龍三と七人の子分たち

劇場公開日

  • 予告編を見る
龍三と七人の子分たち
8%
42%
38%
8%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北野武監督が、引退したヤクザの元組長とその子分たちの活躍をコメディタッチで描いた作品。北野組初参加となる藤竜也を主演に、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭ら平均年齢72歳のベテラン俳優陣が主要キャストとして顔をそろえた。金も居場所もなくなり、毎日くすぶった生活を送っていた元ヤクザの元組長、龍三。ある日オレオレ詐欺にひっかかってしまった龍三は、詐欺で人々を騙す若者たちを成敗しようと、昔の仲間を呼び寄せて世直しに立ち上がる。

2015年製作/111分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2015「龍三と七人の子分たち」製作委員会

映画レビュー

2.0素材を活かせず殺しちゃっている無駄遣い

2019年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

キレ無し、センス無し、パワー無し!
「世直しに立ちあがった」あ? ちと違うんでないかい?
 全面戦争を、コミカルに、もっと勢いよく描いた映画を期待していましたが、内容は細々している。世界観もちっさ!せこい!!!予告見てはちゃめちゃ爽快感を期待していただけに失速感大。
 実は視野広いのに、せこさをどう落としてくるかとキレが、ツ―ビ―トの頃のたけしさんの売りだと思っていたけど、この映画ではたんにせこいだけ。俳優陣やご自身のアイデアを料理しきれていない。

一つ一つの場面は、さすがお笑い芸人、コントとしてクスクス笑える場面もあったけど。う~ん、これツ―ビ―トや懐かしの「オレたちひょうきん族」の面々、ドリフのコントとかならもっと笑えたろうになとついその面影を追ってしまう。(いかりやさんの「ダメだこりゃ」が聞こえてきそうだ。もしくは「しらけ鳥」とか、タケちゃんマンが出てきそうだ)

俳優陣は皆様超ベテラン。チラシの立ち姿は、ここぞとキマッテいて、どれだけ画面で暴れて下さるんだろうとの期待感がMAXになっていただけに、ああ!!もっと骨太の男たちを期待していたんだけど、せこい、せこい。イメージがぁあ!!!!
(小野寺氏の右翼だけは、このハズシ感計算の上でしょと思いますが)

まあ、でもこのベテラン俳優のコントはたぶんニ度と観ることないだろうし、彼ら特有の間でそれなりに面白い。けど、もっとカット割りとか、場面展開がスピーディーだったら映画の印象変わったかもしれない。すごくもたもたしている。この場面いらないんじゃないの?というのもあったし。お茶の間コントのつなぎ合わせ。TVの特番でよかったのじゃないだろうか?

彼らのすごさを台詞で説明するんじゃなくて、演技でやってもらいたかったなあ。それができるメンツ揃えているんだから。

日本の名優陣を使うんだからもっと練ってほしかったです。

レビュアー試写会で鑑賞。プレス用の特大パンフレット頂いたし、誉めなきゃいけないんだろうけど、ここに嘘は書けません。ごめんなさい。

映画としては☆1つですが、俳優陣の珍しいコントがみられたのと『ひょうきん族』を思い出させてくれたので☆2つ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

0.5懐かしい人たちですが、それが何か

2019年9月26日
PCから投稿

あんまりリアルでもないし。
面白くもないし、笑えない。
何か、中途半端な感じてす。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

2.5中途半端アウトレイジ

2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ちょっとぶっ飛びが中途半端な設定。リアリティも無い。
大いなるコントとしてもパンチ弱め。だって藤竜也と近藤正臣は「映画俳優」だから、舞台中心の役者(安田顕)とか芸人(たけしとか)のようなオーバーアクトやアドリブは難しいでしょうね。年も年だし。

ヤクザのOBがあんなにのんびり過ごしてるのかも疑問。
ヤクザの身内があんなに平穏に暮らしているのも疑問。
そもそも龍三たちがもうろくし過ぎで、保護者が必要なレベル。

リアルに寄せてほしいわけじゃなくて、ぶっ飛ぶならもっとやり切ってほしい。
一番笑えたのが、中学の先生では寂しい。

藤竜也は真面目な芝居の方が良いな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ

1.5テーマは面白いと思ったけど

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

ちとすれ違ってる感じ。そんなにお笑いいらないだろ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン
すべての映画レビューを見る(全207件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る