LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標

劇場公開日

  • 予告編を見る
LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標
44%
46%
8%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ルパン三世」27年ぶりのテレビシリーズとして2012年4~6月に放送された「LUPIN the third 峰不二子という女」に続くスピンオフ作品第2弾で、ルパンと次元がどのよう経緯を経て相棒になっていったかを描く。秘宝「リトルコメット」を狙って東ドロアに潜入したルパンと次元大介は、秘宝の奪取に成功するが、逃走中に次元が何者かに狙撃される。次元を貫いた弾丸から、狙撃者の正体はターゲットの墓を事前に用意する殺し屋で、墓を用意されて生き延びた者はいないとされるヤエル奥崎であることが判明。ルパンと次元が訪れた墓地には、次元の名が記された墓が用意されており、2人はヤエル奥崎のアジトへ乗り込むが……。「峰不二子という女」ではキャラクターデザイン・作画監督を務めた、「REDLINE」の小池健が監督を務めた。

2014年製作/51分/PG12/日本
配給:トムス・エンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
モンキー・パンチ
脚本
高橋悠也
プロデューサー
浄園祐
企画
加藤州平
加藤良太
クリエイティブアドバイザー
石井克人
演出
小池健
キャラクターデザイン
小池健
メカニックデザイン
小池健
プロップデザイン
森山洋
箕輪豊
新妻大輔
キャラクターデザイン協力
森山洋
箕輪豊
新妻大輔
絵コンテ
小池健
作画監督
小池健
美術監督
田村せいき
ビジュアルコーディネーター
斎藤裕子
色彩設計
茂木孝浩
色指定・検査
土居真紀子
タイトルデザイン
関口修男
デザインワークス
山下敏幸
撮影監督
田沢二郎
編集
笠原義宏
音響監督
清水洋史
音楽
ジェイムス下地
音響効果
徳永義明
録音調整
丸井庸男
文芸担当
鈴木常泰
制作担当
堀川優子
アシスタントプロデューサー
井内知樹
アニメーション制作
テレコム・アニメーションフィルム
製作
トムス・エンタテインメント
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

原作:モンキー・パンチ (C)TMS

映画レビュー

3.0「オレに言わせりゃ、浪漫に欠けるな。」

かつさん
2020年3月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かつ

3.0俺に言わせりゃ、ロマンに欠けるな!

kazzさん
2019年12月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

WOWOWにて観賞。

ルパン三世のアニメ(シリーズ・単品)は、主要キャラクター5人とアニメオリジナルのキャラクターの絵柄が違っていて違和感を抱く作品が多いが、本シリーズは絵柄に統一感があって良い。

小池健監督が本作の前段となる「女峰不二子という女(テレビシリーズ)」から続いてキャラクターデザインと作画監督を兼務しているが、その絵柄はアダルトテイストで、綺麗ではないがシャープでクールな印象。

そして、台詞が粋(脚本:高橋悠也)で、小林清志の声で吐かれると、また渋い。
ただ、本シリーズの行き着く先には劇場版「ルパン三世」(ソフトリリースは「ルパンvs複製人間」)があるのだろうと想像させるが、「複製人間」で吉川惣司(監督兼脚本)が産み出した数々の名台詞に比べると、若干不自然さを感じた。
つまり、カッコつけ過ぎた感じ。

序盤の峰不二子の全裸蹂躙シーンは、大人向けアピールが逆にガキっぽい。
テレビ第一シリーズ(旧ルパン)の第1話「ルパンは燃えているか…?!」で、囚われ拘束された不二子の方が断然エロかった。

敵役は面白いキャラクターだ。
やられ方も良い。
ターゲットの行動を先読みできるカラクリと、ルパンが仕掛けるトリックは(やや無理はあったが)アイディアとしては突飛で面白かった。

立体的な構図、特に人物の配置が工夫されていて素晴らしい。
モンキー・パンチ的でもあった。

このシリーズは「スピンオフ」と謳っているので、テレビスペシャルや別のテレビシリーズとは別動隊で進んでいくようだ。
ラストのゲストキャラクターが後続の展開を期待させる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kazz

4.5プラダを着た暗殺者

kossyさん
2019年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 多分、往年のルパン三世ファンにはたまらない作品。TVアニメでも1971年から始まったパート1と呼ばれるキャラクターに近づいた作画。モンキー・パンチのコミックの絵にも似ている。カリオストロ以降の親子で楽しめるルパンではなく、セクシーシーンも満載した青年漫画ギリギリのハード&アダルト作品。さすがにコミックの♂♀エロさはない。

 東西ドロアという分断された国家を軸に、マランダ共和国が秘宝リトルコメットと引き換えに化学兵器を提供するという恐ろしい世界を背景にしているが、東ドロア国の陰謀によってルパンと次元は暗殺者に狙われてしまったのだ。サイコロを振って何発で殺すのか、軽い銃だけにスピードと正確さがものを言うガンマン。次元にとっては平和目的の歌手を暗殺されてしまったという苦い経験もあるのだ。

 西部劇のような1対1の早撃ち対決。ルパンと次元はこの頃はまだ仲間ではなく、たまたま仕事のパートナーとなっただけの微妙な関係。そして峰不二子は変態クラブの見世物にされてしまうという悲劇。わずか51分という中編作品の上に前後編と分かれていても内容がぎっしり詰まったファンへのプレゼントのようでした。また、最後に登場するマモーによって今後のサードシリーズにも期待できそうです。

 お馴染みの大野雄二のテーマ曲ではなくジャズっぽいBGMと、古さの中にも監視システムという現代的な国家の恐怖。それを網膜に接続するという大胆なアイデアには舌を巻いてしまいます。これを観てしまうと、山崎貴版が子供っぽくて味気なく思われる・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

4.0・こだわりの強いスナイパー、能力の設定 ・監視カメラを遅らせて次元...

のーまさん
2019年11月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のーま
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ルパン三世」シリーズ関連作品

他のユーザーは「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」以外にこんな作品をCheck-inしています。