凶悪

ALLTIME BEST

劇場公開日

凶悪

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴いていく過程をつづったベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)を映画化。取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、須藤が死刑判決を受けた事件のほかに、3つの殺人に関与しており、そのすべてに「先生」と呼ばれる首謀者がいるという告白を受ける。須藤は「先生」がのうのうと生きていることが許せず、藤井に「先生」の存在を記事にして世に暴くよう依頼。藤井が調査を進めると、やがて恐るべき凶悪事件の真相が明らかになっていく。ジャーナリストとしての使命感と狂気の間で揺れ動く藤井役を山田孝之、死刑囚・須藤をピエール瀧が演じ、「先生」役でリリー・フランキーが初の悪役に挑む。故・若松孝二監督に師事した白石和彌がメガホンをとった。

2013年製作/128分/R15+/日本
配給:日活

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 白石和彌
優秀脚本賞 高橋泉 白石和彌
優秀助演男優賞 ピエール瀧
優秀助演男優賞 リリー・フランキー
詳細情報を表示

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血ぬられた墓標
  • 知りすぎた少女
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 呪いの館
  • 血みどろの入江
  • 新エクソシスト 死肉のダンス
  • GONIN
  • GONIN2
  • カリスマ
  • 霊的ボリシェヴィキ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2013「凶悪」製作委員会

映画レビュー

4.0過去鑑賞

刺繍屋さん
2021年8月2日
iPhoneアプリから投稿

初めて観た時の感想は
“凄まじい”
の一言でした。

これが実際にあった事件を元にして作られたかと思うと背筋が寒くなってしまいますね。

このような題材を選び、ここまでの作品に仕上げられた白石監督の手腕は確かに素晴らしいと思いますが、山田孝之さん、リリー・フランキーさん、ピエール瀧さん、この三人の秀逸な演技があってこその作品ですね。

山田孝之さんは安定した巧さでしたね。山田孝之さん演じる藤本は殆ど表情が変わらず、何を考えているのか伺い知れず、狂気じみていて、他の2人とはまた違った意味で怖かったです。正義感も勿論あったでしょうし、現実からの逃避もあったと思いますが、いったい何が彼を駆り立てのでしょうね?

リリーフランキーさん演じる先生こと木村は他人を虫ケラ以下にしか見ていないですし、まるでちょっとした悪戯ぐらいの感覚で人の命を弄んでいましたが、やはりラストが秀逸でしたよね。
背筋の寒くなってしまいますね。

ピエール瀧さん演じる須藤は、この三人の中では一番感情が豊かではありますが、リアリティが有り過ぎて、躊躇いのない直線的な暴力描写はかなり怖かったです。

恐怖が先にたってしまう作品ですが、これが実際にあった事件を元に作られたかと思うと、いろいろ考えさせられますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
刺繍屋

5.0悪役善人説は昭和の遺物か

2021年7月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

そこをどけ 先生が通る 悪魔道 春はこねども 察動くなり
須藤純次

2013年もしくは2014年にTSUTAYAでレンタルして以来2度目の鑑賞
原作未読
2013年最高かつ最低のエログロナンセンス
悪趣味だけど傑作
ネタバレとか以前に詳細は決して書きたくない
そんな内容

名監督白石和彌の代表作

数多くの人間を無慈悲に殺し死刑判決を受けた凶悪犯須藤(ピエール瀧)の証言を元に取材するジャーナリスト藤井修一(山田孝之)
須藤がかつて先生と呼び慕っていた不動産ブローカー木村(リリーフランキー)は一連の事件の首謀者だという
藤井修一は須藤の犯した犯罪には強い関心があるが義母の世話で苦しむ妻(池脇千鶴)には無関心のようだ

首吊り自殺に見せかけて殺したと接見室で証言したあとにテヘッて感じで笑う須藤とそれに釣られて笑う藤井が印象的

法廷でキレる藤井修一もなかなか

悪役初挑戦のリリーフランキーはなかなか登場しない
開始45分後くらい

リリーフランキーまでリアルに逮捕されるようなことするなよ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野川新栄

3.5楽しかったんでしょう?

talismanさん
2021年7月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

難しい

法廷でリリー・フランキーとピエール瀧が睨み合う目が共に凄かった。ピエール瀧は当然のごとく「ホントはいい奴」役ではなく入信もペン習字も上っ面感がよく出てた。

面会室のガラスを挟んでどちらがどちら側に居るのかわからなくなってくるほど山田孝之の顔つきとピエール瀧の表情が変化していく。最後の「せんせい」は、完全に相手を見透かしていた。池脇千鶴演じる妻も夫を一番わかってしまっている。

共演者が揃いも揃ってすごかったので山田孝之は大変でやりがいあったろうな。

恐喝する言動はわかりやすく怖いけれど、状況とまるで合わない笑いと無表情はもっとずっと怖い。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
talisman

4.0キャスティング最高

POZMAさん
2021年7月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
POZMA
すべての映画レビューを見る(全209件)

他のユーザーは「凶悪」以外にこんな作品をCheck-inしています。