白石和彌

白石和彌
ふりがな
しらいしかずや
誕生日
1974年12月17日
出身
日本/北海道
Twitter

1995年、中村幻児監督主催の「映像塾」に入塾。その後は若松孝二監督に師事し、同監督の「17歳の風景 少年は何を見たのか」(05)などで助監督を務める。10年、「ロストパラダイス・イン・トーキョー」で長編監督デビュー。第2作「凶悪」(13)で新藤兼人賞金賞などを受賞し、注目を集める。「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の第3弾「牝猫たち」(16)は第46回ロッテルダム国際映画祭に正式招待され、その後も「日本で一番悪い奴ら」(16)、「彼女がその名を知らない鳥たち」(17)、「凪待ち」「ひとよ」(ともに19)と、人間心理を巧みに描きだす手腕で評価を高める。柚月裕子の小説を原作に警察とやくざの攻防を描いた「孤狼の血」(18)も好評を博し、日本アカデミー優秀監督賞、優秀作品賞などを受賞。続編「孤狼の血 LEVEL2」(21)でも再び同賞を受賞している。

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

孤狼の血 LEVEL2孤狼の血彼女がその名を知らない鳥たち日本で一番悪い奴らひとよ凶悪凪待ち止められるか、俺たちを麻雀放浪記2020サニー 32

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

白石和彌の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

白石和彌の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

白石和彌の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

白石和彌の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

白石和彌の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「白石和彌」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る