泣き虫しょったんの奇跡

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
泣き虫しょったんの奇跡
泣き虫しょったんの奇跡
14%
57%
25%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「青い春」「ナイン・ソウルズ」「I'M FLASH!」などでタッグを組んできた豊田利晃監督と松田龍平が、棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説「泣き虫しょったんの奇跡」を映画化。おとなしくて何の取り柄もなかった「しょったん」こと瀬川晶司は、将棋で初めて周囲から認められたことをきっかけに棋士の道を目指す。ライバルや師匠との出会いを経て着々と実力をつけた彼は、プロ棋士の登竜門である奨励会に入会。しかし「26歳までに四段昇格できなければ退会」という規定へのプレッシャーに負け、退会を余儀なくされてしまう。大きな挫折を味わい絶望に打ちひしがれる晶司だったが、将棋を愛する気持ちや仲間たちに支えられ、再びプロ棋士を目指すべく立ち上がる。松田が主人公の瀬川晶司を演じ、共演にも永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子ら豪華キャストが集結。

2018年製作/127分/G/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

映画レビュー

4.0豊田監督が撮る運命だった作品

2019年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

奨励会にいたこともある豊田利晃監督が、一度は奨励会で挫折しながらも、アマチュアからプロになるという異例の道を切り開いた男の実話を映画化する。このこと自体にものすごく濃いドラマがある。本作は豊田監督が作るべきだったろうし、それが運命だったんじゃないかと思わせる。
将棋の対局を映画で魅力的に描くのは難しいことだと思う。「3月のライオン」では望遠を使って次の一手を考え抜く棋士たちの表情をクローズアップで捉えたが、本作ではそういう過剰な演出はない。しかし、淡々としながら緊張感のみなぎる対局をリアリティ重視で描いている。

好きなことを仕事にできるのは幸せだが、そこに至る道は苦難の連続だ。豊田監督も「将棋を憎んでいた」と語っていたが、好きなものだからこそ、つらくなる。奨励会を辞めて、従来の道が閉ざされても、好きなものを諦めなかった瀬川はそれだけですごいことだと思う。
映画は、瀬川のキャリアを通じて旧来の価値観に固執する業界への批判も忘れていない。将棋への愛を失っていないからこその豊田監督の愛ある批判だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.0感動実話の裏に、旧態依然とした組織への批判的視点

2018年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

知的

自身も奨励会に入ってプロ棋士を志した経験を持つ豊田利晃監督。見かけ上は単調な駒の差し合いの繰り返しである将棋の対局を、サスペンスとドラマに満ちた人間の生き様、人生の一大局面として情感豊かに演出している。盤の周りに円形レールを敷いて対局する二人をぐるぐるまわりながら撮影するショットなど、工夫に満ちた映像のアプローチでも楽しませてくれる。

松田龍平にはあまり感情を表に出さないキャラクターがよく合う。本作はタイトルにもある通り、「泣き顔」がある意味で目玉。これがなんとも味わい深いのだ。彼の演技幅の広さを感じさせる。

この感動実話の裏には、日本の古い組織に特有の、既得権を守る方向にはたらく閉鎖性、硬直性に対する批判的な視点がある。旧態依然とした将棋界のプロ昇格制度に立ち向かった側面もまた、この静かなドラマを盛り上げている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

4.0今度の涙はうれしい涙

2020年7月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

一度挫折し諦めかけてた。
そこからのあきらめ悪すぎてかっこいい。
こんなプロ棋士がいた事を知らなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.5好きなことをやればいいの、ドッカーンとね♪

kossyさん
2020年7月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 居酒屋で藤田(小林薫)の言う「負ける悔しさを楽しむ」がいい言葉だなぁ~などと、しみじみ思う。がむしゃらに勝つことだけを考えるよりは、のびのびと対戦できることがいいに決まってる。できれば、人生負けたら終わりという言葉も取り消してもらいたい気もする。

 松たか子の教師役を見ると、どうしても『告白』を思い出さざるを得ない。いつ、爆発するのかと思いつつ、実は生徒の個性を伸ばす信念を持つ、いい先生だったんですね。ハガキのドラえもんの絵も上手かったし・・・

 好きなのは奨励会の仲間とわいわい過ごしていた瀬川の部屋だった。いい人だったから皆が集まったんだろうし、友達を失う奨励会の緊迫した雰囲気を和らげてくれる存在だったのだろう。パチンコ、競馬、ちんちろりん。厳しい勝負の世界から解放された仲間の雰囲気は、棋界という特殊な輪から抜け出す唯一の平和。TVゲームはストⅡにこだわってるところもいいw

 26歳で退会になる奨励会。入水自殺をしたという話も実際にあるのだろう。精進湖だと思ったけど、あの湖の暗さったら半端ない!それだけ残酷でもある保守的な規定の中、やっぱり誰かが打ち破らなければ・・・実際には1944年にプロ編入している人がいたみたい。

 今からでも遅くない。好きなものに打ち込むこと。そんな勇気を与えてくれる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全89件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る