ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー

劇場公開日:

解説

鳥山明による大ヒット漫画「ドラゴンボール」を原作とする劇場版アニメ。2015~18年に放送されたテレビシリーズ「ドラゴンボール超(スーパー)」の映画化第2弾で、2018年公開の前作「ドラゴンボール超 ブロリー」同様に、今作でも原作者の鳥山が脚本やキャラクターデザインを担当した。かつて孫悟空によって壊滅させられた悪の組織「レッドリボン軍」の意志を継ぐ者たちが現れ、新たに最強の人造人間ガンマ1号、2号を生み出す。彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗り、ピッコロや悟飯たちを襲い始める。ガンマ1号と2号の声を、神谷浩史と宮野真守という人気声優がそれぞれ担当。そのほかにも新生レッドリボン軍の天才科学者Dr.ヘド役を演じる入野自由や、ボルケーノ太田、竹内良太らが出演。監督は前作「ドラゴンボール超 ブロリー」でも3Dパートの制作などに参加した児玉徹郎。

2022年製作/99分/G/日本
配給:東映
劇場公開日:2022年6月11日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

映画レビュー

4.0ピッコロさん

2022年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主役がピッコロとは思い切ったことをした。よく考えてみればドラゴンボールには魅力的なキャラクターが多数いるのだから、いつも悟空やベジータが物語の中心にならなくてもいい。マーベル映画じゃないけど、それぞれ主役をはってもいいキャラがたくさんいるから、こういうシリーズ展開はありだなと思った。全編3DCGということで、どうなるかなと思っていたけど、良くできていた。重さを表現するのが3DCGは苦手とされるが、きちんと重量感があってアクションの迫力を損なわずに表現できていた。
巨大化とか腕が伸びたりとか、初期のピッコロが使っていた技をたくさん繰り出してくれて懐かしかったし、悟飯やパンに対する面倒見の良さが余すところなく描かれていて、悟空との違いが際立っている。この疑似親子関係はドラマとしてもっと掘り下げがいがありそう。魔貫光殺砲はやっぱりカッコいい。普段、あんまり使われないからこそ「伝家の宝刀」みたいで良い。

コメントする (0件)
共感した! 21件)
杉本穂高

5.0成長し続ける日本のアニメーション映画の表現手法の答えの1つを提示でき新たな領域に入った記念すべきクオリティーの作品!

2022年6月11日
PCから投稿

前作の「ドラゴンボール超 ブロリー」は特に後半の戦闘シーンが最高峰の映像で、日本のアニメ制作会社で最も長い歴史をもつ東映アニメーションのプライドさえ感じられました。
ただ、強いて課題を挙げると、動きが凄い分、長い時間だと作画の統一性が崩れやすい面があると感じていました。
それが本作では、これまでの試行錯誤の結果、❝最新鋭の映像表現❞により、映像のクオリティーを最高密度の状態で維持することに成功した記念すべき作品となっています!
「ドラゴンボール」は、日本は言うまでもなく海外でも人気が高いので、文字通り世界市場で戦えるクオリティーでした。
それが関係しているのか、劇中のキャラクター名や効果音の表示が英語になっているなどのカッコ良さもありました。
本作は単体でも楽しめますが、前作の続きを「新たな出来事」で描いていて、「ピッコロ」と「孫悟飯」がメインになっています。
孫悟飯の長女「パン」は3歳になっていて、かつては孫悟飯の師匠だったピッコロは、今ではパンに修業をつけています。
前作からパンなどの新たな登場人物が増えたりしているので混乱しないかと少し心配でしたが、そこは原作者である鳥山明による脚本。上手く交通整理が行われていて、予備知識が乏しい状態でも把握できる「流石の完成度」でした。
まさにタイトル通り「スーパーヒーロー」がキーワードで、アクションシーンも満載となっています。
内容面でも今後が楽しみになるような世界観が広がる物語で、気が早いですが映像の方向性なども含めて、すでに「続き」が見たい状態です。
なお、エンドロール後にも映像が流れるので、最後まで席を立たないようにしましょう!

コメントする (0件)
共感した! 34件)
細野真宏

4.5タイトルなし

2024年1月31日
Androidアプリから投稿

コメディ多め、終盤は胸が熱くなった。
ピッコロのコミュ力が高くなっている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
おまめ

4.0いつもと違うから良い👍

2023年11月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

お得意の地球の危機。
冒険漫画からバトル漫画になって久しい本作品、今作も例に漏れずバトル、バトル、バトル。
インフレ起こし過ぎて作者が続けるのを嫌になるほど、同じ展開を繰り返してたどり着いた新境地。
主人公たる悟空を必要としないって、思い切りましたね。
結局のところ悟空って、サイヤ人という野蛮な生物であるが故に、戦闘狂で一般的な社会生活を送れず、自分の居場所にこもって趣味に興じる、謂わばニートと変わらない人物のため、どうしても昔から共感しにくいキャラクターであった。初期はブルマ→クリリンがツッコミ担当だったが、作品がバトル中心になっていく中で、どんどんツッコミ不在となっていき、何みてるのかよく分からないモノになっていった気がする。
今作でピッコロが請け負ったまともな父性を持った常識人という役回りは、同作初期のドクタースランプのようなギャグ漫画への回帰を促進させ、より鳥山明作品のカラーを復活させられてる。
懐かしくも新鮮な感じが好き。
もちろんバトル自体も、CG作画のクオリティが目を見張る程に良くて、漫画絵がそのまま動くという、スパイダーバースやthe first slam dunk と肩を並べる新時代の映像表現。戦闘も動きが派手ながらも見やすく、楽しめる。
新人造人間は今後にも絡むでしょうけど、またインフレとキャラ渋滞など、どうするんでしょうね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
neko
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ドラゴンボール」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」以外にこんな作品をCheck-inしています。