時をかける少女(2006)のレビュー・感想・評価

時をかける少女(2006)

劇場公開日 2006年7月15日
105件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

まさに青春‼️私も時をかけたい😆

もしも、あの時に戻れるなら、、、

そんなことを何回思った事があるでしょうか?

この映画は、私をドキドキさせてくれる映画で、「高校生にもどりたいなぁーーー!!」って、思わされる映画でもあります♪

友情、そして、甘酸っぱい恋、
おっちょこちょいだけど全力な主人公に共感できます!!

タイムトラベル系の話は個人的にとっても好きで、今起きてる事は全て自分選択によって、起きてる事なんだと深く思わされます!!

現実の世界では、やり直せないからこそ、常にベストを尽くす事が大事だと思いました🌟

そして、この現実世界にも、もしかしたら過去と未来を行き来している人がいるかもしれないと思うものワクワクしますね✨

これからの時期、そして夏に是非見て頂きたい映画です🎬

渕上真希
渕上真希さん / 2019年4月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱりラベンダーの香りであってほしかった

この作品でいうタイムリープのシーンの美しさ、主人公のジャンプシーンとかアニメ版ならでは美しさ。ちょっと酸っぱい良質の青春映画だった。
原田知世版が懐かしく見たくなった。尾道じゃなくてもやっぱり坂道が似合う映画だった。

bluetom2000
bluetom2000さん / 2019年3月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

せつない

夏が大好きになる映画です

さくさく
さくさくさん / 2019年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

未来で待ってる

細田守監督作品はやっぱりこれが一番!
作画、脚本、音楽、声優、すべて素晴らしくて、映画一本を通しての明るい郷愁的雰囲気がたまらないです。

夏、青春、タイムリープ。この3つのワード強いです!笑
ベタにみえるけど、あんまりくどくない。
真琴の必死に走るシーンが、息遣いがリアルに伝わるようで大好きです。
名台詞も、大好きな場面も、記載するまでもないですが、めちゃくちゃ良い作品です。
時代が変わってもずっと観続けられていく作品であってほしい!

mnb93
mnb93さん / 2019年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私の中では細田監督No.1作品です

作画、ストーリー、音楽、声優、すべてにおいて素晴らしい❗

残念ながら、他の細田監督作品をすべて鑑賞しましたが、この作品以上に感動できるものはありませんでした…(個人的な感想です)。

夏になると観たくなる作品です。

とうた
とうたさん / 2018年12月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつか他の誰かを好きになっとしても、あなたは特別で大切 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

旧作は歌ぐらいしか覚えてなくて、
あんまり印象になくて、
リメイクの本作を
いいという人がいるのでDVDで
観賞しました。

ノスタルジックな思いで
見ていたのですが、

途中からは、話に引き込まれて
エンディングソングの歌詞の
言葉選びが素敵で驚きました。

見て良かった。

この作品は、タイムリープによる
青春物語だけではなくて、

時をこえて
思いを伝える物語でした。

主人公の真琴が
千昭に対して思う友情が、
ゆっくり恋愛に変わっていく。

なにげない日常が、
特別な日々へと
価値観が変わっていく様子が
いいです。

価値観が変わるきっかけは、
ある出来事からなんですが

それを、知ることで
真琴は、
自分の将来にむけた役割と
時間を超えて届けたい思いを
見つけます。

そういえば、

エンディングソングの
ガーネットという曲名は、
作詞作曲の奥華子さんが
石言葉の友情から決めたみたい。

恋の歌なんだけど、
その根っ子にある友情を
パラフレイズするところが
素敵というか、いいなーと。

好きという気持ちが分からなくて
二度とは戻らないこの時間が
その意味をあたしに教えてくれた🎵

あなたと過ごした日々を
この胸に焼き付けよう
思い出さなくても大丈夫なように
いつか他の誰かを好きになったとしても
あなたはずっと特別で 大切で
またこの季節が めぐってく~🎵

