ダニー・ボイル監督、「28日後」シリーズ第3弾は脚本家のスケジュール次第と説明

2019年7月25日 12:15

ダニー・ボイル
ダニー・ボイル

[映画.com ニュース] 「トレインスポッティング」や「スラムドッグ$ミリオネア」のヒットメーカーとして知られるダニー・ボイル監督が、「28日後…」(02)、「28週後…」(07)に続く、第3弾「28月後…(仮題)」の実現の可能性について言及した。

28日後…」とは、感染すると凶暴性を引き起こす新種ウィルスの脅威を描くゾンビアクションホラーで、スマッシュヒットを記録。5年後に発表された続編「28週後…」では、ボイル監督は製作総指揮に退き、スペイン出身のファン・カルロス・フレスナディージョ監督(「10億分の1の男」)がメガホンを取っている。

新作映画「イエスタデイ」のプロモーションで、英インディペンデント紙の取材を受けたボイル監督は、「28日後…」シリーズ第3弾の可能性について問われ、「(脚本家の)アレックス・ガーランドと私には第3弾の素晴らしいアイデアがある」と返答した。

だが、その後、米Playlistのインタビューにおいて、「28月後…(仮題)」の実現は脚本家アレックス・ガーランド次第であると、コメントを修正した。小説家のアレックス・ガーランドレオナルド・ディカプリオ主演、ダニー・ボイル監督作「ザ・ビーチ」の原作者として知られ、その後、ボイル監督のためにオリジナル脚本「28日後…」を執筆し、脚本家としてデビュー。ボイル監督の「サンシャイン2057」(07)も執筆したものの、制作中に意見が対立したことからパートナー関係を解消。その後、ガーランドは、カズオ・イシグロ原作の「わたしを離さないで」(10)や「ジャッジ・ドレッド」(12) などの脚本を執筆。2015年、自身のオリジナル脚本による「エクス・マキナ」(15)で監督デビューを飾り、ナタリー・ポートマン主演の第2作「アナイアレイション 全滅領域」(18)を手がけている。

現在、ガーランドは自身の監督作に加え、自身が立ち上げたオリジナルドラマ「Devs(原題)」の執筆で多忙を極めているそうでボイル監督は「私自身は第3弾の企画を進めて、自らメガホンを取っていいと思っている。だが、彼は自分が監督したいと思うものを執筆しており、それはいいことだと思っている」とコメント。つまり、アレックス・ガーランドが興味を示し、なおかつ、脚本を完成させないことには実現しないようだ。

ダニー・ボイル監督の新作「イエスタデイ」は、「ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」などのロマコメの名手として知られる脚本家リチャード・カーティスによるファンタジー映画。ある日を境に、世界中の人々がビートルズの存在を忘れてしまった世界で、ビートルズの楽曲を歌ってスターダムを駆け上がる売れないミュージシャン(ヒメーシュ・パテル)と献身的なマネージャー(リリー・ジェームズ)との恋の行方を描く。10月11日全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース