ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
43%
43%
12%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

J・R・R・トールキンの傑作ファンタジー「指輪物語」を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ3部作の完結編。邪悪な力を持つ指輪を滅びの山に捨てるべく旅を続けるフロドとサムだったが、同行するゴラムの策略にはまり仲を裂かれてしまう。一方、ヘルム峡谷の戦いで思わぬ敗北を喫したサウロン軍は、総力を結集して人間の国ゴンドールを襲撃。ガンダルフやアラゴルンら旅の仲間たちがこれに立ち向かう。第76回アカデミー賞で作品賞をはじめ11部門を総なめにし、「ベン・ハー」「タイタニック」に並ぶ史上最多受賞の快挙を成し遂げた。劇場公開版ではカットされたシーンを追加したスペシャル・エクステンデッド・エディションでは、サルマンの登場シーンなどが含まれる。

2003年製作/203分/アメリカ
原題:The Lord of the Rings: The Return of the King
配給:日本ヘラルド映画、松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

ノミネート

外国作品賞  

第76回 アカデミー賞(2004年)

受賞

作品賞  
監督賞 ピーター・ジャクソン
脚色賞 フラン・ウォルシュ フィリッパ・ボウエン ピーター・ジャクソン
編集賞 ジェイミー・セルカーク
作曲賞 ハワード・ショア
衣装デザイン賞 ナイラ・ディクソン リチャード・テイラー
美術賞  
視覚効果賞  
音響録音賞  
メイクアップ賞  
主題歌賞

第61回 ゴールデングローブ賞(2004年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ピーター・ジャクソン
最優秀作曲賞 ハワード・ショア
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0やっぱり最高傑作や

たねさん
2020年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

3部作のどれも最高に面白いんやけど、王の帰還も最高of最高of最高すぎる。絶望的すぎる展開で圧倒的な劣勢やのに、もはや執念というか、願いとか祈りの近いレベルの希望を最後まで諦めない仲間たちに心が震えました。あー最高やー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たね

4.0映画公開の為に削除された50分が分からない

2020年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

SEE版で視聴。
圧巻の4時間超と化した完結編だが、三部作を締めくくるにふさわしい壮大な映画でした。

ゴラムは最後まで嫌なやつだったなあ。ハリポタのドビーとは雲泥の差だ。
そしてますます病んでくフロド。
サムの健気さはもはや夫婦。

ただ指輪を捨てに行くための旅だけど、その困難さたるや凄まじい道だった。
我々もこの長い三部作を追いかけるのは、それは簡単なことじゃなかったので、フロドたちに共感してしまう。
映画時間が長かったのってそういう狙いもあったのか?

以前みたのは10年以上前だけに、SEE版で追加されたシーンが分からないという痛恨のミス。
逆にいうと、ここから50分どこ削ったの!?って思うレベル。

アラゴルンが黒門で仲間を奮い立たせるシーンは、幼いながらもよく覚えてた。
今でもかっこいい。

いつの日か、映画のレビューを書くのに飽きて、放置する日がくるかもしれない。
だが、今日ではない!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りんたろ

5.0私は男じゃない!!

kossyさん
2020年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 ついに旅が終った。第1部でのテーマは‘指輪の誘惑’、第2部では‘信じる心’がテーマであったように思うが、この完結編では愛、友情、裏切り、生と死、戦争といったテーマが複雑にからみあう重厚な内容となっていた。特に死者若しくは死にかけてる者に対して生きていると信じて助け合うこと(意味不明だ)が伏線になっていたような気がする。そして、単なる続編ではなく、各シーンとも前作、前々作と巧くからみあって、感慨深い作品に仕上がっています。また、何となく主役がサム、エオウィン、ゴラムとなっていたような気がする。特にエオウィン姫には夢中にさせられましたよ。旅が終ってみると、人間の成長として最も著しかったのはサムなのだろうな、と感じました。

 やはり迫力ある戦闘シーンは観る者をあたかも参戦しているような錯覚を与え、物語に引きずり込んでいく魅力があります。今回のCGを中心としたスペクタクル映像では、投石のシーンで石の目線となり観客が敵陣の中に突っ込んでいくかのようなカメラワーク!空中に浮いたような気分にさせられました。ゴラムの墜落シーンもそうでした。

 ちょっとだけマイナス点は、ホビットたちが人間たちと同じフレームの中にいることが多く、明らかに子供のスタントを使ってると感じさせたところか(気にしすぎだった・・・)。

【2004年2月映画館にて】

【追記:2005.5、SEE版】
 サルマンの最期。塔から落ちたときは哀れだった。SEE版で一番びっくりだったのは、エオウィン姫が死んでしまったのか!と思わせる映像。一瞬、もしかして死んでしまう別バージョンなのかと悲しくなってしまいました。もう一箇所びっくりだったのは、最後の黒門前での交渉役のオークとのやりとり。ミスリルの肌着を見せられたら「フロドが死んだのでは」と覚悟したはずのアラゴルン。これによって戦いの意味も若干違ってしまったかのようだ。そして、忠誠心を問うかのような主従関係が3部作を通してくっきりと浮き彫りになる。サムとフロド、ピピンとデネソール、エオウィンとメリー、中世の騎士道精神をそのまま表現しているかのようだが、戦いにも厭世主義的な雰囲気が強調されているようでもあり、この辺りは通常版の方がすっきりしている。

 サルマンの落下シーンが追加になったおかげで、ゴラム、投石、などの浮遊感を強調するかのようにスクリーンに飛びこんでいったかのような錯覚に陥った。

【追記:2020.8、エクステンデッド版】
 計12時間、一気に観ると疲れる!なんだか、印象に残るのは冒頭のスメアゴルとデアゴルによる川釣りのシーン。元はアンディ・サーキス演ずるゴラムもホビットだったんだな~と改めて気づいた。前に観たSEE版とエクステンデッド版って一緒なのかな?ちょっと違った気がしたのは記憶力低下の表れか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

5.0微かな希望を信じて…感動のクライマックス!

2020年8月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しゅうへい
すべての映画レビューを見る(全44件)