LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門

劇場公開日

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門
LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門
18%
52%
25%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ルパン三世」のレギュラーキャラクター、石川五ェ門の若き日を描くスピンオフ作品。日本の伊豆沖で賭博船に爆発が起こり、乗っていた鉄竜会の組長が命を落とす。組の用心棒として雇われていた石川五ェ門は、犯人の男を追い詰めるが取り逃がしてしまい、混乱の最中に賭博船から金を奪うことに成功していたルパン三世と次元大介、峰不二子は、逃走中のボートから、その様子を目撃していた。船を爆破した犯人は、「バミューダの亡霊」と呼ばれる大男の元兵士で、公安の銭形警部もその行方を追跡していた。組長の葬儀の場で裏切り者の汚名を着せられた五ェ門は、屈辱を晴らすため犯人を追うが……。次元大介を主人公に描いた「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」の小池健監督らにより、再びハードボイルドな世界観が紡ぎ出される。

2017年製作/54分/PG12/日本
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
モンキー・パンチ
脚本
高橋悠也
プロデューサー
浄園祐
企画
加藤州平
加藤良太
演出
小池健
クリエイティブアドバイザー
石井克人
キャラクターデザイン
小池健
メカニックデザイン
小池健
プロップデザイン
箕輪豊
森山洋
キャラクターデザイン協力
箕輪豊
森山洋
絵コンテ
小池健
作画監督
小池健
美術監督
田村せいき
日高綾美
金森たみ子
村本奈津江
ビジュアルコーディネーター
斎藤裕子
色彩設計
茂木孝浩
色指定・検査
油谷ゆみ
北沢希実子
土居真紀子
タイトルデザイン
関口修男
デザインワークス
山下敏幸
音響監督
清水洋史
撮影監督
田沢二郎
特殊効果監督
谷口久美子
編集
笠原義宏
音楽
ジェイムス下地
音響効果
徳永義明
サウンドデザイン
丸井庸男
文芸担当
鈴木常泰
制作担当
堀川優子
アシスタントプロデューサー
芝裕子
鈴木禎
アニメーション制作
テレコム・アニメーションフィルム
製作
トムス・エンタテインメント
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

原作:モンキー・パンチ (C)TMS

映画レビュー

3.0適度なゴア表現がマッチ!!

2020年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

萌える

同じシリーズの次元よりは、映画らしくなっていると思います。前半は沢城さんが妙にエロく、終盤の五ェ門の連続斬りも見事だったので、そういった所はもっと観たかったです。元々生きるか死ぬかの戦いを扱っているシリーズなので、本作のグロさが丁度良く感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

4.0カッコいい

たけおさん
2020年10月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

知的

次元編に引き続きカッコいい出来栄えでした。
ルパン好きにはもってこいの作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

3.0お主らを斬る道理はない!

kazzさん
2019年12月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

シネフィルWOWOWにて観賞。

このスピンオフシリーズは、前作で絵柄の統一感があって気に入っていたのだが、本作の敵役の絵は……ダメだ💢
完全に浮いている。これ、凄く残念⤵️

五ェ門は、孤高感が強調されたキャラクターになっていて、言葉遣いもさらに古風になっている。「御座る」「しばし待たれよ」「因縁がある故」など。
ヤクザ連中をスッパスッパと切り捨てていく場面は「キル・ビル」のようで、クライマックスでも、エグく肉体の切断面を見せるあたり、前作のお色気シーンと同様にR指定でも狙っているかのようだ。
チャレンジ精神は尊敬に値するが、好きではない。
ただ、五ェ門が殺した相手を供養する場面を入れたのは素晴らしい。

五ェ門が海岸の岩石の突端にいて、海から巨大ザメが跳ね上がってくるシーンは、原作コミックの後期の作品にある。
これを五ェ門が打ちひしがれている場面に使ったのは、よい発想だった。
コミックでは巨大ザメを真っ二つに斬った後にオチが来る。

今回は銭形警部がそれなりに活躍する。その分峰不二子の出番が少ないが。
特にラスト、五ェ門と銭形が剣と銃を構えて対峙する画は見たことがない緊張感があった。
きっと作られるであろう銭形編への期待感が募る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kazz

3.0ちょっとグロいルパン三世

kossyさん
2019年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 賭博船を襲う“バミューダの亡霊”と呼ばれる怪物ホーク。両手に斧を持ち、巨大な体は何者の攻撃をも受け付けない恐ろしいやつ。鉄竜会のヤクザたちもタジタジになるが、親分から直接雇われた石川五ェ門がホークを取り逃がしたため、他の幹部から責任を取るよう追い詰められる。五ェ門としてもプライドが許さず、修行を積むが、ルパンと次元、不二子はまだ仲間になる前の彼を見守り続ける。

 ホークは誰からかの命令でルパン三世を倒しにやってきたのだが、五ェ門との対決がメインとなってしまう。そこへ銭形も参入して、上層部からは手を引けと言われるのにかかわらず、深みにはまっていくのだ。一旦は「眠い」と休んでしまったホークを逮捕するのだが、すぐに脱獄。またしても五ェ門との一騎打ちとなる。

 とにかく斬鉄剣がヤクザたちの腕を斬りながら突っ走るシーンだとか、ホークとの対決で二の腕の肉を削がれたりだとか、グロいシーンが多い。また、「百地三太夫の弟子」だとか噂されているほどルパンファミリーからも遠い存在で、この事件がきっかけで仲良くなっていくと思われる。「助太刀したら殺すようなもんだ」というのも聞いたことがあるような…

 巨人ホークの容貌はまるでスタン・ハンセン!しかも歯は金属で出来ているのでフレッド・プラッシーをも彷彿してしまう(古っ!)。バミューダの戦争で2千人を殺した伝説もあり、爆撃によって戦死したと思われていたのだが…もしやサイボーグ化されたのか?とも想像できるのですが、斬鉄剣によって斬られた腕には血肉が滴り落ちる断面もあり、ちょっとわからない。死ななかったみたいなので、今後もまた登場しそうです。冒頭のサリファというお嬢ちゃんも意味不明のままですが、クラリスっぽかったなぁ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ルパン三世」シリーズ関連作品

他のユーザーは「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」以外にこんな作品をCheck-inしています。