この曲は、
初恋の人への
こころのしまっておく場所を
上手く表現してるなぁ…

あと、
原作の芳山和子が主人公の
親戚として登場してます。
実写では原田知世の役です。
本作では違う声優でした。

彼女は、未婚で未来に現れる人を
待ち続けているという設定で

これは、
タイムリーパーが時間を超越した
恋愛のさだめを背負うことを
ほのめかしています。

真琴もそういう運命に
なることを、示していたことに、
最後に気付きました。

作中を通じて意識する時間は、
一方通行なだけに、
今を大切にしたいと思いました。

すごい
いっぱい詰まった作品でした。

知らずに通りすぎなくて
ラッキーでした。

くり
くりさん / 2018年10月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

改めてもう一回見たいと思う

タイムリープとか未来の話とかモヤモヤすることはあるけど、最後はほっこりニヤッとさせられた

評判程は心動かされなかった

Daiki Sugiyama
Daiki Sugiyamaさん / 2018年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いろいろと考えられていて、深い内容のストーリー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・終盤の展開にはビックリした。
・タイムリープの経験により、人として成長していく姿が魅力
・誰かが得をしたら、その分誰かが損をすること…。当たり前の条理だけど、いろいろ考えさせられた。

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春映画として楽しむ

今更ながらの鑑賞。
原田知世の「時かけ」を観た世代としては、斜に構えていた。オリジナルをどうやって変えてくるんだい?と。でも、現代的なアレンジも加えつつ、原作のいいところは残した、いいリメイクだった。青春映画として評価が高いのもわかる。
それでも腑に落ちないところもいくつか。タイムリープを使い果たす前に戻るという考えと、時間が止まる設定と、未来では自由にタイムリープできるという設定。えー!そんなんある?

kenshuchu
kenshuchuさん / 2018年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはり良い

恋愛、それを超える友情。目から汗が。

マッサ
マッサさん / 2018年8月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今風の時かけ

原作の20年後が舞台。
細田守監督による『時をかける少女』

最初はそんなに良いとは思わなかったけど、見る度にだんだん好きになってくる。
とにかく終盤の流れはお見事(^^)b
心が揺さぶられる。

さらに、奥華子の挿入歌、エンディングがこの作品をワンランク上に押し上げてる(^^)b

ただ、芳山和子の声は、できることなら原田知世にやって欲しかった~(^_^;)

n.yamada
n.yamadaさん / 2018年8月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイムリープ、苦手

タイムリープ何回も起きて頭が柔軟でないおばさんにはちょっと苦手意識あり。アニメもあまり好んでは観ないけど、ストーリーはとてもよく出来ていて、めでたしめでたしではないんだけど、希望の持てる、切ないエンディングがかえって印象的で好感が持てた。

Sheeta
Sheetaさん / 2018年8月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはもうかなり好き昔から好き。 歌もいい。 でもチアキ、未来で待...

これはもうかなり好き昔から好き。
歌もいい。
でもチアキ、未来で待っててもその頃にはもうババアかもしれんで!
チアキ高校生でマコトババアとか無理やろ!
と〜き〜を〜、かける少女〜
愛は〜、輝く船〜

ハル
ハルさん / 2018年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

細田監督の映画、やっぱり好き。

失って初めて気付く大切なもの。
でも失うまではなかなか気付けない。

なんて考えちゃいました。

まことの一生懸命さに、心動かされたな。

きゃな
きゃなさん / 2018年7月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

細田守作品の中では一番好き。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作も読んだし、古いドラマも見てた。見てるからこそ面白みが増した。この主人公はかつての主人公とは違うが、叔母にあたる人がかつての主人公だった。叔母の昔の写真が映った時、ちょっと感動してしまった。初めて見たときは、まさかちあきが未来人とは驚いたけど、2回目からはまあそれしかないか‥と。かつての主人公もケンソゴルと想いあっていたわけで。タイムリープの仕組みも分かりやすくなっていて、現代的な感じがした。何よりも仲里依紗がうまかった。

いつこ
いつこさん / 2018年7月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

棒読み・・・(´・ω・`)

細田守監督の名を一躍世に広めた作品ですが・・声優がちょっとなぁ・・w
すべてが棒読みってわけでは無いのですが
冒頭からちょっと引っかかります・・(´・ω・`)
芸能人の声優起用って好きじゃないんですよ・・ほんと・・。。
神木隆之介クンや、中村獅童さんみたいに上手な人もいますけどね・・。
真琴と千昭の声が・・違和感ありまくり。。
特に千昭ww

でもストーリーは最高に好き!
青春って感じだし、後半は切なくて泣けるぅ~~。
そして最後キスすんのかと思ったら・・・
めっちゃ希望でたw
素敵な終わり方・・(´∀`*)キュン死だゎw

