彼女がその名を知らない鳥たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
彼女がその名を知らない鳥たち
27%
56%
14%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

沼田まほかるの人気ミステリー小説を蒼井優、阿部サダヲ主演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化。下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。

2017年製作/123分/R15+/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

映画レビュー

4.0愛という一方通行が守ってきたものとは

さん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

生理的に受け付けない男と暮らしながら、過去の男の面影を追い求めては、詐欺まがいのことをして日々の暇をつぶして生きている十和子。
十和子に罵られ、蔑まれ、それでも笑いながら全てを許す陣治。

何年も前に酷い目にあわされた男を、それでも追い求めて、陣治を虐げる十和子に、
そんなに嫌なら同居を解消して別れてしまえばいいのに、と思う。

陣治と十和子の関係は、どこか思春期の娘に対する父親のように見える。
異常なほど、娘のやることなすことに執着する父と、それに反発する娘。
血縁であるからこそ起きているはずのものが、他人どうしの、しかも片方向だけの愛から来ているのは何故なのか。

ラストまでを知って、その片方向だけの愛が、何故そんなにも執着になるのかが理解できた。
ただ、心配で。という言葉の重さにも。

人間は、自分よりも相手を思う愛の方が強く折れない。

それは陣治の愛なのか。
十和子の愛はやはり過去の男にあり、陣治にはないのか。
そうだとしたら悲しすぎるけれど、陣治は十和子に対する見返りは求めていないだろう。
十和子が生きてくれているだけで、すべてを投げ出してもいいと思えるほど、
十和子がそこにいるだけで他はすべて構わないと思えるほどの、気持ちを陣治は自分の中に持っている。

十和子が知らない鳥は、すべて陣治のなかにあり、十和子が知らない間にすべて陣治によって守られている。
それに気づいた時、十和子は何を思い、そしてラストでどういう気持ちになるのか、
多くを語らない、シンプルさがとても潔い。

それが愛と呼べるのかどうか、本当に理解したときにはもう手遅れのことが多い。
それは父と娘の関係に、やっぱり似ていると思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
鯨

3.0気持ち悪い愛

2019年11月28日
iPhoneアプリから投稿

『恋は盲目』と言いますが、陣治さんの完璧な片想いが、ラストによって 『愛は永遠』になったのかな、と感じました。

しかし、無責任な。
この後の十和子さんがまともに生きていけるはずもなくまともな精神でいられるはずもないでしょ。
そういう意味では陣治さん、最後に逃げた?と感じた。
純粋な魂に か弱い悪はさぞや魅力的でしょう。
最後の陣治さんの行動は私には〝もぅ無理、解放して〟に思えた。
陣治さんは満足でしょうし、救われたでしょう。

でもホントの地獄が十和子さんに来るのはこれからでしょう?なんて恐ろしいラスト…と思いました

阿部サダヲはやはり演技上手いね
蒼井優はこういう役が似合う

その他、ナイスな配役でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アルバさん

4.5愛する人の幸せを考えるって

Queen0107さん
2019年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

これぞプロ!と言える俳優陣。演技力がすごい。ホントすごい。
号泣ではないですが、涙がつつーと流れてしまいました。
じんじの役は阿部サダヲしかできませんね。
十和子は特別美人でもない、イライラさせられる女。なのに魅力を感じてしまう。魔性の女、蒼井優ちゃんだからこそ出来る役。観終わった後、気持ちがかなり重くなりますが、愛する人の幸せを考えるってなんだろうと、考えさせられる映画でした。
水島と十和子が出会いが不自然だったので、マイナス0.5ということで。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Queen0107

4.0知らなすぎた、、

makincosさん
2019年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
makincos
すべての映画レビューを見る(全230件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「彼女がその名を知らない鳥たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。