マッドマックス 怒りのデス・ロード

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マッドマックス 怒りのデス・ロード
マッドマックス 怒りのデス・ロード
48%
38%
10%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

荒廃した近未来を舞台に妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いた「マッドマックス」(1979)のシリーズ第4作。85年の「マッドマックス サンダードーム」以来30年ぶりの新作となり、監督・脚本は過去3作同様にジョージ・ミラーが担当。過去3作でメル・ギブソンが扮した主人公マックスを、新たに「ダークナイト ライジング」「インセプション」のトム・ハーディが演じた。資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。愛する者を奪われ、荒野をさまようマックスは、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。そこへジョー配下の女戦士フュリオサらが現れ、マックスはジョーへの反乱を計画する彼らと力をあわせ、自由への逃走を開始する。フュリオサ役でシャーリーズ・セロンが共演。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか10部門でノミネートを受け、編集、美術、衣装デザイン、音響編集、録音、メイクアップ&ヘアスタイリングの合計6部門で受賞を果たし、同年度では受賞数最多作品となった。

2015年製作/120分/R15+/アメリカ
原題:Mad Max: Fury Road
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

ノミネート

外国作品賞  

第88回 アカデミー賞(2016年)

受賞

編集賞 マーガレット・シクセル
衣装デザイン賞 ジェニー・ビーバン
美術賞  
音響編集賞  
録音賞  
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

ノミネート

作品賞  
監督賞 ジョージ・ミラー
撮影賞 ジョン・シール
視覚効果賞  

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ジョージ・ミラー
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

映画レビュー

5.0Straightforward Film that Packs a Punch

2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

楽しい

単純

興奮

Why doesn't this happen more often? A pitch to a Hollywood Studio Executive: "I want to do a two-hour car chase." What could go wrong? This film has awesome hand-built vehicles, exquisite costumes, and real-life explosions start to finish. Its after-world villain who rules the meek with his water supply feels ominously more real than five years ago. The women are powerful. A Grade-T2 action film.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Dan Knighton

3.0勢いが全て!

2021年3月16日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ターキーターキー

5.0映画の完成系

inoTV IKEさん
2021年2月11日
iPhoneアプリから投稿

アクション映画ないし「映画」の頂点を見てしまった。冒頭約30分間、主人公マックスと同じように新たな世界に翻弄され続ける。画作りが常に見応えあるものに作られているので、語り口と相まって冒頭の世界観説明に引き込まれる。その新しくあり斬新な語り口によって、シリーズの4作目であることを忘れて見てしまうほどである。言っても前シリーズを見ておくとマックスという人物に深みが出るので見ておくことをおすすめするが、見ていなくても話として分からないところはないと思う。

見たことの無い改造車、砂嵐の中でのカーチェイス、素早いカットで見せるアクションなど、本作ではCGを多用していないにも関わらず斬新な映像が盛り込まれている。これは他でもない長年アイディアを温め続けていた巨匠ジョージ・ミラー先生の功績である。

登場人物は全て魅力的で、各キャラクターセリフが少ないながらもアクションシーンの合間に見せる表情などからその背景を観客に想像させる力を持っている。これを成り立たせるためにはもちろん俳優の演技力が重要な要素であるが、他にも脚本の力も大きく関わっていると思う。「この映画、話は単純じゃね?」とか言ってバカにしてる奴は目ん玉かっぽじって100回くらい見直してもらいたいものである。

今、生きていて、映画が何かしらの理由で見られない人間以外は絶対みるべき!長年語り継がれる映画になる!ていうかもうなっている!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
inoTV IKE

5.0ヤバイ..

2021年1月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
となりのマツモト
すべての映画レビューを見る(全724件)

他のユーザーは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」以外にこんな作品をCheck-inしています。