スキャンダル

劇場公開日

スキャンダル
10%
57%
29%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2016年にアメリカで実際に起こった女性キャスターへのセクハラ騒動をシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーの豪華共演で映画化。アメリカで視聴率ナンバーワンを誇るテレビ局FOXニュースの元・人気キャスターのグレッチェン・カールソンが、CEOのロジャー・エイルズを提訴した。人気キャスターによるテレビ界の帝王へのスキャンダラスなニュースに、全世界のメディア界に激震が走った。FOXニュースの看板番組を担当するキャスターのメーガン・ケリーは、自身がその地位に上り詰めるまでの過去を思い返し、平静ではいられなくなっていた。そんな中、メインキャスターの座のチャンスを虎視眈々と狙う若手のケイラに、ロジャーと直接対面するチャンスがめぐってくるが……。ケリー役をセロン、カールソン役をキッドマン、ケイラ役をロビーが、ロジャー・エイルズ役をジョン・リスゴーが演じる。監督は「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のジェイ・ローチ、脚本は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」でアカデミー賞を受賞したチャールズ・ランドルフ。シャーリーズ・セロンの特殊メイクを、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」でアカデミー賞を受賞したカズ・ヒロ(辻一弘)が担当し、今作でもアカデミー賞のメイクアップ&スタイリング賞を受賞した。

2019年製作/109分/G/カナダ・アメリカ合作
原題:Bombshell
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

受賞

メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

ノミネート

主演女優賞 シャーリーズ・セロン
助演女優賞 マーゴット・ロビー

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) シャーリーズ・セロン
最優秀助演女優賞 マーゴット・ロビー
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Lions Gate Entertainment Inc.

映画レビュー

4.0そっくりメイクはすごいが、人物を好きになれない

2020年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

FOXニュースの看板キャスター、メーガン・ケリーを演じたシャーリーズ・セロンの特殊メイクは、担当したカズ・ヒロの2度目のメイクアップ&スタイリング賞受賞でも大いに話題になった。ただ日本ではそれほど有名でもないので、写真と見比べて確かによく似ていると感心はするものの、ゲイリー・オールドマンをチャーチルに変身させた時ほどのインパクトはない。

それにしてもこのメーガン・ケリーという人物、上昇志向が強く計算高い女性で、どうも好きになれない。グレッチェン(ニコール・キッドマン)が提訴した後、同じ女性としての連帯や共感よりも、自身のキャリアにどう影響するかを優先して態度を保留する。映画では描かれないが、2018年には人種差別的な発言をして、司会を務める番組が打ち切られた。

大企業でのセクハラ問題を正面から描いた点で、啓発的な意義は大いに認められる。差別やハラスメントを減らす一助になることを願う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
高森 郁哉

3.5二本立て二本目。実話ベースのセクハラもの。 ニュースキャスターって...

2020年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二本立て二本目。実話ベースのセクハラもの。

ニュースキャスターって美形揃いですよね。さもありなんって感じ。日本でもこれに近い話はきっとあると思う。告発する勇気、これが並大抵なものではないというのが分かります。

ここからややネタバレ注意。

でも和解金20億って…なんか羨ましい気もしてしまいます。もっとすごいのは被害者全てへの和解金より加害者の退職金の方が多いっていうラストテロップ。マジですか?理不尽すぎて言葉もありません。加害者、大勝利ですやん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0女である前にアンカーよ

shimoさん
2020年9月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

3.0平坦で散漫

みみずさん
2020年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

難しい

重いテーマのはずなのだが、それほど怒りを感じることもなく、
不快な思いをすることも余りなかった。
それは私が男だからなのだろうか。
理由は2つあるように思う。

1つはいわゆる#Metoo運動が少なくとも日本においては非常にうさんくさく、
心からのシンパシーを感じられないこと。
特にマスコミや芸能界においては、怪しげな連中が跋扈しているように見える。
実際、ハニートラップに填まる愚か者が後を絶たない?

2つめはトランプの存在だ。
事実に基づく話だから実際にそうだったのかもしれない。
しかし、そこが強く出過ぎてしまったがために、フォーカスがぼけた。
そして、3人それぞれの内面を掘り下げられず、比較的平坦なストーリーとなってしまった。

全体としてつまらなくはなかったが、心に訴えかけるパワーはなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
みみず
すべての映画レビューを見る(全199件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る