ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

J・R・R・トールキンの傑作ファンタジー「指輪物語」を映画化した「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の完結編。

邪悪な力を持つ指輪を滅びの山に捨てるべく旅を続けるフロドとサムだったが、同行するゴラムの策略にはまり仲を裂かれてしまう。一方、ヘルム峡谷の戦いで思わぬ敗北を喫したサウロン軍は、総力を結集して人間の国ゴンドールを襲撃。ガンダルフやアラゴルンら旅の仲間たちがこれに立ち向かう。

第76回アカデミー賞で作品賞をはじめ11部門を総なめにし、「ベン・ハー」「タイタニック」に並ぶ史上最多受賞の快挙を成し遂げた。劇場公開版ではカットされたシーンを追加したスペシャル・エクステンデッド・エディションでは、サルマンの登場シーンなどが含まれる。2022年には、シリーズ第1作「ロード・オブ・ザ・リング」の日本公開から20周年を記念し、4Kリマスターされた3部作(劇場公開版)がIMAXで初公開。

2003年製作/201分/G/アメリカ
原題:The Lord of the Rings: The Return of the King
配給:ワーナー・ブラザース映画
日本初公開:2004年2月14日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 日本アカデミー賞(2005年)

ノミネート

外国作品賞  

第76回 アカデミー賞(2004年)

受賞

作品賞  
監督賞 ピーター・ジャクソン
脚色賞 フラン・ウォルシュ フィリッパ・ボウエン ピーター・ジャクソン
編集賞 ジェイミー・セルカーク
作曲賞 ハワード・ショア
衣装デザイン賞 ナイラ・ディクソン リチャード・テイラー
美術賞  
視覚効果賞  
音響録音賞  
メイクアップ賞  
主題歌賞

第61回 ゴールデングローブ賞(2004年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ピーター・ジャクソン
最優秀作曲賞 ハワード・ショア
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2022 WBPI TM & (C) The Saul Zaentz Co.

映画レビュー

4.5IMAX上映ありがとう

2022年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映画館で3作上映してくれて
大画面大音響で見れて良かった。
ホビットも劇場で見たいです!!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
0.5HD

5.0観た。終わった。13か月の旅、9時間の至福。

2022年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

まず書きたい。ありがとう、ロードオブザリング、ありがとう、ピータージャクソン監督!!!
ホビット フロドの旅としては13か月だが、俺が観る旅として数えると 178分+179分+201分の合計558分(ほぼ9時間)、心から 「指輪物語」 の世界を満喫した。原作を読んで、結末を知っているストーリーなのに、すべてのシーンにひとつひとつ心動かされた。各シーンで、監督が俺に、「ほら、このシーンてさ、こんな感じだと思わない?」 と話しかけ、俺が 「うんうん。絶対こんな感じ。ぴったりだよ!」 と喜び続ける...そんな体験だったなあ。監督は自他ともに任ずる "指輪物語オタク" だそうだけど、監督がオタクで、ホントによかった。

冒頭は、かってホビットだった時代のスメアゴルの絵から始まり、指輪の力によっていかに彼がゴラムに変わっていったかを映像で見せてくれる。いまさらだが、ゴラムにかわっていくスメアゴルの映像はすごい。壮烈ですらある。本作の映画としての価値は、モーションキャプチャーによるCGで体の動きと、キーフレームアニメーションによる表情を描き出し、生きて動いているゴラムを目の当たりにできたことが素晴らしい。 指輪物語の真髄はやはり、 「指輪の魅力に抗いそれを捨てようとし続けるフロドと、指輪の魅力(魔力)を全身全霊で受け止め "いとしい人" として再び一体化をめざすゴラム」 という二人の、正反対ではあるが、その違いはほんのわずかしかないという点。そのことを、全作通して伝えてくるのが、「指輪物語」 であり 「ロードオブザリング」 だよなあ。

フロドとゴラムの関係に加えて、長寿であり未来もある程度見通せる存在であるエルフの時代から、不完全だが勇気をもって戦う力をもつ人間の時代へと、中つ国が変わっていくことの示唆。俺は、この2つは大きなテーマとして受け止めた。不完全であることは劣っているとみるのか、それとも変化する可能性をもっているとみるのか。そして必ずしも変化すればよいというわけではなく、それは両極端の結果を生むのだ、ということを自覚して変化していかなければならない、ってことかなあ。

