網走番外地

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「昭和侠客伝」の石井輝男監督が高倉健を主演に据え、北海道の大自然を背景に脱獄を決行した男たちの逃亡劇を描いたサスペンスドラマ。極寒の地、北海道の網走刑務所に傷害罪で収監された任侠やくざの橘真一は、前科5犯の権田権三と1つの手錠でつながれる。権田は同じ雑居房を牛耳る古参囚人の依田に共鳴し、橘は事あるごとに彼らに反発する。雑居房では依田と権田を中心に脱獄計画が企てられるが、仮釈放を控える橘は乗り気になれない。しかし、そんな橘の気持ちをよそに脱獄は実行されることになり……。

1965年製作/92分/日本
配給:東映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

1.5おっかさん…

2022年8月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
KEI

5.0恋しき母よ妹よ…雪原の大脱獄!

2022年8月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 2件)
しゅうへい

4.0【”母と妹を想う一本気な男が、北の果ての獄で経験した事。”シンプルなストーリーだが、脱獄シーンを始め見所多き作品。ヤクザと言えども、母は恋しく、情けはあるのである。】

2022年7月27日
PCから投稿

悲しい

興奮

幸せ

■網走刑務所に収監された橘真一(高倉健)と権田権三(南原宏治)。
 義父とうまくいかずヤクザの世界に飛び込んだ橘は、傷害事件を起こし懲役刑となり、網走刑務所へ収監される。
 したたか者の権田は雑居房を牛耳る牢名主依田に共鳴し、橘は反発を強める。
 そんな中、依田たちは密かに脱獄計画を進めるが…。

◆感想

・脱獄計画を進める中で、それまで静だった男が、”8人殺しの鬼虎”(嵐寛十郎)と分かり、牢名主を含めて皆が、ビビるシーン。
ー その前にも描かれているが、どうも獄では凶悪犯程、地位が高いらしい・・。-

・橘と権田が、トロッコで脱走するシーン。それを追う、橘に気を掛けていた妻木(丹波哲郎)。
ー 迫力が凄い。ついでに言えば、酷寒の中、良く撮影したモノだと思う。高倉健は、雪が似合うなあ・・。-

・橘と権田が、自分達を繋ぐ手錠を、機関車の車輪で切るシーンも、凄い。
ー 橘は無事だったが、権田は重傷を負う。橘は逃げようとするが、権田の母を呼ぶ声を聞いて・・。-

<年代的に、初鑑賞であるが、非常に面白い作品である。シリーズ化された事も、納得である。>

コメントする (0件)
共感した! 2件)
NOBU

3.5歌は知ってるし、映画があることも公開の時から知ってたが、観るのは初めて

2020年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1.第一印象は、1965年公開なのに白黒映画なのか、と少しガッカリ
2.橘にとって、権田は疫病神だな
3.楽しい映画ではないが、印象深い
4.最後の締め括りが、嬉しい話で終わるので良かった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
KEO
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「網走番外地」シリーズ関連作品