座頭市地獄旅

劇場公開日

33%
67%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

子母沢寛の原作を、「徳川家康」の伊藤大輔が脚色、「剣鬼」の三隅研次が監督した“座頭市”シリーズ第十二作目。撮影もコンビの牧浦地志。

1965年製作/87分/日本
配給:大映

ストーリー

富士の初日の出を拝もうと旅に出た座頭市は、道中襲ってきた五人のやくざを一瞬の早業で手ひどい傷を負わせた。五人組は傷がいえると市を追って旅に出た。その頃市は、江の島まで船旅としゃれこんでいたが、途中船内でイカサマばくちをしているのを知り、逆にイカサマを利用して多額の金をまきあげた。そこで市は、無頼の将棋好きの浪人十文字糺を知った。江の島に着いた市は、船中にいたイカサマ師の親分江島屋に呼びつけられ、白刃にとりかこまれたが、市の手練の早業で江島屋たちは退散した。が、この騒動で通りがかりの門付け芸人お種の連れていた娘ミキが負傷した。傷は悪化して破傷風となった。責任を感じた市は、破傷風の特効薬である南蛮渡りの生薬を買うために十文字からゆずり受けた十文叩きの妙技で金を集めた。市の買いあたえた生薬でミキの傷は全快した。ところが、ミキを連れて湯治に来た箱根で、市はもみ療治をした縁から、病身の若侍友之進とその妹粂、それに彼らの仲間六平と知りあった。友之進らは父の仇を探して放浪の身の上であった。だがある夜仇の顔を知る唯一の男六平が、ツリ糸のようなもので殺された。そして翌朝市は六平が殺された弁天池に、十文字愛用のウキが浮んでいるのをひろった。市の十文字への疑惑がひろがっていった。これを察したのか十文字もそれ以来市に対して殺気をただよわせるようになった。さらに友之進の証言で仇は将棋好きで得意の絶頂に指を鳴らす妙なくせがあることを知った。もう間違いはなかった。それこそ市と将棋をやるときにみせる十文字のくせなのだ。翌日市と十文字は傷のいえたミキとお種を連れて宿を立った。曲りくねった箱根の山中、頭の中で将棋を指しながら歩く二人は互に対決の機の熟すのをうかがっていた。一瞬二人の白刃が躍った。が倒れたのは十文字だった。追いかけてきた五人組を得意の抜き打ちで倒した市は彼を慕って呼ぶミキの声を背に、一人山道を去っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

4.0身体障害者の割引はないのか

kossyさん
2021年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0伊藤×三隅×成田で、ただの市じゃない!

近大さん
2021年5月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大

5.0成田三樹夫がはじめのほうでスキになったやつは斬らんみたいなこといっ...

2019年7月12日
iPhoneアプリから投稿

成田三樹夫がはじめのほうでスキになったやつは斬らんみたいなこといってたので後半どうなるものかとすごいドキドキした。

仇討ち話がふたつ。まぶたの中にひとり。
スパイ活動してたら好きになっちゃったみたいな展開。脚本の良さが際立っている作品。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
collectible

5.0良いねぇ。三隅版・座頭市は何かが違う。

tさん
2019年1月25日
PCから投稿

泣ける

笑える

幸せ

また来た、三隅研次・座頭市という感じ。
旅先で出会った者達と市とのロードムービー。座頭市物語(一作目)、血笑旅、を監督した三隅研次。彼が撮る座頭市は、静かな時代劇だ。そして「市」個人の物語となっている。シナリオも面白くて、行く当てのない旅を続け話がどこに転がっていくか分からない面白さがある。ワンパターンではない。
あと、日本の風景、そして女性の撮り方が本当に良い。深く印象に残り、味のある作品です。日本のワビ・サビの描き方が本当に上手い(偉そう)。

とべた褒めですが、僕は「人間」を描いた映画が好きなんだろうなぁ。ずっと観ていたくなる。

座頭市シリーズを続けて観ていると、市は最強の居合いの達人であり、あまりに強すぎるので「眼が見えない」という設定がどこかに行ってしまう。ハンディキャップに思えない。人間ではないような錯覚に陥ります。

・・・がしかし、頃合いを見計らったように三隅研次監督の座頭市を観せられることで、市は紛れもなく人間であり、眼の見えない孤独な浪人なんだ、ということを思い出させてくれます。

この映画で忘れてはいけないのは成田三樹夫。かっこ良すぎです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「座頭市」シリーズ関連作品