マーガレット・シクセル

マーガレット・シクセル
英語表記
Margaret Sixel

南アフリカ出身。オーストラリア国営のオーストラリアン・フィルム・テレビジョン・アンド・ラジオ・スクールで映像編集を学び、1980年代中頃から映画やTVドラマの編集アシスタントを務める。1994年のドキュメンタリー映画「Mary(原題)」で初めて編集者としてクレジットされた。夫ジョージ・ミラー監督の「ベイブ 都会へ行く」(98)、長編アニメ「ハッピー フィート」(06)で編集を手がけ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(15)では470時間を超える映像を120分にまとめあげ、アカデミー編集賞を初ノミネートで受賞した。

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

マーガレット・シクセルの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

マーガレット・シクセルの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

マーガレット・シクセルの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

マーガレット・シクセルの関連記事をもっと見る