ねじ式
ホーム > 作品情報 > 映画「ねじ式」
メニュー

ねじ式

劇場公開日

解説

売れない漫画家の幻想的な放浪生活ととりとめもない妄想をシュールなタッチで描いたドラマ。監督は「無頼平野」の石井輝男。つげ義春の同名短編漫画を、石井監督自らが脚色。撮影を「汝殺すなかれ」の角井孝博が担当している。主演は「ラブ&ポップ」の浅野忠信。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

売れない貸本漫画家のツベは、どん底生活の果てに遂に内縁の妻の国子と離れて暮らすことになる。国子は世田谷にある会社の寮の賄婦として住み込みで働くようになり、ツベは知り合いの木本のアパートに転がり込む。ところが、ツベは国子が浮気をしているのではないかと心配でならない。そんなある日、彼は国子が別の男の子供をはらんでいることを聞かされ、ショックで自殺を図るのだった。木本のお陰で一命を取りとめたツベは、その後、放浪の生活と妄想に浸る日々を送るようになる。一銭五厘で買われてきたという山里の寂れた居酒屋の娘・チヨジとの出会い、ヌード小屋通い、ふしだらな一夜を共にした女が営む、海辺にある大衆食堂へ、そして海に入ったツベはメメクラゲに左腕を噛まれてしまう。パックリと開いた傷口を押さえ、医者を探すツベ。しかし、探し歩けど見つかるのは目医者ばかり。やがて、彼は金太郎飴を売る母親らしき老婆との出会いを経て、漸くひとりの女医を見つけ手術をしてもらう。だが、外科が専門外の彼女はツベの傷口にねじを取り付けてしまうのだった。以来、左腕のねじを締めるとツベの腕は痺れるようになる。...

スタッフ

監督
脚色
石井輝男
原作
つげ義春
製作
井上博貴
プロデューサー
石井輝男
小林桂子
撮影
角井孝博
美術
松浦孝行
音楽
瀬川憲一
録音
曽我薫
効果
真道正樹
照明
野口素胖
編集
神谷信武
衣裳
石倉良子
金山修子
選曲
薄井洋明
助監督
三木秀則
スクリプター
宮沢厚
スチール
岡本真菜子
特殊メイク
原口智生
製作協力
丹芳男
山崎陽一

キャスト

作品データ

製作年 1998年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全2件)
  • 疎外感は消えるか 60年代の漫画が原作の本作では疎外感が色濃い。主人公は、世間、恋人や母にまで距離を感じる。考える事はないと述べ、疎外感には実態がないとするが、帰路につけず、解決は人工物によるとしている。疎外感と... ...続きを読む

    ひろち ひろちさん  2018年1月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 駄作 つげの台詞をそのまま引用しただけ。 つげの作品はマンガでこそ意味があると確認できた。 ...続きを読む

    擬人法 擬人法さん  2017年3月19日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

沈黙 -サイレンス- マイティ・ソー バトルロイヤル 寄生獣 寄生獣 完結編
沈黙 -サイレンス- (字幕版) マイティ・ソー バトルロイヤル (字幕版) 寄生獣 寄生獣 完結編
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ねじ式」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi