりげない科白、眼差し、身振りを通して、彼らが密かに抱えている恋愛、欲望、友情、反目、嫌悪などのエモーションが垣間見えるだけだ。格差社会の縮図としての高校生活のディテールを、これほど冷酷に、リアルに、微苦笑をもって繊細にすくいとった作品は、近年、稀だろう。

その虚の焦点である桐島の不在がきっかけで、上位から下位に至るグループが三つ巴となり、束の間、学校の屋上が、祝祭空間へと変貌するクライマックスは、自主映画世代ならではの稚気溢れる映画愛の噴出として永く記憶されるだろう。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で才気のきらめきを見せたものの、その後低迷気味だった吉田大八監督は、本作で紛れもなく<大化け>したといっていい。

高崎俊夫

関連コンテンツ

インタビュー

19歳にして本格派、神木隆之介がたどり着いた境地
インタビュー

いつの間に見る者の心をこんなにざわつかせる役者になったのだろう。神木隆之介は“成長期”などという枠に収まりきらない変貌を遂げ続ける。連続ドラマから映画にもなった「SPEC」で、クールを通り越して爽やかさすら感じさせる笑みをたたえながら...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全226件)
  • 何度でも繰り返し観たくなる リアルな描写に実体験を重ねて観られてる方が多いですね。私もソノクチです(笑)。スクールカーストをわかりやすく描くことで、ラストの屋上シーンの意味を際立たせていますね。ただ、前田君なんかは映画部の... ...続きを読む

    ぱぶりっく・まいんど ぱぶりっく・まいんどさん  2019年4月20日 11:04  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 原作と違いすぎる 原作を見た後に映画をみたが、内容が意味不明だった 父親にあらすじを聞かれても説明できず、見たほうが早いと見せたら、父親からも「なるほど、確かにあれは説明できないな。意味わからん」と言われた ... ...続きを読む

    SAKURA SAKURAさん  2019年4月11日 17:18  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 良くわからない映画 評判がいいから観たのですが、良くわからない映画でした(笑)。 ...続きを読む

    hide1095 hide1095さん  2019年4月5日 17:46  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報