ブラック・レイン

劇場公開日

16%
57%
25%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨーク市警の刑事ニックとチャーリーはヤクザの佐藤を逮捕し、日本に連行する。しかし目的地の大阪に到着するなり、佐藤が仲間の手によって逃亡。言葉も通じない国で困惑しながらも、ニックとチャーリーは佐藤の追跡に乗り出す。そんなふたりを監視するベテランの松本警部補。やがてチャーリーが佐藤に惨殺されるという事態に。復讐に燃えるニックは松本とともに佐藤を追う。日米の刑事の友情、そしてその激闘を描くサスペンスアクション。これが遺作となった松田優作も強烈な印象を残す。

1989年製作/125分/アメリカ
原題:Black Rain
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 日本アカデミー賞(1990年)

ノミネート

外国作品賞  

第62回 アカデミー賞(1990年)

ノミネート

音響賞  
音響効果編集賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.5ブレードランナー

2017年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

大阪の街を、まるでブレードランナーのセットのような近未来に見せる撮影が素晴らしい。知らない人に続編だと教えたら信じてしまうのではないか。
こんな風景が普通に存在していた当時の大阪もすごいが、だれもこんな風に大阪を撮影した人が日本にはいなかったし、今もっていない。『ブレードランナー』と並んで、全盛期のリドリー・スコットの美的センスを堪能できる1本だ。
ちなみに撮影監督は後年『スピード』で名を馳せたヤン・デ・ボン。

異国文化の衝突を刑事の友情を軸に描いた犯罪ドラマだが、当時の作品としてはまだ日本への理解がある方ではないか。日本経済好調の反動のジャパンバッシングなどもあり、奇異な文化を見下すような作品も見受けられたが、少なくとも悪役含め、日本人を非常に力強く描いている点は評価されるべき。

知られている通り松田優作の遺作だが、本作を観ると本当に惜しい役者を亡くしたものだと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
杉本穂高

5.0マイケル・ダグラスがこんな

2022年6月1日
iPhoneアプリから投稿

お爺ちゃんになるとは(´ω`)トホホ…
松田優作は唯一無二な人だよなあ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミスター

5.0アメリカは、同情はしても反省はしない

garuさん
2022年5月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 物語の始まりとなる事件はあっさりと起こり、物語の展開と共に発生する様々な問題は、主人公の主体性を補強し、その人間性を明確にする。 主人公を取り巻く人物たちの行動には矛盾がなく、登場シーンが少なくても存在感があり印象に残る。 全体的に弛みがなく、主人公の行動に観客の好奇心がぐいぐいと引っ張られていく仕掛けになっている。
 また、日本とアメリカの考え方の違いや二国間の関係を物語の中にうまく織り込んでおり、それも面白さに繋がっている。

 今回、初めて感じたこともある。 この作品を通して、アメリカが見る日本の成るべき姿、目指すべき方向性が伺えるような気がしたのだ。 公開当時、経済的に破竹の勢いだったバブル期の日本を、アメリカは脅威ではなく、憐みと同情の気持ちで見ていたのではないか―。 そして、それはきっと、令和の現在でも変わっていないのではないのか―と感じたのである。

 アメリカは、黒い雨を浴びて変わってしまった日本人に同情することはあっても、自らの行為を日本が望むような形で反省することはないのだ。 日本は、いつまでもアメリカの同情を誘い反省を待つのではなく、自らの足で立ち上がるべきではないか。 アメリカも、自らが叩き潰した日本が本当の意味で再び立ち上がり、対等になってくれることを望んでいるのではないか。

 脚本を書いたクレイグ・ボロティンとウォーレン・ルイスがそんなことを考えていたのかどうかはわからないが、今回私は、この作品を観てそう感じたのである。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
garu

3.5つい、日本の警察の側からみてしまう

Mas Kudさん
2022年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mas Kud
すべての映画レビューを見る(全54件)