続・網走番外地

劇場公開日

解説

伊藤一の原作を、「網走番外地(1965)」の石井輝男が脚色、石井輝男が監督した、網走番外地の続篇。撮影もコンビの山沢義一。

1965年製作/87分/日本
原題:A Man from Abashiri Jail
配給:東映

ストーリー

ある日函館で銀行強盗事件が起こり、ダイヤがごっそり盗まれた。守衛と賊の一人が死体となって発見されたが、手がかりが何ひとつなく捜査は行きづまった。ちょうどその頃、刑期を終えた橘真一は仲間の大槻と網走を出て、青函連絡船に乗っていた。が、途中船で盗難事件が起り、船員は残らず一斉検査を受けた。その時修道尼のトランクがひっくり帰りマリモがころがり出た。大槻はその一つを持ち帰った。青森へ着いた大槻と橘は川俣組から仕事を貰い、東京へ行く路銀を稼いだ。そんな大槻のもとに、持ち帰ったマリモを売ってくれと大金を積む男・張本が現れた。翌日の新聞は修道尼が持っていたマリモの中にダイヤがかくされていたことを報じた。そしてマリモを粉失したために修道尼は殺され、そこに居合わせた橘たちが犯人だという目撃者の証言が載っていた。身の潔白を証明するには真犯人を捕える以外道がないのを察した橘はマリモを受取りにくるはずの張本を待ち伏せた。だが張本は現れず、張本が東京に発ったのを知った橘と大槻は東京行の列車に乗りこんだ。が、これを知ったこの事件の張本人・吉山が拳銃をふところに列車に乗りこんできた。窮した橘は窓から弁当売りにマリモを投げ渡した。が、次の列車で通りかかったストリッパーの一団がマリモを知らずに持ち帰ってしまった。橘らはストリッパーを追って東京にやって来た。ダイヤ入りのマリモをめぐって橘、吉山、それに張本のボス・依田も加わり、血みどろの争奪戦がくりひろげられ、橘は腕ずくで依田や張本を倒し、連絡船で知りあったスリ・ユミの働きでマリモをとり返した。いまは改心し橘に想いをよせるユミはスリ稼業から足を洗うことを決心し自ら自首するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.5【任侠ある男達の姿も印象的な、シリーズ第二弾。物語構成も面白く、賭場でのイカサマを見破るシーンなど見所も満載である。女スリの存在も、華を添えている作品である。】

NOBUさん
2022年8月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

幸せ

ー 資料によると、第一作の大ヒットを受け、今作はナント、脚本を含めて、3週間で製作されたそうである。そんな短期間でありながら、このレベルの高さ。驚きである。-

■網走刑務所を出所した橘真一(高倉健)は、仲間の大槻と共に青函連絡船に乗り込む。
 だが、船内で盗難事件が発生、乗客は全員検査を受けることに。
 その際、大槻は修道尼のトランクから転がり出たマリモをひとつ持ち帰る。実はそのマリモの中にはダイヤが隠されており…。

<任侠アクションとして、刑期を終え網走刑務所を出所した橘を始めとした男たちが、盗まれたダイヤをめぐる争奪戦に巻き込まれていく様を、女スリを重要なポジションに据えて描き出す。
 このような作品を観ると。邦画全盛期の熱気を感じる気がするなあ・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.5話がガラリと変わりましたね。 渡鳥の渡世人になっちゃた。 ストーリ...

2020年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

話がガラリと変わりましたね。
渡鳥の渡世人になっちゃた。

ストーリーも軽くなり楽しく見れました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カネナカ

4.0刑期は不問

2018年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

単純

前作の続きでカラー化、健さんは刑期を終え、青森に向かう。
途中、知り合ったスリ女の瑳峨三智子と宝石強盗事件に巻き込まれる。
前作のメンバーがどういうわけかシャバで勢ぞろい。

とても面白いエンターテイメントで、ストリッパーの三原葉子が最高に可笑しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5前作の登場人物がシャバで繰り広げる人情ストーリー

_munakataさん
2016年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

舞台を網走から函館、青森へと移し、シャバでの人情ストーリーが繰り広げられます。
前作であった場面場面が別の形で映し出されています。
前作になかったこととしては、ずばり恋愛。
ユミの一途な想いと、橘の不器用さが高倉健映画の醍醐味ですね。
立花が寅さんのように的屋をやっていたシーンが面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
_munakata
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「網走番外地」シリーズ関連作品