劇場公開日 2012年8月11日

  • 予告編を見る

桐島、部活やめるってよのレビュー・感想・評価

3.6236
25%
42%
24%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全236件中、1~20件目を表示

3.0学校生活なんてこんなもん

tomoさん
2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿

桐島が部活辞めたってだけで、こんなに描けてすごいと、単純に思った。

山場とかないから、これで終わりか??ってなったけど、なんとも言えない余韻にはひたれる。

橋本愛がかわいい♡

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

4.5かすみ、ジョゼと虎と魚たち、観てるってよ

琥珀さん
2020年5月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まずは、原作から。

『ひかりが振り返って、俺を照らした。』

宏樹(東出)が映画部の二人に8ミリビデオのキャップを渡そうと声を掛け、前田が振り返った場面の宏樹の表現です。

これについて監督は、原作本(文庫)の解説で、次のようなことを書いています。

「この一行ですっかり持って行かれたが、はたして映画でその〝ひかりそのもの〟を描くことができるだろうか。」

いやいや、監督、よくぞ、プレッシャーに負けず、こんなにも鮮やかに仕上げてくれました。心から敬意を表します。

原作は、かすみの中学時代(前田との映画を媒介とした交流あり)のほか、宏樹(スポーツ万能、一応野球部)、風助(今までは桐島の控え)、亜夜(吹奏楽部部長)前田(映画部部長)実果(原作では文武に秀でた亡き姉に複雑な劣等感を抱える)、それぞれの物語がそれぞれの視点で描かれ、独立した章となっています。

風助は、桐島と同じポジションのリベロ(ひとりだけ色や柄の違うユニフォームを着てる人)。いつも控えでベンチにいるが、キャプテンの桐島からどうだった?とアドバイスを求められるほど、よく試合を見ている。

実は、風助も人並み以上のいい選手。
『桐島は選手を、コートを誰よりも見られる立場でプレイしていたけれど(中略)、その桐島を含めてチームを見ることができたのは俺だった』
風助はそんな自負を持ちながらも、いつも自分の先を行く桐島を追いかけていた。桐島がいなくなったことは、前途への道標をなくした不安と、視界が開けたような清々しさが入り混ざる複雑な気持ちをもたらしたのだった。

ここからは映画の話。

原作では、実果と風助の接点は無いが、映画では、
その風助を誰よりも理解し共感する、ある種の同志として、実果の存在がとても重要な役割を果たす。
梨紗、沙奈、かすみ、実果の4人がベンチに揃った場面。
彼氏であるはずの桐島との連絡が取れずイラついてる梨紗と沙奈(松岡茉優さんのビッチぶりがこれまた素晴らしい❗️)の会話を聞きながら、実果が笑顔とも言い切れない本当に微かな一秒程度の薄笑いを浮かべ、沙奈たちとの価値観とは決して相入れないことを鮮やかに表現してみせる。そして、かすみとの関係性の中で垣間見せる内面の葛藤。
イケテル〝上位〟グループに所属していることの優位性だけに依存して、実は何者でもない沙奈や梨紗。
ダサくてカッコ悪くても、桐島という幻影に追いつこうともがいている風助に、亡き姉という幻影を追いかける自分を投影させる実果。

〝上位〟グループに気を遣いながらも、自分と向き合い続ける実果とそれを見守るかすみ。
上位グループの頂点にいるはずなのに、説明できない居心地の悪さを感じ続ける宏樹。
その宏樹に、ひかりの在りかを覗かせた前田たち映画部。

受け止め、感じるだけでいい青春映画の傑作です。

【付録】
原作小説に出て来る映画。

百万円と苦虫女
TOKYO
メゾン・ド・ヒミコ
めがね
打ち上げ花火
花とアリス
リリィ・シュシュのすべて
きょうのできごと
チルソクの夏
ニライカナイからの手紙

※ジョゼと虎と魚たち

→この映画はかすみが一番好きな映画(14歳時点)で5回も出てきます。もちろん、前田も好きで、中学時代放送部で、昼休みに紹介してました。

前田は蒼井優さんが、副部長は犬童一心監督と岩井俊二監督と真木よう子さんが好きなのです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
琥珀

4.0エンドロールが気持ちいい

2020年5月20日
Androidアプリから投稿

汚くても、ダサくても、臭くても、泥まみれでも、かっこ悪くても、
好きなものを笑顔で語れる。
好きなものに今を投じられる。

かっこいいとはこういうことさ。(紅の豚風)

荒削りでも、迷いがあっても、不完全でも、負けが見えてても、形にしようとする行為が大事なんだね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
19歳®︎

4.0桐島の不在に翻弄される、いわゆるスクールカースト=体育会系若しくは...

はむさん
2020年4月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむ

4.5桐島、前田、菊池

ぐちさん
2020年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぐち

4.0共感

てむさん
2020年2月19日
iPhoneアプリから投稿

誰しもが高校生の頃に感じた空気をこの映画に上手く投影したと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
てむ

1.5桐島出てこい!

2020年1月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アッサム

3.0ハードルあげすぎた

marさん
2019年12月2日
PCから投稿

これから見るよって人に知ってほしいのは
「最後まで『桐島』はでてきません」ってこと。

みんなが認めるカリスマっていうか人気者っていうか
まぁ要は学園ヒエラルキーの頂点にいる奴が「桐島」なんだけど
部活やめる=転落するって意味なのか?って疑問が最後まで残っちゃった。
なんで皆そんな必死に「きりしまきりしま」言ってんの?と。
特にラストシーンのくだりあたり、バレー部ごときがイキってんじゃねーぞ、と。

キャストでいうと神木くんの存在感はやっぱり図抜けていて、
ラストシーンがすごく良かった。
良いこと言ってんだけどパッとしない感じっていうか。
そういや野球部の先輩はいい味だしてたな。

ストーリーテリングの手法としては斬新だと思うけど
面白いかどうかっていうのとは別問題。
まぁ全体的に期待しすぎちゃったかなっていう感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar

0.5だめです

2019年10月30日
PCから投稿

原作がだめなんで自然と映画もだめでした。
演技は身の丈に合ったそれなりのものでしたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0タランティーノならどの作品が好き?

kossyさん
2019年9月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 前半は編集の勝利!個々の視点から金曜日の出来事を撮っていて、その金曜日が何度も繰り返す。途中からは普通の群像劇。

 桐島本人は登場しないが、彼を取り巻く部員や親友、恋人など、様々な思惑がかけめぐるが、中心となっている菊地(東出)と、イケてるグループとは別の映画部がいい。冴えない中にあっても学園生活を謳歌して映画制作に没頭する姿。ゾンビ映画を撮ることにはなったが、ロメロへの熱い思いや映画全てへの愛が感じられる。「タランティーノならどの作品が好き?」「人がいっぱい死ぬやつ」「どの映画もいっぱい死んでるんだけどな」という会話がいい(笑)。映画館で観ていたら思いっきり笑ったに違いない・・・

 しかし、基本のストーリーは盛り上がらない。学園生活の雰囲気をリアルに描いてはいるものの、事件らしい事件が存在しないのだ。恋人や親友なら“桐島”の存在は大きかったのだろうけど、それが映画部まで伝わらないし、菊地に片思いする大後がちょっと弱い。なぜこんなに評価が高いのか理解できない・・・まだまだ映画を観なければ。と、自分の感性の低さも露呈。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

5.0桐島はどこにいる

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

萌える

この映画は、
登場人物の誰に感情移入できるかに因って、
感想意見が大きく異なる作品だと思うが、
誰もがこの中の高校生活を実体験したわけではなく、
あくまでも典型であるだけで、あるあるではない。
それを踏まえて、自分には感情移入できる人物はいなかった。
強いて言うなら、
イケてる帰宅部3人に対する劣等感をもの凄く感じる、
目立たないクラスメイト、というところか。
高校生だから異性に興味ビンビンで当然なんだけど、
それ以前に学生である本分、
勉強や部活への真面目さを前提に、いや「言い訳」に、
「けっ、女なんて」と嘯く自分に腹立たしくなる。
この「童貞感」を痛烈に思い出させる作品でした。

同じ時間軸を違う視点で何回も描く作りが、
「告白」に似てるかな。
台詞が少ない分、この同じ場面の違う重ね方で
分かる様に作られてるのが上手いなと。
それもこれも、演者陣の演技力、まあ割と等身大の役でもあるが、
脚本の要望に応えた役者陣も貢献大です。