アルウェンが打ち直す、かってエレンディルがサウロンを打ち破った際に折れてくだけちった剣ナルシル。打ち直した後の剣の名前はアンドゥリル。それこそが、去り行くエルフから、台頭する人間へのひとつのプレゼントとして象徴的に描かれているのだろうな。
「全てが不確かだ。ただ、たしかなことがある。今、彼らを見捨てたら、私たちは永遠に悔やむ」

そして、ミナスティリスの街。これまた壮大な白い塔のような街。3部作通じて、中つ国の各街の造形はすごいなあ・・

本作「王の帰還」 を見るとゴンドールの執政である父デネソールと兄ボロミア、弟ファラミアの関係は、たしかに話としてしっかり観たくなるね。その部分も含む、3部作よりさらに120分長いSEE版(スペシャルエクスデッドエディション版)を、いつかは観たくなるね~。

本作のクライマックスはゴンドール、首都ミナスティリスでの戦い。映画の中で語られるセリフ 「時は、来た」 だ。そう、まさに、時は、来た。
ここまで約8時間を見続けてきた俺にとっても、とうとうクライマックスが訪れてしまうのだ。その感情は、ずっと続いているわくわく感であり、もちろん喜びでもあり、そして終わってしまうことに対するそこはかとない哀しさだ。3作にわたって見続けてきたこの長い旅も、とうとう最後の闘いなのだ・・・

そして忘れてはいけない。肉体的な戦いと対応した形で並行して繰り広げられ続ける 指輪を捨てるためのフロドの旅路。そう心の中を中心にしたもうひとつの長い旅も、また、最後の闘いなのだ。

これって、観てから書いたものではあるけれど、本作を見ているまさにその時に感じていた内容と一字一句違わない。ああ、ほんとうに長く楽しい旅だった。重ねて言うけど、ありがとうロードオブザリング、ありがとうジャクソン監督!! 俺は幸せでした。

中途半端なレビューだけど、やっぱりみんなに自分の目で観て、中身をたしかめてほしいな。

コメントする 9件)
共感した! 6件)
CB

4.5シリーズ最高

2022年11月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

いや〜、今更ながらよく出来た映画ですね。
ゴンドールの人々が4人のホビットに敬意を表するところはウルっときました。
このシリーズ、5年に一度くらいはIMAXで上映して欲しいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
やまぼうし

4.0大団円

2022年11月4日
iPhoneアプリから投稿

セオデンやエオウィンなど脇役もいいんだなあ。
「人間の男には殺せぬ」のところかっこいい。
メリーとピピンも大活躍で、ガンダルフのようにホビットたちが愛おしくなる。

フロドを背負うサム…世界を救ったのはサムだよ!最初からサムでよかったかもしれない!でもサムのフロドへの忠誠心はなぜ?

一人ひとりの俳優がほんと良くて、みんなのこと好きになる。お互い信頼しあってるんだろうなあというのも伝わる。成功するシリーズはこれがあるんだろな。

力の指輪を見た後だと、ガラドリエルの微笑みも意味深い。いろいろ大変だったんだね…

戦闘シーンは前作のローハンの方がよかったな。ミナスティリスの高さや地形を活かしたシーンはおもしろい。悪霊を味方につける案は斬新。緑のやつわーって死んでるからなんでもあり。ファラミアの隊が無駄死にさせられたのが悲しすぎる。アラゴルンやセオデンが戦闘前に部隊を鼓舞するのがかっこいいんだなー。

アルウェンのエルフのお姫様ぶり。アルウェンと見せかけてのエルロンド登場ウケる。エルロンドの親心も切ないし。

アラゴルンは前作で思わせぶりだったくせに今回はエオウィンに冷たくてがっかり。なんだよ!ただの気まぐれかよ!

長めのエンディングも嬉しい。名残惜しいから。終わるとさみしい。

ファンタジーは大好きなんだけど、王権神授説や血筋の話は受け入れられないな。

王の帰還はいろいろ詰め込んでまとめた感もあるからふたつの塔が一番好きかもと思った。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hyvaayota26