クリストファー・ノーラン版「007」実現ならず 本人が「ボンド25」監督説を否定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月20日 > クリストファー・ノーラン版「007」実現ならず 本人が「ボンド25」監督説を否定
メニュー

クリストファー・ノーラン版「007」実現ならず 本人が「ボンド25」監督説を否定

2018年2月20日 13:00

「いつかはボンド映画をつくりたい」とも告白「ボンド25(仮題)」

「いつかはボンド映画をつくりたい」とも告白
写真:The Mega Agency/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッド屈指のヒットメーカー、クリストファー・ノーラン監督が、「007」シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」のメガホンをとらないことを明言した。

ノーラン監督は2月18日(現地時間)、英BBC Radio4のラジオ番組「Desert Island Discs」で、「私はその人物ではない。断固としてない。スタジオが新しい監督を雇おうとするたび、私がやると噂されている気がするね」と監督説を一蹴。「でも、いつかはボンド映画をつくってみたい。製作陣は私を特別に必要としているわけではないが、私はずっとボンド映画からインスパイアを受けているからね」と意欲を明かした。

以前から同シリーズのファンであると公言してきたノーラン監督は昨年7月、「プロデューサーのバーバラ・ブロッコリマイケル・G・ウィルソンとはかれこれ何年も話している」、自分がメガホンをとるなら「新たな解釈かつ自分らしい作品である必要がある」と発言していた。

2019年11月8日に全米公開予定の「ボンド25(仮題)」は、6代目ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグが続投。監督候補として、サバイバルスリラー「ベルファスト71」のヤン・ドマジュ監督や、「メッセージ」「ブレードランナー 2049」のドゥニ・ビルヌーブ監督、「最後の追跡」のデビッド・マッケンジー監督の名前が報じられている。「ダンケルク」で初のアカデミー賞監督賞にノミネートされた鬼才ノーラン監督が候補から外れたいま、クレイグ版ジェームズ・ボンドのフィナーレが、どの監督に託されるのかに注目が集まる。

(映画.com速報)
007/スカイフォール[Blu-ray/ブルーレイ] 007/スカイフォール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 生誕50周年を飾り新たな幕開けを描いたシリーズ第23作。
007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 007/慰めの報酬[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 イギリス情報局秘密情報部に所属するジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ・アクション「007」シリーズより、第22作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi