アクアマン 失われた王国

劇場公開日:

アクアマン 失われた王国

解説

DCコミックスのヒーロー・アクアマンを主人公に描き大ヒットを記録した2018年製作のアクション大作「アクアマン」の続編。

はるか昔、南極の氷河の奥深くに封印された「失われた王国」。そこには、世界を滅亡させるほどの力を持つ伝説の古代兵器ブラック・トライデントがあった。ある日、アクアマンへの復讐を誓うブラックマンタがブラック・トライデントを見つけ出し、邪悪な力が解き放たれてしまう。5億もの海の生物を操ることのできる海底アトランティスの王アクアマンは、かつてない脅威から海と地上の世界を守るため、仲間たちとともに立ち上がるが……。

キャストには主演のジェイソン・モモアを始め、アクアマンの弟である前王オーム役のパトリック・ウィルソン、母アトランナ役のニコール・キッドマン、アトランティスの女王メラ役のアンバー・ハード、ブラックマンタ役のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世ら前作のメンバーが集結。「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワン監督が前作に続いてメガホンをとった。

2023年製作/124分/G/アメリカ
原題:Aquaman and the Lost Kingdom
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場公開日:2024年1月12日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & (C)DC

映画レビュー

3.5ブラックマンタ笑2

2024年5月12日
スマートフォンから投稿

楽しい

やはりどの映画もパート2はダメだね。ブラザー共闘までは良いが、失われた王国だのアヤしいグリーンガスだの進んだ科学力だの、二番煎じ感プンプンで正直がっかりした。ラストもブラックトライデント笑を軽くキャッチして、おおっ!てなったが、すぐ王トライデント投げて終了。そりゃないぜーって思ったもん。ここからド派手なバトル期待した分落胆も半端無かった。つーか、アクアマン名乗るならせめて海中でバトルしてくれ。

ジェイソンモモアのイカれっぷりが気持ちいいだけで、老けたキッドマンとアンバーハードを観たくなかったなー。そもそもあれだけ高度文明化したアトランティスの武器が、数千年前に栄えた文明の武器に負けるなんてオカシイよね?今まで何やってたん?て思うのは俺だけじゃないはず。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
DJ XYZ

3.5DC全然観ないけどコレだけは観る!

2024年5月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

海の映像綺麗だし大好きなニコールさんとアンバーさん美女出るから観ます(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

ストーリーは大体同じ(笑)
とりあえず悪出てくるみたいな。

コメントする 1件)
共感した! 2件)
yuu

4.0よかったです

2024年5月6日
Androidアプリから投稿

なんだかんだで観る機会を逃してましたが、やっと観ました。

やっぱりドルフかっこいい!
ちょい役かと思ったら、結構重要な役だったので、嬉しかった。
でも、『助けてくれ』ってセリフは止めて欲しかったなぁ。らしくない。

あの終わり方は続編は諦めたのかな?
ちょっと広げすぎな気が…

そして最後、チーズバーガーのシーン入れてくれただけでも、星あげちゃう。(笑)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ノリリス

4.0家族円満!兄弟仲良く!!悪をぶちのめす!!!

2024年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

萌える

身内を失わずキレイな嫁と王位も得てウィレム・デフォーも死なないという昨今のアメコミ映画界でもっともハッピーなヒーロー、アクアマンがカムバック。
評価の結論から言うと若干のスケールダウンとウィレムデフォーは退場するが、アクアマン特有の雰囲気は残しつつ前作で散らしてた伏線を回収し綺麗にまとめている、やはり力押しのハッピーエンドは正義。

~あらすじ~
続投の逆恨みヴィラン【ブラックマンタ】(以下マンタ)が南極で悪霊付きトライデントを手にして数か月後、大昔に廃れたはずの汚染物が海に蔓延し疫病発生。(これでウィレム退場)
アトランティスを強襲したマンタ軍がこの汚染物を生み出す太古のエネルギーを盗み出していた事で連中が犯人と断定、敵の本拠地を探るべくアクアマンは砂漠に収監した種違いの弟【オーシャン・マスター】と共に事態解決に乗り出す。

~相棒変更~
元夫ジョニー・デップとの裁判対決がもろに影響し、出番激減のアンバー・ハードから前作の宿敵だった弟のオームことパトリック・ウィルソンが大抜擢。ビブラートを効かせたシャウト、悲劇的な生い立ち、表情が表れる金属マスクとマントをたなびかせた王道アメコミデザイン等々の要素に惚れていた事もあり、今作の大活躍は大いに堪能した。印象深いシーンは砂漠に捕まっていた時は痛ましいほどガリガリだったのが海に浸かった瞬間はちきれそうなムキムキに戻った所、ワカメかよ。
前作で色々やらかしたものの、MCUで同じ立ち位置のロキと比較にならない誠実な性格と自身の罪に対し本心から反省してる態度、王の器の深さが窺える言動に絶妙な儚さをまとった振る舞いの数々にとても惹きつけられる、正直今作のキャラで一番好き。
そのせいで何かと突っかかるアクアマンがまるでDQNだったが、巨大生物が蔓延る島で地上の知識に疎い彼にデカイGを食わせたのでマジで輩、オームに溢れんばかりの幸あれ。

以上、すっかりアメコミ映画が下火になった今日この頃、DCEUもこれで一旦仕切り直しだとか。筆者はこのシリーズではアクアマンしか見ておらず、へぇそうなの位の感想だがひとまず綺麗な最終作で良かった。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
木神
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ関連作品

「アクアマン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「アクアマン 失われた王国」以外にこんな作品をCheck-inしています。