猿の惑星:創世記(ジェネシス)
ホーム > 作品情報 > 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」
メニュー

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

劇場公開日

解説

人気SFシリーズの第1作「猿の惑星」(1968)のプリクエル(前章)。現代の米サンフランシスコを舞台に、遺伝子操作によって高い知能をもち人間たちを支配しようと企むサルたちと、それに対抗する人間たちの戦いを描く。主人公の若き科学者役に「127時間」のジェームズ・フランコ。共演に「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント、「ロード・オブ・ザ・リング」のアンディ・サーキスら。監督は英国の新鋭ルパート・ワイアット。

作品データ

原題 Rise of the Planet of the Apes
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 106分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第35回 日本アカデミー賞(2012年)

ノミネート
外国作品賞  

第84回 アカデミー賞(2012年)

ノミネート
視覚効果賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

猿が渋くてCGが渋い。心も身体も跳躍する娯楽映画だ
猿の惑星:創世記(ジェネシス)の映画評論・批評

貧乏で不幸だが頭のよい少年をいじめてはいけない。監禁されて不幸だが頭のよい猿をいじめてもいけない。少年も猿も、かならず逆襲する。抑え切れると思ったら大間違いだ。知恵と復讐心が結びつくと動物は強くなる。悲しみをたたえていた眼が、不敵な光...猿の惑星:創世記(ジェネシス)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全134件)
  • 猿の惑星 に繋がる三部作の始まり。 CGも凄くクオリティは高い。 シーザー始め知性を持った猿の表情の変化が不気味だった。 続編も楽しみな終わり方たけど、人類と知能を持った猿との共存する世界も見てみたいと感じた。 ...続きを読む

    REpower REpowerさん  2018年5月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • もっと早くパニック映画に移行するべき ネタバレ! 終盤の猿の襲撃は みていて興奮しました。 しかし、 そこに至るまでのプロセスは非常に平凡かつ退屈なものでした。 もっと早くパニック映画に移行するべきだったと かんじました。 ...続きを読む

    Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん  2018年4月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 最高 ネタバレ! 新シリーズの猿の惑星を見るために過去作も殆ど見てきました。 感想としては前作へのリスペクトが多くあり、見ていて興奮するシーンが多くあります。 例として、前作とはパラレルワールド的な感じだと思うの... ...続きを読む

    ごうりきちゃん ごうりきちゃんさん  2018年4月10日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「猿の惑星」シリーズ関連作品

他のユーザーは「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi