「007」最新作からダニー・ボイル監督が降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月23日 > 「007」最新作からダニー・ボイル監督が降板
メニュー

「007」最新作からダニー・ボイル監督が降板

2018年8月23日 11:00

ダニーボイル監督「トレインスポッティング」

ダニーボイル監督
Photo by Walter McBride/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダニエル・クレイグが主演する「007」シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」から、ダニー・ボイル監督が降板したことが明らかになった。

Twitterの「007」公式アカウントで、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンバーバラ・ブロッコリ、クレイグが連名で発表した。降板はボイル監督の決断で、クリエイティブ上の意見の相違が原因だという。

クレイグにとってシリーズ5度目の主演作となる「ボンド25」は当初、「カジノ・ロワイヤル」から「スペクター」まで4作の脚本を手がけたニール・パービスロバート・ウェイドが脚本を執筆。監督候補としてヤン・ドマジュドゥニ・ビルヌーブデビッド・マッケンジーらの名が挙がっていた。

しかし、ボイル監督が、自身の原案をもとに「トレインスポッティング」などでタッグを組んできた脚本家ジョン・ホッジが執筆した脚本を、ウィルソンとブロッコリにプレゼンしたことで事態は急展開し、今年5月にボイル監督にメガホンが託された。

ボイル監督が降板し、プロデューサー陣がホッジの脚本のまま企画を進めるのか、パービス&ウェイドの脚本に戻すのかは今のところ不明。新たな監督探しも再びスタートすることになる。

「ボンド25」は今年12月に英パインウッド・スタジオでクランクイン、全英公開が2019年10月25日、全米公開が19年11月8日の予定だったが、今回の降板が撮影・公開スケジュールにどう影響するか、まだ明らかになっていない。

(映画.com速報)
トレインスポッティング[Blu-ray/ブルーレイ] トレインスポッティング[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,291 ヘロイン中毒に陥った若者たちの生態を、斬新な映像感覚で生々しく描いたドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報