石井輝男

石井輝男
ふりがな
いしいてるお
誕生日
1924年1月1日
没日
2005年8月12日
出身
日本/東京

映画監督、脚本家。東京都麹町出身。幼少から帝都座(現新宿マルイ)などに通い詰める。1939年に早稲田実業を中退、42年に東宝に入社し第2撮影所に所属、円谷英二に出会う。45年に徴兵、陸軍浜松航空隊に配属され中国、朝鮮などを回る。

終戦後は東宝に復帰するが同社の労働争議を経て分裂した新東宝へ。清水宏、成瀬巳喜男、中川信夫、田中絹代などの現場を経験。その清水の推薦から57年「リングの王者・栄光の世界」で監督デビューし同世代の今村昌平、中平康、増村保造、舛田利雄らと共に注目される。日本初の特撮ヒーロー「スーパージャイアンツ」(57〜59)、地帯(ライン)シリーズなどの刺激的な娯楽作を手がけた。

61年、東映に移籍。第一弾は高倉健主演「花と嵐とギャング」。65年「網走番外地」で任侠ブームを生み、高倉をスターの座に押し上げた。68年には異常性愛路線の「徳川女系図」を発表、「徳川いれずみ師 責め地獄」「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」(共に69)などがヒットするが、世論の反発や出演女優の失踪により、東映社内を二分する助監督声明事件に発展した。

その後、千葉真一「直撃!地獄拳」(74)や岩城滉一の「爆発!暴走族」(75)を発表するが、79年以降はテレビ主軸の活動に。その後、名画座で行われた石井作品の企画上映によって再評価が高まり「キング・オブ・カルト」という異名を持つに至る。93年、14年ぶりの劇場映画「ゲンセンカン主人」で復活、「盲獣VS一寸法師」(04)まで新作を精力的に発表するが、05年8月に肺ガンにて逝去、81歳だった。

荒唐無稽な作風が身上だが、中抜きなど高い技術を持ち、香港や沖縄ロケ(「網走番外地 南国の対決」)、全編DV撮影といった意欲的な取組みも多い。温厚な人柄で国内、さらにクエンティン・タランティーノやジョン・ウーら海外の映画人からも敬愛された。本人の希望で網走市内の霊園に埋葬、高倉健の碑文による墓碑が建てられた。

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

網走番外地盲獣VS一寸法師007 ノー・タイム・トゥ・ダイ007 スペクターベイビー・ドライバーナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密ゼロ・グラビティグランド・イリュージョン 見破られたトリックオールドジェイソン・ボーン

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

石井輝男の関連作品(映画)をもっと見る

関連記事

石井輝男の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「石井輝男」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る