劇場公開日 2015年6月20日

マッドマックス 怒りのデス・ロード : 映画評論・批評

2015年6月16日更新

2015年6月20日より丸の内ピカデリーほかにてロードショー

かつて映画の未来を変えたシリーズの最新作は“奇跡”で“事件”だ!

“映画史に残る偉業ベストテン”に入るかはともかくとして、ジョージ・ミラー監督の「マッドマックス」シリーズは映画の未来を変えた発明だった。

その真髄は掛け値なしの「中二マインド」にある。例えば「マッドマックス2」の舞台は核戦争後の荒廃した地球。敵はモヒカン頭で顔にペイントをした荒くれ集団。広大な砂漠を改造車と改造バイクが爆走し、武器と力がモノを言う狂った世界にさすらいの一匹狼が立ち向かう!

バカだ。バカなんだけど、同時になんとキャッチーなことか。中二のガキが夢想するカッコよさをまんま実写化しようという誇大妄想を実現させたのがミラーであり、その影響を受けたフォロワーは数知れない。

ただどんなに先鋭的な表現も、繰り返し模倣されることで陳腐化していく。70歳になったミラーが30年ぶりに贈るシリーズ最新作なんてオールドファンの同窓会にしかならない――はずだった。いや、そう思うことで、ミラー爺の無謀なチャレンジが失敗しても諦めがつくはずだった……。

ところが「マッドマックス 怒りのデス・ロード」はもはや“発明”を超えた“奇跡”だったよ! 主演はトム・ハーディに変わったがコンセプトはなにも変わってない。主人公は縁もゆかりもない他人のために命を張ってしまうぶっきらぼうなお人好しで、敵はクルマのハンドルを崇拝するスピード狂の白塗り軍団。映画の大半を占めるカーチェイスには巨大スピーカーを積んだトラックが伴走し、大音量でヘビィなギターを掻き鳴らす。

過去作で不足していた要素も抜かりなくフォロー。美女だ。しかもさまざまなタイプを取りそろえ、リーダーはシャーリーズ・セロン扮する片腕の女戦士。ミラーは70歳にして一片の曇りもないな!

本作は過去の焼き直しでも懐古主義のお祭りでもない。ミラーが思い描く壮大なビジョンに、30年間誰も追いつけていなかったことを知らしめる“事件”である。どうか老若男女を問わず、どなたさまも裸足で劇場に駆けつけていただきたい。

村山章

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の作品トップへ