孤狼の血 LEVEL2

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

柚月裕子の小説を原作に、広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いて評判を呼んだ、白石和彌監督による「孤狼の血」の続編。前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀一を主人公に、3年後の呉原を舞台にした物語が完全オリジナルストーリーで展開する。3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれて殺害された、伝説のマル暴刑事・大上の跡を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡。権力を用い、裏の社会を取り仕切る日岡に立ちはだかったのは、上林組組長・上林成浩だった。悪魔のような上林によって、呉原の危うい秩序が崩れていく。日岡役を松坂、上林役を鈴木亮平が演じ、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工らが脇を固める。前作に続き、白石和彌監督がメガホンを取った。

2021年製作/139分/R15+/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
柚月裕子
脚本
池上純哉
製作
村松秀信
木下直哉
山元一朗
丸橋哲彦
堀内大示
與田尚志
藤田浩幸
五老剛
吉村和文
丸山伸一
田中祐介
檜原麻希
鈴木貴幸
企画プロデュース
紀伊宗之
プロデューサー
天野和人
高橋大典
キャスティングプロデューサー
福岡康裕
音楽プロデューサー
津島玄一
共同プロデューサー
飯田雅裕
撮影
加藤航平
照明
川井稔
録音
浦田和治
美術
今村力
衣装
森口誠治
装飾
大庭信正
佐原敦史
ヘアメイク
西村佳苗子
特殊メイク
藤原カクセイ
特殊造形デザイン
藤原カクセイ
特機
上野隆治
スタントコーディネーター
吉田浩之
後藤健
ガンエフェクト
納富貴久男
カースタント
永田崇明
操演
羽鳥博幸
特殊効果
羽鳥博幸
編集
加藤ひとみ
音楽
安川午朗
音響効果
柴崎憲治
VFXスーパーバイザー
渡邊祐示
小坂一順
助監督
山本亮
制作担当
前芝啓介
スクリプター
長坂由起子
ラインプロデューサー
吉崎秀一
プロダクション統括
木次谷良助
俳優担当
高橋雄三
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • パラノーマル・アクティビティ
  • サクラメント 死の楽園
  • ブレア・ウィッチ
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
  • 複製された男
  • アルカディア
  • モンスターズ 地球外生命体
  • 鉄男
  • 鉄男Ⅱ THE BODY HAMMER
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5鈴木亮平の怪演が絶品、新たな出演者が加わって描かれる抗争劇

2021年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

鈴木亮平のヒールっぷりが凄いという前評判を聞いて、前作を鑑賞してから劇場に足を運びました。世界遺産がお好きで、気のいい力持ち的なイメージのある鈴木氏が演じる上林の突き抜けた極悪非道ぶりは期待以上に素晴らしく絶品でした。
1作目での大上(役所広司)とのバディを経て、マル暴刑事として覚醒した日岡(松坂桃李)のヒリヒリした感じも雰囲気たっぷりで、上林との血で血を洗う戦いで物語をグイグイ引っ張っていきます。回想シーンにはあえて大上のシーンを入れなかったそうですが、それによって不在感が際立ちつつ日岡の無軌道感もでていて、物語としては連続しているものの本作だけで独立した作品になっている強さがあるように思いました。
日岡と新たにバディを組む老刑事役の中村梅雀、本作のキーマンのひとりを演じる村上虹郎、変則的なヒロインとも言える西野七瀬、組トップの妻役のかたせ梨乃ら新たなキャストも好演ばかり。3作目もぜひ作ってほしいです。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
五所光太郎(アニメハック編集部)

4.0喰らい続ける男たち

2021年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

白石和彌監督は振り切ることに決めていた。昭和の終わりから平成の始めへと時代が動く。手打ちによって二大組織の均衡が保たれている中、服役中の荒くれ者が出所してくる。見送る看守に「世話になった」と一瞥すると、不気味な微笑みを残して迎えの車に乗り込む。
復讐の序章。穏やかな空気が流れるピアノ教室に現れた男は、容赦なく女の両目に親指をぶち込む。問答無用の粛正、ただならぬ空気の先に女の兄である看守の写真が浮かび上がる。
広島を支配した親分の血筋を継ぐ上林は、時代は変わっただとか、今はビジネスの時代だなどとほざく上層部が気に入らない。復讐と復権を果たすために、誰も信じないことで自らを奮い立たせていく。

『虎狼の血』をLEVEL2に引き上げ、前作とは異なるテンションを付加するためには、凶暴で手のつけられない男が必要だった。鬼神、上林を託されたのは鈴木亮平だ。
優等生的な役柄が多かった俳優が余計な負荷を振り払い、髪を短く刈り込み、まるで仁王のような佇まいで他人を見下ろす。鍛えられた身体に刻まれた背中の刺青は入所によって途中で止まったまま。その空白を埋めるかのように男は性急に動く。鈴木は「最も凶暴な男」のひとりとして東映ヤクザ映画史に刻まれる上林を激烈に演じきる。

猟奇殺人事件が発端となり、捜査本部に招集された日岡(松坂桃李)と復讐鬼と化した上林が交錯していく。前作に続いて登場する毒気の強いキャラクターたちも健在だ。
そしてもうひとつ。この映画を観て俄然食欲がわいた。村上虹郎が演じる幸太はことあるごとに姉の元を訪れ「腹が減った、何か食わせてくれ」と焼きそばを喰らう。新たにコンビを組む瀬島(中村梅雀)は「相棒なんだからメシを食おう」と誘う。渋々応じた日岡の前にはビールと家庭料理が並び、焼酎をしこたま飲んだ後には広島名物「たこ飯」が振る舞われる。
活力は喰らうことで生まれることを監督は知っている。この作品は食欲をかき立てる力を持つ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 44 件)
高橋直樹

4.0鈴木亮平が演じる上林という❝モンスター❞の登場で、松坂桃李が演じる日岡刑事の❝狼❞化へのレベルが上がる。

2021年8月19日
PCから投稿

前作の3年後(=平成3年)を完全オリジナルストーリーで描いた本作。
「LEVEL2」を見ても、この「孤狼の血」シリーズは、役者から製作陣まで気合が入りまくっているのがよく伝わります。
特に本作では、息もつかせぬような演技の応酬が繰り広げられ役者陣の本作にかける意気込みの強さを感じ取れます。
中でも鈴木亮平が演じる上林という❝モンスター❞の登場が本作の核となっていて、「R15+」に相応しい日本映画史に残り得る怪演を見せ続けます。
タイトルが「LEVEL2」となったことに合わせてか、主演の松坂桃李が演じる日岡刑事は、前作から狂気のレベルが増しています。ただ、前作の役所広司が演じる大上刑事(ガミさん)の、狂暴すぎる❝狼❞の領域にまでは行っていなく、日岡刑事が❝ガミさん化❞するまでは、この「孤狼の血」シリーズは続いてほしいところです。
今のところ、前作で日本アカデミー賞の主演男優賞と助演男優賞を受賞した役所広司と松坂桃李のコンビが最強に良いので、本シリーズには更なる高みを期待します。

コメントする
共感した! (共感した人 45 件)
細野真宏

4.5白石和彌監督版「広島死闘篇」

2021年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いて評判を呼んだ、白石和彌監督による「孤狼の血」の続編。原作の3部作にはないオリジナルストーリーで描かれており、前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀一が主人公。
3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれて殺害された、伝説のマル暴刑事・大上の跡を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡。権力を用い、裏の社会を取り仕切る日岡に立ちはだかったのは、上林組組長・上林成浩(鈴木亮平)だった。こんなにも狂気をはらんだ役を演じ切った鈴木にとっては、新境地開拓といって良いのではないだろうか。
また個人的に村上虹郎、西野七瀬、そして中村梅雀の存在感こそが今作を一段上のグレードへと連れて行ったと断言しても良いほどに説得力のある演技を披露した。最後に、これは「仁義なき戦い」でいうところの「広島死闘篇」といえる。さらなる続編へと繋がる道を用意している点も上手い。

コメントする
共感した! (共感した人 46 件)
大塚史貴
すべての映画レビューを見る(全383件)