凪待ち

劇場公開日

凪待ち
41%
44%
10%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「孤狼の血」の白石和彌監督が、香取慎吾を主演に迎えて描くヒューマンサスペンス。「クライマーズ・ハイ」の加藤正人が脚本を手がけ、人生につまずき落ちぶれた男の喪失と再生を描く。無為な毎日を送っていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓と彼女の娘・美波とともに亜弓の故郷である石巻に移り住むことに。亜弓の父・勝美は末期がんに冒されながらも漁師を続けており、近所に住む小野寺が世話を焼いていた。人懐っこい小野寺に誘われて飲みに出かけた郁男は、泥酔している中学教師・村上と出会う。彼は亜弓の元夫で、美波の父親だった。ある日、美波は亜弓と衝突して家を飛び出す。亜弓は夜になっても帰って来ない美波を心配してパニックに陥り、激しく罵られた郁男は彼女を車から降ろしてひとりで捜すよう突き放す。その夜遅く、亜弓は遺体となって発見され……。「くちびるに歌を」の恒松祐里が美波、「ナビィの恋」の西田尚美が亜弓、「万引き家族」のリリー・フランキーが小野寺を演じる。

2019年製作/124分/PG12/日本
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

映画レビュー

3.5香取慎吾の隠された魅力

ローチさん
2019年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

とにかく香取慎吾をこの役に起用し、彼の隠された魅力を引き出したことがこの映画最大の功績であり、魅力の核だろう。ギャンブル依存症で良いところは一つもないような男だが、見捨てることのできない人としての魅力を放っている。こういう駄目人間って確かにいるよなというリアリティを強く感じさせる、大変説得力ある芝居をしている。
人生をやり直すために引っ越した石巻で、悲劇に巻き込まれ、同調圧力の強い田舎町に馴染めず、殺人犯だと噂される。強くありたいと願うのに、強くなれない、環境のせいにしていつでも言い訳を考えてしまっている。震災から復興のためにがんばっている東北の町と人生に絶望した男の喪失感が重なるようで対比的だ。失われたものは帰ってこない、それでも前を向く町と、喪失感から逃れられず前を向くことができない男。映画はほんの少し、男の再生の可能性を見せて終わる。人はだれもそんな強くない、それを認めることが強くなる第一歩なんだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
ローチ

4.0香取慎吾の挑む姿勢は○ リリーフランキーの起用法は△

AuVisさん
2019年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

暴力やエロスでエッジを利かせた映画を撮り続けてきた白石和彌監督にしては、かなり抑えた演出が印象的。去年、今年と劇場公開作を3本ずつ作っている超売れっ子監督だが、原作ありきではない映画で本当にやりたいことを追求した結果のように思える。

本作の香取慎吾、「半世界」の稲垣吾郎もそうだが、元SMAPの彼らはいわゆるガテン系のキャラクターに扮することで、セルフイメージを壊して演技の幅を広げようとしている。白石監督と香取それぞれの新境地を志向して挑戦する姿勢が合致し、意欲的な社会派ドラマと相成った。

リリーフランキーと白石映画とくればもちろん「凶悪」での怪演が思い出されるが、本作での起用は果たして正解だったのか。観客にある種の先入観を与えてしまうし、人物の内面描写も物足りない。

「ろくでなし」という言葉の意味を、しみじみと考えさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 26 件)
AuVis

4.0白石監督らしい演出

2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ある意味これがジャニーズの呪縛から離れて、自分の足で歩き出した一歩目なのかもしれない。
そんなことを思いながら鑑賞しました。
元々、影のある訳あり男は香取君の得意な役柄だと思うけれど、
昨今の演者に多いジェームズ・ディーンタイプ(内向的演技)とは一線を記して、
自分がどう観られるかというテーマに於いて、
キャラクターが観客にどう映るかに重視している香取君は、
やっぱり才能豊かな役者さんになったなあと感心しました。

ただ、声がね。
クズにしては明るく高すぎるのよ…w

そして脇を固める演者さんたちも、
ああ、白石監督らしい演出だなあと。

元々、白石和彌監督はとってもバランスの良い映像を作り上げる人だと思ってて、
この絵にこのキャスティングと、いろいろ拡げていたんでしょうね。
白石作品が安定して見えるのは、 それだと私は思ってて、
かつ、観客の目線を特に気にしている人にも思っていましたので、
今回も、安定の白石作品でした。

これから、名前のない地図に、たくさんの名前が増えていくにつれ、
手放したものの大きさを痛感するのでしょうが、 どうか負けずに歩んでいってほしいと思っています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)

4.5名画座二本立てで鑑賞

れいさん
2020年2月4日
Androidアプリから投稿

郁男、なんて駄目な人なの!
どうしたら良いのかって観点から見てた。

小野寺の献身さに、ここまで心を尽くして向き合わないと、相手に響かないのか...と思った。そう思わせる二人の演技は、やはり凄い。

香取慎吾は体が良いし、労働でバリバリ稼げそうなのに...と思わせるところも、この役にぴったり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
れい
すべての映画レビューを見る(全260件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る