劇場アニメ「海獣の子供」芦田愛菜主演で6月7日公開 久石譲が音楽を担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月27日 > 劇場アニメ「海獣の子供」芦田愛菜主演で6月7日公開 久石譲が音楽を担当
メニュー

劇場アニメ「海獣の子供」芦田愛菜主演で6月7日公開 久石譲が音楽を担当

2019年2月27日 04:00

芦田愛菜が演じるのは 自身と同じ14歳の少女・琉花「泣き虫しょったんの奇跡」

芦田愛菜が演じるのは
自身と同じ14歳の少女・琉花
(C) 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の
子供」製作委員会 PHOTO:HASEGAWA SATOSHI
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 五十嵐大介氏の漫画を劇場アニメ化する「海獣の子供」が6月7日から全国公開されることが決定し、主演の芦田愛菜らメインキャスト、渡辺歩監督をはじめとするメインスタッフが発表された。

同作は、部活で居場所をなくした中学生の少女・琉花が、東京湾で不思議な少年・海と出会うことをきっかけに、海に宿る生命の秘密に触れていく海洋冒険物語。第38回日本漫画家協会賞優秀賞、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど高い評価を受けており、昨年7月16日(海の日)に、「鉄コン筋クリート」を手がけたSTUDIO4℃による劇場アニメ化が発表されていた。

主人公の少女・琉花を芦田、物語の鍵を握る少年・海をピクサーアニメ「リメンバー・ミー」の主人公ミゲル役の日本語吹き替えを担当した石橋陽彩、海の兄である空を俳優・窪塚洋介の息子で映画「泣き虫しょったんの奇跡」に出演した窪塚愛流が演じる。芦田は、「『命のはじまりってどこにあるのだろう。自分の存在意義って何だろう』と、同じ14歳の琉花と一緒に考えたり、知りたいと思いながら演じさせていただきました」と作品への思いを明かし、原作者の五十嵐氏からは、「芦田愛菜さんの声は聞く人を引き込む独得な響きをたたえていて映画の世界にずっと浸っていたい気持ちになりました」とコメントが寄せられている。


画像2

[拡大画像]

メインスタッフも明らかとなり、監督を「宇宙兄弟」「ドラえもん のび太の恐竜2006」の渡辺監督、キャラクターデザイン・総作画監督・演出を「のび太の恐竜2006」で渡辺監督とタッグを組み、「かぐや姫の物語」で作画監督を務めた小西賢一、美術監督を「鉄コン筋クリート」の木村真二が担う。また音楽は、長編アニメーションを手がけるのは2013年公開の「かぐや姫の物語」以来となる久石譲が担当する。

あわせてキービジュアルと特報映像(https://youtu.be/XG0vQuTl_xQ)も披露された。20秒の特報映像では、久石の音楽をバックに、渡辺監督いわく「徹底して『描き』にこだわるスタッフ達が一筆一筆を刻み付けた」アニメーションを堪能することができる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報