神木くん(前田)は主役だが役が役だけに目立たない。
それがいい。映画部の肩身の狭さが出てる。
宏樹もいい。桐島がいなくなってからの動揺っぷり、
露骨じゃなくてじんわり揺れてる。
そして前田との邂逅で…、何かに気付く。
一番好きなのは、宏樹に執拗に試合を勧めてた、
野球部のキャプテン。
「ドラフト、終わるまではなぁ」この台詞は重い。
かすみ(橋本愛)その他の女子メンバーの割り切れない感じ。
これはリアルなのかも知れないが、これも重い。
女子だけのシーンは気分悪くなる。
吹奏楽部部長のシーンも、分かるけど気分悪い。

基本的にテンション上がるとか、
高揚感あるとか、そういう映画ではないですが、
高校生ばかりなのに甘酸っぱさゼロの、
残酷性剥き出しな、青春群像劇。
「ヒエラルキー」というより「住み分け」。
「国家が違えばルールも違う」的な。
自分たちが‘イケてる’と思ってるヤツ同士も方が
やたらと気使ってるのに対して、
そんなこと考えてもない奴らも方が、
気兼ねなく話してるのとか、まさにそうだな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
クリストフ

4.0青春群像劇

さん
2019年5月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鯨

5.0何度でも繰り返し観たくなる

2019年4月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

リアルな描写に実体験を重ねて観られてる方が多いですね。私もソノクチです(笑)。スクールカーストをわかりやすく描くことで、ラストの屋上シーンの意味を際立たせていますね。ただ、前田君なんかは映画部の部長だし、”おまた〜”の子よりは絶対モテる(意中の子は振り向かないけど)。実は彼女がいるってタイプに見えます。そういう想像をかきたてられるのもこの映画の良さかな。「スクールカースト?なんでそんなもん気にしてんだよ!お前らはまだ何者でもねーだろーが」みたいな感じが裏テーマなのかも?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぱぶりっく・まいんど

0.5原作と違いすぎる

SAKURAさん
2019年4月11日
スマートフォンから投稿

悲しい

原作を見た後に映画をみたが、内容が意味不明だった

父親にあらすじを聞かれても説明できず、見たほうが早いと見せたら、父親からも「なるほど、確かにあれは説明できないな。意味わからん」と言われた

そもそも原作では短編集だから、一人一人が主人公になる
だからそのキャラの心理描写がしっかりと書き込まれていて、わかりやすい

それを1つにまとめてしまい、その中で主人公を決めてしまったから わけがわからなくなったんだよ

それぞれ違ったドラマがあり、それはつながっているようでつながっていない
それを一緒くたにすると、話がわからなくなる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SAKURA

3.5良くわからない映画

hide1095さん
2019年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

評判がいいから観たのですが、良くわからない映画でした(笑)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095

4.0良い

さん
2019年3月8日
スマートフォンから投稿

悲しい

楽しい

高校時代を思い出した。カースト上位も、下位もお互いを羨ましく思うこともあるし、それぞれ違う悩みを抱えながら高校生活を送ってるのだと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
し

2.0意味不明

2019年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

寝られる

後半はまぁまぁで青春の香りとレゾンデートルを考えさせられるけど・・まぁ騒ぐような映画かな?頭でっかちな感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

4.5辛いけど。

Megumiさん
2019年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

刺さりすぎて辛かった。
これは私の映画。
終盤、前田と宏樹のシーンでどうしようもなく泣けてしまって。認めたくないけど自分が隠し持っていた気持ちを認めざるを得なくなったというか。
前田がかっこよくて羨ましくて、じゃあ自分はどうなんだろう?と考えて悲しくなる。
すごい映画だった。
高校の雰囲気もリアルすぎて辛い。イケてる組と体育会系とか、文化部のあの独特の雰囲気とか…なんであそこまで生々しいの。自分の暗黒時代を思い出しちゃうよ!笑
グサグサきて辛くもなったけど、希望もくれた気がする。大切な一本です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Megumi

4.0朝井リョウ、最高。

tamaさん
2019年1月26日
iPhoneアプリから投稿

原作を読んでからDVDで鑑賞。
原作が面白かったので、映画も楽しめた。ただ、原作読んでなかったら、少し意味わからないかもってところがあったかな。
神木くんがぴったりすぎる。
本当良い作品でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tama

4.0青春はヒエラルキーと共に…

2019年1月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
しゅうへい(syu32)
「桐島、部活やめるってよ」の作品トップへ