スーサイド・スクワッド

劇場公開日:

スーサイド・スクワッド

解説

「バットマン」や「スーパーマン」などと同じDCコミックスに登場する悪役たちがチームを組んで戦う姿を描くアクション作品。バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄され、死刑や終身刑となった悪党たちが、減刑と引き換えに「スーサイド・スクワッド(自殺部隊)」の結成を強制され、危険なミッションに挑む。ウィル・スミスや「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のマーゴット・ロビー、「ロボコップ」のジョエル・キナマンら豪華キャストが共演。バットマン最大の宿敵として知られ、これまでにジャック・ニコルソン、ヒース・レジャーが演じてきたジョーカーを、「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー賞を受賞したジャレッド・レトが新たに演じる。監督は「フューリー」のデビッド・エアー。

2016年製作/123分/G/アメリカ
原題:Suicide Squad
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

受賞

メイクアップ&ヘアスタイリング賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

映画レビュー

2.035点

2022年7月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

映画評価:35点

うーん、、、

ウィル・スミスは格好良かった。
なんならマーベルのホークアイより
好みで応援したくなった。

あとは、あのイカれた子。
白髪に差し色の青やらピンク
とっても特徴的で見ていて楽しかった。

だからこそ、
ストーリーがつまらなすぎて
勿体なかった。

かたや銃やらブーメランやらハンマーやら、
かたや何でもありの超常現象。
ミスマッチすぎます。

比べたらアレですが…マーベルですら、
超常現象vs通常武器にはゲンナリするのに、
この作品で何でもありの魔女が出ちゃうと
何が悪役を集めました!!ってなります。

マーベル風に仕上げるより、
この設定とキャラクターをイカすなら
デッドプール風にした方が良かったと思う。
あとジョーカーを雑に出さないで欲しい(個人の主張)

次回作は理解不能じゃあない敵を期待しております。

【2022.7.30観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

アクションシーンが撃ち合いのみ

マサシさん
2022年7月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

ヒール役が正義の味方になるなんて、ベタな設定。徹底的に悪でいてもらいたい。CGが最悪。殺陣とか全く無く、アクションシーンが撃ち合いのみ。全く、
面白くない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

2.5

2022年7月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

2.5ハーレイ・クインの存在が奇跡のような映画

2022年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

マーゴット・ロビー。「ターザン・リボーン」では、凛とした知性と、暴力に屈しない強いヒロインを演じ、自らの正義を貫く姿は新世代のジェーンを作り上げたように感じました。ところが、今作では、本当に同一人物かと疑うくらいにエキセントリックな、そしてアイコニックなヒロインを演じ(演技とは思えないほどに生き生きと)、暴れまわり、女性版ジョーカーとでも言うくらいの強い個性を発揮しています。

予告編から、その存在をフィーチャーし、この映画の核であることを売り物に期待をあおってくれたことで、「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」での記憶にもくっきりと新しい、苦い思いを吹っ飛ばしてくれたのです。

いちおう本作にもブルース・ウェイン=バットマン(ベン・アフレック)が絡んではいますが、重要なポイントにちらっちらっと現れる程度で、映画のテイストを変えてしまうほどではありません。X-MENにおけるウルヴァリン的登場です。

なので、単純にハーレイ・クイン誕生からスーサイド・スクワッド結成、ミッション完遂に至るまでを描いた痛快娯楽大作を期待したのですが。実際にははるかに難解な、盛りすぎな、キャラ渋滞のお話に成り下がってしまいました。

2016.9.11

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ
すべての映画レビューを見る(全532件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ関連作品

「スーサイド・スクワッド」シリーズ関連作品