声優さんを起用してほしかったなぁ。
芸能人ってだけで話題作りはしないで欲しいし
オファーなのかオーディションか知らないけど、オーディションで起用してるなら
正直ドン引きだね。

そういえば黒島結菜さん×菊池風磨クンのドラマverも見たけど
面白かったよね♫
ほんとよく出来た作品だと思います(*^_^*)

▼・ᴥ・▼ marron
▼・ᴥ・▼ marronさん / 2018年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか深い内容でした。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

⤴いろいろと考えられているストーリー
⤴終盤の展開にはビックリ
⤴タイムリープの経験により人として成長していく所が魅力

いのくん
いのくんさん / 2018年7月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チン(椿)説!絵のモデルは角川春樹だった。

原作者の筒井康隆もそう認めた“本当の意味の二代目”がこの続編アニメ『時かけ』だそうな。回数制限付タイムリープや原作主人公芳山和子(原田知世ではなく原沙知絵)を登場させた以外は、ほぼほぼ原作と似通った設定だ。

相米信二の映画化以来、TVドラマや実写映画で何度も映像化されている原作ではあるが、細田守による本アニメーションの評価がずば抜けているのは何故だろう。

タイムスリップにテレポテーションという設定が斬新だったジュブナイル小説の高い完成度については今更触れるまでもないが、深そうで浅く、浅そうで深いほどほどの世界観が、小難しい物理理論なんかを毛嫌いする層に意外とあっていたからではないだろうか。

タイムリープを旨いこと利用していたつもりの真琴が、過去をほんのちょっと改変したせいで、自分自身や大切な友人の生死にまで影響を与えてしまうバタフライ・エフェクトに触れているという点においても、背伸び盛りのティーンズには丁度いいおかずだったにちがいない。

黒板に書かれた文字“Time waits no one.”や「未来で待ってる」等の台詞、魔女おばさんこと和子の正体が物議を醸したらしいが、要は見たまんま、「どうせ世の中悪くなる一方なんだから今を楽しめ」とか「もう2度と会えないなんていうと悲しむだろ」とか、わざわざ置き換えるみる必要性も感じないのである。

しかし最近テッド・チャンやイーガンのハードSF小説に嵌まっているおじさんにはちょっと物足りない。意地の悪いSFオタクから、リープする直前を狙ってタイムリープすれば、腕に刻印された数字はそのままで、理論上は永久にリープを繰り返せるのでは、などという心ない突っ込みも当然予想されるのだ。

しかも、千昭が未来に戻れるということは、同じクルミでチャージした真琴もまた西暦2600年にジャンプできるわけで、kissもなしにあんな言い方でバイバイされた真琴は、やっぱり千昭に体よくふられただけではないのか。

未来からやって来た千昭が観たがっていた絵“白梅ニ椿菊図”に、原作で登場する深町一夫の物語が何かしら欲しかったところではあるが、“後ろ目(=軽蔑の眼差し)に気ず(づ)く(オカルト発言でいろいろと問題があった角川)はるき(椿)?”とも読める絵図標題のアナグラムは、一体全体何を意味していたのだろうか。

かなり悪いオヤジ
かなり悪いオヤジさん / 2018年7月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄すぎる作品です

原作者 筒井康隆先生は、大阪のローカル番組にレギュラー出演されており以前『この子はよく稼いでくれる良い子や!』とおっしゃっていました。

確かに全ての映像作品はいつ見ても引き込まれます。

おちとしひろ
おちとしひろさん / 2018年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ふとしたきっかけでタイムリープ、時空を超える飛び方を覚えてしまった... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ふとしたきっかけでタイムリープ、時空を超える飛び方を覚えてしまった女子高生の一夏の青春。女子高生が主人公にはなっているけど、もちろんかつてのバカな男子高校生にも楽しめる内容。

くだらないことで熱くなったり、人を好きになったり、なられたり、気持ちをうまく伝えられなくて傷つけるようなことを言ってしまったり、バカな失敗をしたり、失敗することすらできず、眺めるだけだったり。通り過ぎていった人生のさまざまがそこにあって、なんでもない風景にさえ、感傷的な気持ちにさせる。

人生にやり直しはきかない。時間は戻すことができない。誰もが知るその人生の真実を、何度でも時間を巻き戻す主人公たちに教えられるのだから面白い。あの夏はもう二度と帰ってこない。だからこそ胸を打つのだろう。

supersilent
supersilentさん / 2018年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

105件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報