釣りバカ日誌9

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
8%
53%
31%
0%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

おなじみの釣りバカコンビ、浜ちゃんとスーさんが繰り広げる騒動を描いたコメディ・シリーズの通算第10作。監督は「釣りバカ日誌8」の栗山富夫。脚本は「虹をつかむ男」の山田洋次と朝間義隆の共同。撮影を「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の花田三史が担当している。主演は「虹をつかむ男」の西田敏行と「釣りバカ日誌8」の三國連太郎。ゲストとして「あぶない刑事リターンズ」の小林稔侍と「恋と花火と観覧車」の風吹ジュンが出演している。

1997年製作/115分/日本
配給:松竹

ストーリー

万年平社員の浜ちゃんこと浜崎伝助の所属する鈴木建設営業部に、同期の馬場が新任の部長として配属されてきた。スーさんこと鈴木社長からも一目置かれている仕事人間の馬場は、家庭生活では妻と別れ、息子・誠との関係もうまくいっていない。部長就任後、浜ちゃんと得意先への挨拶まわりに出かけることになった馬場は、どっちがお客か分からない浜ちゃんの態度に驚かされたり、釣りを通して繋がった取引先との太い信頼関係に感心させられたりした。そんなある日、会社の経営に関わる大口の取引を失う危機が鈴木建設を見舞う。上司から対処するように命じられた馬場は、浜ちゃんの人脈で救われ、お礼がしたいと彼を小さなバーへ連れていった。実は、馬場はそこのママ・茜に秘かな想いを寄せていたのだが、生来の生真面目さゆえに気持ちを告白できないでいる。浜ちゃんに励まされ、ようやく告白しようとした矢先、馬場は茜が店を畳んで田舎の仙台に帰ってしまうことを知って、ショックを受けた。数日後、鈴木建設が工事を請け負っている鹿児島県川内市の“まごころ文学館”の鍬入れ式に、馬場と浜ちゃんはスーさんのお供として同行することになる。傷心の馬場を気遣いながらも、浜ちゃんは仕事が終わった後の釣りに想いを馳せていた。ところが、そんな彼らの前になぜか茜が現れる。宮城県の仙台と思っていたのは間違いで、彼女の故郷は鹿児島県の川内だったのだ。この再会に最後のチャンスを賭けることにした馬場は、ついに茜に想いを告白する。そして、馬場と茜の婚礼の日、お祝いのために甑島に駆けつけたはずの浜ちゃんとスーさんは、婚礼そっちのけで釣りを楽しんでいた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5小林稔侍と風吹ジュンをゲストに迎え重厚なストーリー。内容は今までで...

2019年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

小林稔侍と風吹ジュンをゲストに迎え重厚なストーリー。内容は今までで一番かも。

・スーさんの奥さんと家が変わってる?社員にフーミン、田尾選手までいるぞ。
・渋滞知らずのボート出勤、羨ましい。
・浜ちゃんの見事な営業。スーパー社員じゃん。
・退職願を勘違いするゴリさん(竜雷太)

宴会はキミ悪いので減点(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0ハマちゃんの同期が新部長として配属される話。 その部長さんとハマち...

cenrivさん
2016年6月13日
Androidアプリから投稿

ハマちゃんの同期が新部長として配属される話。
その部長さんとハマちゃんが一緒に挨拶回りに行くのですが、ハマちゃんの仕事している姿に部長さんも感心します。
どの会社に行っても友達のように話し、遠慮せずお寿司も頼むけど、大人気で、そしてやっぱり釣りの話で盛り上がる。
ハマちゃんのようにはできないけど、そういう人たらしの営業スタイルは見習いたいなと思いました。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cenriv
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「釣りバカ日誌」シリーズ関連作品

他のユーザーは「釣りバカ日誌9」以外にこんな作品をCheck-inしています。