未来のミライ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
未来のミライ
未来のミライ
9%
24%
30%
19%
18%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が手がけるオリジナルの長編劇場用アニメーション。甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、未来からやってきた成長した妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険を通して、さまざまな家族の愛のかたちを描く。とある都会の片隅。小さな庭に小さな木の生えた、小さな家に暮らす4歳のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、戸惑いの日々を過ごしていた。そんな彼の前にある時、学生の姿をした少女が現れる。彼女は、未来からやってきた妹ミライだった。ミライに導かれ、時を越えた冒険に出たくんちゃんは、かつて王子だったという謎の男や幼い頃の母、青年時代の曽祖父など、不思議な出会いを果たしていく。これがアニメ声優初挑戦の上白石萌歌がくんちゃん、細田作品は3度目となる黒木華がミライの声を担当。両親役に星野源、麻生久美子、祖父母役に宮崎美子、役所広司。2018年・第71回カンヌ国際映画祭の監督週間に出品されたほか、第76回ゴールデングローブ賞にノミネートされるなど海外で高い評価を獲得。アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞では、日本人監督として初めて長編インディペンデント作品賞を受賞。第91回アカデミー賞でも、日本作品としてはスタジオジブリ作品以外で初めて、長編アニメーション賞にノミネートされた。

2018年製作/98分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
細田守
脚本
細田守
企画
スタジオ地図
ゼネラルプロデューサー
高橋望
プロデューサー
齋藤優一郎
伊藤卓哉
足立雄一
川村元気
ラインプロデューサー
池田大悟
アソシエイトプロデューサー
伊藤整
櫛山慶
町田有也
笠原周造
作画監督
青山浩行
秦綾子
美術監督
大森崇
高松洋平
画面設計
山下高明
色彩設計
三笠修
CGディレクター
堀部亮
衣装
伊賀大介
プロダクションデザイン
上條安里
谷尻誠
tupera tupera
亀田芳高
小野令夫
編集
西山茂
録音
小原吉男
音響効果
柴崎憲治
音楽
高木正勝
オープニングテーマ
山下達郎
主題歌
山下達郎
音楽プロデューサー
北原京子
キャスティングディレクター
増田悟司
今西栄介
制作
スタジオ地図
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

受賞

最優秀アニメーション作品賞  

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート

長編アニメーション賞  

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀長編アニメーション映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0小さな男の子の小さな成長

2018年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

宣伝から受けるイメージはダイナミックなアニメ映画だが、実際には非常にミニマムな世界を描いた作品だ。そのせいで肩透かしを食らう人もいるのかもしれない。4歳の男の子が初めて覚える嫉妬を乗り越え、お兄ちゃんの自覚を持つ。この映画はそれだけのことを描いている。

大人からみれば、たんにワガママが収まっただけなのだが、4歳の男の子にとっては親の愛が全て新しく来た新参者(赤ちゃん)に奪われるというのは、大事件だ。描かれるのは4歳の子どもの空想世界の大冒険だ。

それにしても細田監督は血縁のつながりに強いこだわりを持っているように思える。主人公のくんちゃんが知らないはずの、お父さんやお母さんの過去に行けるのはなぜなのか。空想の産物ならくんちゃんの好きなものとかが普通だろうと思うが、時空を超えた血縁の不思議な力を細田監督は感じているのだろうか。
このあたりの家族に対する考え方は、万引き家族の是枝監督とは対照的だ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 39 件)
杉本穂高

2.0想像してたのと違うストーリー

cenrivさん
2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cenriv

3.0甦らないが実感はある

2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

自分が第一子で妹ができた時に、おそらく主人公のようなうれしいはずなのに、むしろ親の愛情をもってかれる得も入れぬ疎外感があったと思う。第一子ならだれでもあるこの感覚は、うまく言葉に表せない。それがアニメで表現されると照れくさい感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

4.5声優に違和感…。ストーリーは良いのに残念…

うさぎさん
2020年5月2日
iPhoneアプリから投稿

幸せ

くんちゃんに妹ができた!
お母さんもお父さんも
赤ちゃんの未来ちゃんにつきっきり!
くんちゃんは、寂しくて仕方がない!

妹や弟がいる人なら
誰もが経験したことのあるストーリーを
時空を超えた家族との出会いとともに
くんちゃんが成長していく様を描く。

ミライから来た未来ちゃんとの
出会いだけではないのが良い!

子供の頃のお母さんとの出会いは、
ああ、お母さんも子供の頃が
あったんだなぁと理解できるし、
若かりし頃のひいおじいちゃんは、
初めてのことに挑戦する勇気をくれる!
思わず「くんちゃん頑張れ!」って、
応援したくなる!

ただ、声優の違和感があり、
最後まで感情移入ができなかったのは、
残念…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ
すべての映画レビューを見る(全714件)