網走番外地 南国の対決

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
29%
71%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

伊藤一の原案を「大悪党作戦」の石井輝男が脚本にし、監督した“網走シリーズ”の第六作目。撮影はコンビの稲田喜一。

1966年製作/88分/日本
配給:東映

ストーリー

竜神一家のために命を張って、網走刑務所に送り込まれた橘真一は、出所の日に先代親分が沖縄で事故死したことを知った。何か裏がありそうだ、そう考えた橘は直ちに沖縄へ向った。その途中の船で、橘は母を探して沖縄へ渡る一郎少年と、南という男と知り合った。やがて沖縄へ着いた橘は、南が豪田一家の殺し屋でありまた、竜神一家の二代目を継いだ関村が豪田と手を結んで、こともあろうに先代親分と関係の深ったギボ建設を潰そうとしていることを知った。彼らの謀みを粉砕するため、橘は先ず、豪田組にもぐり込んで親分の死の真相を探っている大槻と樫山に連絡をとった。一方、豪田と関森は橘の動きに身の危険を感じて、南に橘を消すよう命じた。しかし、橘の気っぷに惚れ込んだ南にその気はなかった。そして二人は馴れあいの決闘をやって海に身を投げたのだが、それを見ていた豪田はまんまと騙されてしまった。やがて、橘は船員の佐竹が親分の死の真相を握っていることを知ったが、佐竹は恋人の夏子と共に豪田に捕えられていた。そんな時に網走から遥々駈けつけた鬼寅が、南と共に佐竹を救い出した。しかし、南は関森に殺されてしまった。佐竹は、竜神親分が工事現場で、関森と豪田一味に殺されたことを話した。また、大槻と樫山の報告からその確信を得た橘は単身豪田一家に乗り込んだ。愛用の白柄のドスを握った橘を見て、豪田の手下は誰一人手向おうともしなかった。一瞬のうちに豪田と関森を斬った橘は、再び網走に送られることは知っていたが、明るい気持ちだった。橘のお蔭で母を探し出した一郎や鬼寅に見送られて、親分の仇を討った橘は晴々とした顔で船に乗り込むのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • キラー・メイズ
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編前編」【TBSオンデマンド】
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 冒険編後編」【TBSオンデマンド】
  • アルカディア
  • カオス
  • 死霊の罠
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

2.5神出鬼没のアラカン

2018年6月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

出所した途端、親分が沖縄で亡くなり、破門状が届く。
怪しんだ健さんは沖縄に向かうが、途中で母を探す少年と、キザな殺し屋とも知り合う。
レギュラー陣の中でも、アラカンの神出鬼没ぶりは口ポカン。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0軽さがあっていい

2014年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

追悼番組で見ました。復帰前の沖縄ロケがおもしろい。高倉健さんが、チンピラを演じていて、軽みがあっていいです。アラカンさんも味があっていい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
月の貝殻

3.0行く先。

Noriさん
2014年11月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

幸せ

返還前の沖縄を、橘と大槻(高倉健と田中邦衛)が闊歩するシリーズ第6弾。
当時の沖縄歓楽街の風景等をバックに、任侠道を歩まざるを得ない、漢の姿をみせてくれる。
男に求められていた、力強さが廃れてしまう過程にある時代のエンターテイメント、だったのかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Nori
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「網走番外地」シリーズ関連作品